運用日記

毎日の運用の中からいくつかQSOした局を紹介します。

2020年10月25日
PH7A オランダ 20m FT8 17時08分
2266Hzに出ていたが2477Hzでコールを続けると応答があった。
最初448Hzでコールしていたが応答がないため2477HzにUPしてコールすると応答があった。

EA1ALE スペイン 20m FT8 17時25分
2055HzでCQ出していたが2612Hzでコールを続けると応答があった。
中部や東部ヨーロッパ方面は応答率が悪いですが深いところは応答率がいい



OZ6HQ ベルギー 20m FT8 18時24分
2519HzでCQ出していたが2726Hzでコールを続けても応答がないためコールをSTOPすると応答があった。



S59GCD スロベニア 20m FT8 18時42分
2851HzでCQ出していたが2627Hzでコールすると応答があった。

2020年10月24日
W6TRH USA カリフォルニア州 10m FT8 09時38分
最初441Hzでコールを続けいたが応答がないため2048HzにQSYしてコールすると応答があった。

N6SS USAアリゾナ州 州 10m FT8 10時07分
2109Hzに出ていたが2388Hzでコールすると応答があった。

K6FA USA カリフォルニア州 12m FT8 10時38分
509Hz出ていたが2004Hzでコールすると応答があった。

KH6UU ハワイ 10m FT8 11時16分
1067Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

R2AE ロシア 20m FT8 15時35分
オンフれでコールスルト応答があった。



SN6P ポーランド 20m FT8 15時52分
オンフレでコールすると応答があった。

LU5MBB アルゼンチン 40m FT8 17時41分
412HzでCQ出してiいたが2550Hzでコールすると応答があった。



VK1HMS オーストラリア 40m FT8 18時27分
1303HzでCQ出してましたが2634Hzでコールすると応答があった。



W7HR USA ワシントン州 40m FT8 18時39分
1471Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

K6WRJ USA カリフォルニア州 40m FT8 21時24分
1315Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。



AG7JG USA アリゾナ州 40m FT8 21時47分
1314HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

UN3P ロシア 40m FT8 22時06分
1575HzでCQ出いましたが411Hzでコールすると応答があった。



2020年10月23日
HA7NO ハンガリー 17m FT8 14時49分
オンフレでコールすると応答がありました。



SP9UPH ポーランド 17m FT8 14時53分
1223Hzに出ていたがこちらの周波数に合わせて応答があった。

HA9HSP ハンガリー 17m FT8 15時42分
1996HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。




V7/KX4QD マーシャル諸島 40m FT8 17時44分
2019Hzに出ていたが2601Hzでコールすると応答があった。
20m/17mに続いて3Band目のQSOだった。

LU8EU アルゼンチン 40m FT8 18時24分
2282HzでCQ出していたが496Hzでコールを続けると応答があった。



KZ1W USA ワシントン州 40m FT8 22時23分
2476HzでCQ出していたが2697Hzでコールすると応答があった。



N6DNU USA カリフォルニア州 80m FT8 22時39分
2521HzでCQ ASIAを出していたが448Hzでコールすると応答があった。

AA6VB USA カリフォルニア州 80m FT8 23時00分
1263Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

2020年10月22日
WH6FZY ハワイ 40m FT8 16時56分
519HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

W6DR カリフォルニア州 40m FT8 17時05分
2564HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

NU6U カリフォルニア州 40m FT8 18時26分
405HzでCQ出していしたが525Hzでコールすると応答があった。



KH2L グアム 40m FT8 18時59分
2436HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

N7BLN USA アリゾナ州 40m FT8 20時34分
2846HzでCQ出していたが2652Hzでコールすると応答があった。



N2NL USA アラバマ州 40m FT8 21時10分
2215Hzに出ていたが2634Hzでコールすると応答があった。

2020年10月21日
R3TKM ロシア 20m FT8 14時23分
2456HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



ZL1RAH ニュージーランド 20m FT8 15時34分
904HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



