IC-7300の設定


USBドライバーのインストール

1)USBドライバーのダウンロード

ICOMのサイトからIC-7300用のUSBドライバーをダウンロードします。
USBドライバーダウンロード:http://www.icom.co.jp/support/download/firmware_driver/FrmDwn2.php?TYPE=アマチュア無線機器CAT=固定機

2)USBドライバーのインストール

※ドライバーをインストールする前にUSBケールを接続してはいけません。
ダウンロードしたドライバーをPCにインストールします。
その後IC-7300とPCをUSBケーブルで接続してからIC-7300の電源を入れます。
この手順を間違えるとドライバーを正しく認識しません。
ドライバーをインストール後は「コントロールパネル」→「デバイスマネージャー」で「ポート(COMとLPT)を確認します。
「!」や「?」マークがついていなければ無事にドライバーがインストールされてます。

後でWSJT-Xの設定に必要になりますのでCOMポートの番号(図ではCOM4)を控えておきます。
もしデバイスマネージャーに「!」や「?」マークがついておれば変換ケーブルが認識されてませんのでドライバーを一旦削除して再インストールする必要があります。



IC-7300の設定手順(液晶画面をタップして設定できます)
●ファームウエア1.40の場合は「MENU」の「PRESET」から自動設定できます。→設定は「こちら」

1)IC-7300でFT8を運用するときはSSBのDATAモードを利用するのでUSBポートから変調がかかるように設定します。



2)変調入力を「SSB」に設定します
「MENU」ボタン→「SET」→「外部端子」→「変調入力「DATA ON」の順に進みます。



「ACC(初期値)」→「USB」に変更します。
※初期値では「ACC」のアクセサリー端子からの入力設定になっています。「MIC」はマイク端子からの入力。



2)次にスタンバイ制御と周波数コントロールを有効にするために「CI-V」の設定をします。
「MENU」ボタン→「SET」→「外部端子」→「C-IV」と進みます。
「CI-Vボーレート」→「Auto(初期値)」→「19200」に設定します。



3)CI-Vアドレスが「94h(初期値)」になっているのを確認します。



4)「CI-V USBポート」が「[REOTE]と接続(初期値)」になっていることを確認します。



5)「MENU」ボタンを押してモニター画面に戻ります。

次に運用モードを「SSB-D」に変更します。
1)画面の「SSB」をタップして運用モードを「USB」に設定したのち「DATA」ボタンをタップして「USB-D」に変更します。



IFフィルタの帯域(BW)をデジタル通信用に設定します。IC-7300の初期状態ではFIL1でも1.2KHzになっています。
1)「FIL1」を長押しします。



2)「BW」をタップして「3.6KHz」に変更します。

以上でIC-7300の設定は完了ですが基本的には上記の項目以外はデフォルト値でOKです。

USB変調入力レベルを設定します。
※事前にPCのサウンド設定で「再生」レベルを設定しておきます。
レベルを上げすぎるとオーディオ段階で歪んでしまう可能性があります。

1)「MENU」ボタン→「SET」→「外部端子」→「USB変調入力レベル」と進みます。



「USB変調入力レベル」をタップします。
「+」「-」をタップしてIC-7300の変調入力レベルを調整します。
USB変調入力レベルを変化させると送信出力も変化します。
本体の「MULTI」ツマを押して「RF POWER」のメニューを出して確認できます。
もしくは外付けのPWR計で確認します。



●ファームウエア1.40の場合の設定手順
1)「MENU」→「2」をタップします。
「PRESET」と「SET」の画面が表示されます。



2)「PRESET」をタップするとプリセット」の画面が表示されます。、



3)「2:FT8」をタップします。
設定が「使用中」になり「解除」が表示されます。
これでFT8の設定が完了です。
[※通常」をタップすると以前の設定になります。
「プリセット」を解除したいときは「解除」をタップします。



ファームウエア1.40になって変更された点

IC-7300のファームウエアが1.40にUPされてFT8の設定が楽になりました。
「MENU 2」画面の「PRESET」にある「FT8」をタップして「はい」をタップすると「使用中」になります。
「解除をタップすると」以前の設定にもどります。
「FT8 使用中」の設定の内容確認すると1.30の時に設定していた内容と2ヶ所異なる部分があるのを確認しました。
以前の設定と異なる点は次の二つです。
1.「CI-Vボーレート」
 1.30の場合:19200に設定
 1.40の場合:オート(デフォルト)
2.「CI-V USBポート」
  1.30の場合:「REMOTE」に接続(デフォルト)
  1.40の場合:「REMOTE」から切断(デフォルト)
上記の違いをICOMのサポートセンターに問い合わせてみました。
上記の設定にすると「CI-Vボーレート」の速度を「19200」→「115200」に設定可能になるとのことでした。
試しにWSJT-Xの「CAT制御」の「ボーレート」を「115200」に設定してみましたが問題なく動作しています。
※シリアルポートが「COM10」になっているのはVSPEソフトを使って拡張してあるからです。
但しPCのスペックが低いとトラブルの原因になるかも知れないとICOMサポートセンターの担当者は言ってました。
ついでにTurbohamlogの「設定4」にある「ICOM CI-V接続1」のボーレートを「38400(115200はなし)」に設定してみましたがこちらも問題ありませんでした。

WSJT-Xの「CAT制御」のボーレートを変更する
WSJT-XのCAT制御のボーレートを変更します。
1)WSJT-Xの設定メニューから「無線機」を選択します
2)「CAT制御」の「シリアルポートパラメーター」にある「ボーレート」を「19200」から「115200」に変更します



3)「OK」をクリックします
注:ボーレートをUPするとPCのスペックが低い場合はトラブルの原因になるかも知れないとICOMサポートセンターの担当者は言ってました。

PC側の再生レベルの調整
PC側のサウンドの再生レベルを調整します。
1)「コントロールパネル」→「サウンド」を開きます。
2)スピーカー」の「USB Audio CODEC」にチェックが入って「既定のデバイス」になっていることを確認します。
3)「プロパティ」を開きます。



4)「レベル」タブを開きます。
5)「スピーカー」のレベルを適当な値に調整します。
画面では「46」に設定してあります。
レベルを上げすぎるとオーディオ段階で歪んでしまうことがあるので注意が必要です。



6)設定が完了したら「OK」をクリックします。

TOPへ戻る TOPページへ戻る