IZ5MDD イタリア 20m FT8 15時54分
1243HzでCQ出していたが437Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。

UX1UA ウクライナ 12m FT8 17時56分
1412HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。
久しぶりに12mでヨーロッパがオープン。

KR0P USA ネブラスカ州 40m FT8 22時16分
2305HzでCQだ出していたが415Hzでコールすると応答があった。

2020年10月20日
EW8CM ベラルーシ 20m FT8 15時10分
1585HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

KH6/KU1CW ハワイ 80m FT8 21時24分
894HzでCQ出していたが342Hzでコールすると応答があった。

W0GJ USA アイオワ州 40m FT8 22時33分
400HzでCQ出していたが305Hzでコールすると応答があった。

KZ6A USA カリフォルニア州 40m FT8 22時46分
2270HzでCQ出していたが306Hzでコールすると応答があった。



2020年10月19日
NT6Q USA カリフォルニア州 15m FT8 11時04分
743Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

UA1OLM ロシア 20m FT8 14時05分
2158Hzで「CQ AS」を出していたが422Hzでコールすると応答があった。

3D2TS フィジー 15m FT8 14時30分
355Hzに出ていたが474Hzでコールすると応答があった。



R1TM ロシア 15m FT8 14時42分
2237HzでCQ出していたが474Hzでコールすると応答があった。



ZL2KR ニューヒーランド 30m FT8 16時40分
094HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

VK5QI オーストラリア 40m FT8 17時54分
2650HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

VK3TX オーストラリア 40m FT8 20時57分
1880HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。



K5HDU USA ユタ州 30m FT8 20時57分
111HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。




2020年10月18日
KC0V USA コロラド州 80m FT8 22時35分
600Hzに出ていたが338Hzでコールすると応答があった。

W0RIC USA アリゾナ州 80m FT8 22時53分
1000Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。



2020年10月17日
VA7GEM カナダ 17m FT8 09時38分
2331HzでCQ出していたが2832Hzでコールすると応答があった。

NJ6W USA カリフォルニア州 17m FT8 10時10分
2449HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



KN7K USA オレゴン州 17m FT8 10時34分
741HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

RK2M ロシア 20m FT8 20時49分
1724HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

ES6RQ エストニア 20m FT8 15時18分
950HzでCQ出していたが2532Hzでコールすると応答があった。

V7/KX4QD マーシャル諸島 17m FT8 16時36分
2027Hzに出ていたが2751Hzでコールを続けると応答がった。

2020年10月16日
4U75A オーストリア 20m FT8 15時02分
ARCDXC UN Club / 75 YEARS UNITED NATIONS
438Hzに出ていたが345Hzで数回コールすると応答があった。

S51DD スロベニア 20m FT8 16時44分
1671HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

K3LA USA ペンシベニア州 40m FT8 20時35分
1704HzでCQ出していたが2931Hzでコールすると応答があった。



SN5V ポーランド 30m FT8 21時37分
1303HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

RA3DX ロシア 30m FT8 21時44分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年10月15日
PY2IQ ブラジル 30m FT8 17時59分
1004Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。



N7CW USA アリゾナ州 30m FT8 22時27分
2092Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。

2020年10月14日
SP9W ポーランド 20m FT8 14時18分
1966HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

SP1FJZ ポーランド 30m FT8 20時38分
902Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

RA3UT ロシア 30m FT8 20時51分
1665Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

UA6FZ ロシア 20m FT8 21時31分
542HzでCQ ASを出していたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年10月13日
W7OK USA ワシントン州 20m FT8 10時40分
25HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

K6FA USAカリフォルニア州 20m FT8 11時21分
2504Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

OK1XP チェコ 20m FT8 14時35分
1134Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

VK2PKT オーストラリア 40m FT8 17時42分
2171HzでCQ出していたが430Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



ZL3GAV ニュージーランド 30m FT8 18時21分
254HzでCQ出していたが499Hzでコールすると応答があった。



N7BLN USA アリゾナ州 30m FT8 20時44分
593HzでCQ出しいしたが422Hzでコールすると応答があった。



KW7E USA アリゾナ州 30m FT8 21時10分
18HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。



R7MA ロシア 30m FT8 21時53分
2186HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

UW2ZM ウクライナ 30m FT8 22時23分
690HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

W7OK USA ワシントン州 30m FT8 22時45分
525HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年10月12日
OM3LK スロバキア 20m FT8 17時26分
832Hzに出ていたが403Hzでコールすると応答があった。
何回かのレポーート交換のキャッチボールがありましたが何とかRR73を貰った。

RN1ON ロシア 20m FT4 17時58分
571HzでCQJA出していたが403Hzでコールすると応答があった。



UA6FZ ロシア 20m FT4 18時42分
1030HzでCQ AS出していたが449Hzでコールすると応答があった。



2020年10月11日
WH6EY ハワイ 20m FT8 14時22分
1021Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。



SP2EWQ ポーランド 20m FT8 14時42分
562Hzに出ていたが561Hzでコールすると応答があった。



SP8AJK ポーランド 20m FT8 15時12分
1216Hzに出ていたが456Hzでコールすると応答があった。

F5GZJ フランス 20m FT8 16時37分
2346Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

EA9ACD セウタ(スペイン領) 20m FT4 17時40分
08Hzに出ていたが396Hzでコールするとす具に応答があった。
FT8ではQSO済みだったがFT4ではNew Mode QSOだった。



UR3HC ロシア 20m FT8 20時51分
こちらが561Hzでイタリアの局をコールしている最中に2065Hzでコールされた。

K7REK USA オレゴン州 40m FT8 22時20分
1507HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



VK3BQ オーストラリア 40m FT8 22時27分
1817HzでCQ出してまいが430Hzでコールすると応答があった。

K5HDU USA ユタ州 40m FT8 22時27分
1125HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



W0LV USA カリフォルニア州 40m FT8 22時27分
2754HzでCQ出していたが430Hzコールすると応答があった。



2020年10月10日
AA4M アリゾナ州 17m FT8 09時51分
1887Hzに出ていたが506Hzでコールするとすぐに応答があった。

W7KZM アリゾナ州 17m FT8 14時09分
1286HzでCQ出していたが505Hzでコールするとすぐに応答があった。

VK6AL オーストラリア 17m FT8 10時47分
1715HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

UN6TA カザフスタン 17m FT8 14時55分
2136HzでCQ出していたが440Hzでコールすると応答があった。



VK6KC オーストラリア 17m FT8 15時02分
1804HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。



SQ7HGV ポーランド 17m FT8 15時10分
2477Hzに出ていたが5448Hzでコールすると応答があった。

I4GAS イタリア 17m FT8 15時19分
1891Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

SP7BIX ポーランド 17m FT8 15時35分
1083HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。



HB9ACA スイス 17m FT8 17時06分
1303HzでCQ出しいしたが2422Hzでコールすると応答があった。



2020年10月9日
NW7M USA ワシントン州 20m FT8 10時87分
2056Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。

N3RC USA カリフォルニア州 20m FT8 11時32分
1705Hzに出てましたが441Hzでコールすると応答があ



DL3GD ドイツ 17m FT8 16時05分
004Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

IN3BFW イタリア 17m FT8 16時15分
307Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

EC5K スペイン 17m FT8 17時34分
2221Hzに出ていたが393Hzでコールを続けると応答があった。

OZ6HQ ベルギー 20m FT4 18時32分
1261HzでCQ出していたが450Hzでコールを続けると応答があった。



EU1FQ ベラルーシ 20m FT4 18時54分
1896HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。



OK2SV スロバキア 20m FT8 20時58分
2167HzでCQ出していたが448HZでコールすると応答があった。

KC6FLG USA ワシントン州 40m FT8 23時07分
1803HzでCQ出していたが338Hzでコールすると応答があった。
北欧も見えているがまだ日没に入っていないためコールしても一方通行で応答がない。



K5BUD USA オクラフォマ州 40m FT8 23時58分
2174HzでCQ出していたが331Hzでコールすると応答があった。



2020年10月8日
N7XG USA オレゴン州 20m FT8 11時17分
1113Hzに出ていたが404Hzでコールすると応答があった。

VK3JL オーストラリア 30m FT8 18時10分
2280HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。



SM3NRY スウェーデン 30m FT8 20時06分
1037Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

UN7GBX カザフスタン 20m FT8 21時04分
502HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

RK4FF ロシア 20m FT8 21時36分
2491HzでCQを出していたが450Hzでコールするとすぐに応答があった。

2020年10月7日
3D2AG 30m FT8 15時47分
338HzでCQ出していたが2008Hzでコールすると応答があった。

EA8KK 30m FT8 17時35分
1098Hzに出ていたが426Hzでコールを続けるとやっと応答があった。

SP5ATA 20m FT8 20時18分
739Hzに出ていたが2634Hzでコールすると応答があった。



OH9BS 30m FT8 21時24分
1919Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

LA2XPA 30m FT8 21時37分
2110Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年10月6日
HA1SU ハンガリー 20m FT8 16時43分
1366HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

PD75DX オランダ 20m FT8 20時49分
オンフレでコールすると応答があった。

R7CD ロシア 30m FT8 22時49分
976HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。



2020年10月5日
RA3CQ ロシア 20m FT8 14時01分
793Hzで「CQ JA」出していたが455Hzでコールすると応答があった。

SP5GMM ポーランド 20m FT8 15時39分
2306Hzに出ていたが355Hzでコールすると応答があった。



SP7IDX ポーランド 17m FT8 15時57分
こちらのCQに応答してくれた。



VK8FOES オーストラリア 40m FT8 18時19分
1107HzでCQ出してましたが389Hzでコールすると応答があった。

VK4PWG オーストラリア 40m FT8 18時33分
913Hzに出ていたが2579Hzでコールすると応答があった。



WB6OSK USA カリフォルニア州 40m FT8 22時09分
2205Hzに出ていたが353Hzでコールすると応答があった。



2020年10月4日
YJ8RN バヌアツ 30m FT8 17時05分
2011Hzに出ていたが419Hzでコールを続けると応答があった。

EA8W カナリア諸島 30m FT8 17時17分
1257Hzに出ていたが397Hzでコールを続けると応答があった。

VK6WB オーストラリア 40m FT8 20時07分
913HzでCQ出していたが474Hzでコールすると応答があった。

AJ6CE USA カリフォルニア州 40m FT8 21時06分
1202HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

XE1VY メキシコ 40m FT8 21時36分
1034Hzに出ていたが312Hzでコールすると応答があった。

2020年10月3日
VK2BNG オーストラリア 17m FT8 10時19分
598Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



R3DE ロシア 20m FT8 14時38分
1073HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

CX9BU ウルグアイ 40m FT8 18時35分
236HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



VK2WJ オーストラリア 80m FT8 20時56分
1863HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

XE2X メキジコ 80m FT8 21時38分
2441Hzに出ていたが452Hzでコールを続けると応答があった。

XX9ET マカオ 80m FT8 22時17分
2094Hzに出ていたので327Hzでコールを続けたが空振りだったのでコールを中止するとしばらくして応答があった。

K7CA USA ネバダ州 80m FT8 22時17分
2658HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

2020年10月2日
VK4CAG オーストラリア 20m FT8 16時22分
2179Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。



KB6DYA USA カリフォルニア州 40m FT8 17時30分
1000HzでCQ出していたが323Hzでコールすると応答があった。

PP5CFL ブラジル 40m FT8 18時07分
250Hzに出ていたので386Hzで数回コールしても応答がないため送信をSTOPしてしばらくするとこちらの周波数で応答があった。



OM3EY スロバキア 20m FT8 20時14分
1957HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

OE1GAQ オーストリア 20m FT8 20時23分
2817Hzで「CQ AS」出していたが448Hzでコールすると応答があった。

SP2JFF ポーランド 20m FT8 21時11分
1404Hzに出てい たが448Hzでコールすると応答があった。

HA1RB ハンガリー 20m FT8 21時46分
1157HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

2020年10月1日
VK6EI オーストラリア 17m FT8 16時56分
815Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。。
数回のレポート交換のキャッチボールがありましたが無事に「RR73」を貰った。

PY3CT ブラジル 40m FT8 18時30分
1119Hzに出てi たが602Hzでコールを続けるとこちらの周波数に合わせて応答があった。

LZ73TRC ブルガリア 30m FT8 21時11分
Thracian Rose Club - HQ
1683Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

RV6BH ロシア 20m FT4 22時12分
1880Hzに出てましたが450Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



2020年9月30日
LY7Z リトアニア 20m FT8 15時12分
1038Hzに出てまいが452Hzでコールすると応答があった。

KN6IIN USA カリフォルニア州 40m FT8 17時28分
1052HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。
日本人の方のようでFumiaki Suzukiさんだった。

KN6F USA カリフォルニア州 40m FT8 18時11分
2694Hに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。



PY2KNK ブラジル 40m FT8 18時30分
2033Hzに出ていたが435Hzでコールを続けるとこちらの周波数に下りてきて応答があった。

R4LZ ロシア 40m FT8 18時30分
1620HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

2020年9月29日
R4MA ロシア 20m FT8 15時38分
1620HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

VK3GL オーストラリア 20m FT8 16時52分
2348HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。



BG2DHH 中国 20m FT8 17時14分
オンフレでコールすると応答があった。

PP5TI ブラジル 40m FT8 18時18分
1502HzでCQ出していたが441Hzでコールを続けると応答があった。



VK2JNT オーストラリア 40m FT8 18時46分
1669HzでCQ出していたが2455Hzでコールすると応答があった。

VK4OCD オーストラリア 40m FT8 18時53分
581HzでCQ出していたが2447Hzでコールすると応答があった。

LU8YD アルゼンチン 40m FT8 20時10分
1096HzでCQ出していたが408Hzで数回コールても応答がないため送信をSTOPすると応答があった。



DM2DXA ドイツ 20m FT8 20時56分
1752HzでCQ出していたが408Hzでコールすると応答があった。

SP3DOF ポーランド 20m FT8 21時07分
2518HzでCQ出していたが408Hzでコールすると応答があった。

2020年9月28日
9A6OY クロアチア 20m FT8 15時33分
2108Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。



ZL1MTO ニュージーランド 30m FT8 17時41分
2110Hzに出ていたが433Hzでコールするとこちらの周波数に下りてきて応答があった。

PY3FBI ブラジル 40m FT8 18時49分
2006HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。
「RR73」をもらうまでちょっと時間がかかったが無事に「RR73」が届いた。



HA1BF ハンガリー 20m FT8 20時22分
1062HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

ER2RM モルドバ 20m FT8 20時42分
2108Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答がった。



IZ5CMG イタリア 20m FT4 22時50分
868HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

2020年9月26日
OE3UKW オーストリア 40m FT8 00時07分
556HzでCQ出していたが2759Hzでコールすると応答があった。
その後レポート交換を何回もやりとりしたが中々「RR73」が送ってこない。
QRMが多いのでこちらの送信周波数をあちこち変えてやっと「RR73」を貰った。



VK6AL オーストラリア 20m FT8 10時26分
オンフレでコールすると応答があった。

ZP5DBC パラグアイ 17m FT8 11時10分
2064Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答がった。

UA1WCF ロシア 20m FT8 22時16分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年9月25日
8A100GB インドネシア 17m FT8 17時34分
CELEBRATING 100 YEARS OF GEDUNG SATE
ジェダンサテの100周年を祝う記念局らしい。
ZL3NB ニュージーランド 40m FT8 17時48分
2163HzでCQ出していたが2510Hzでコールすると応答があった。

XE1YD メキシコ 40m FT8 18時34分
999HzでCQ出していたが334Hzでコールすると応答があった。

VK2FJJM オーストラリア 40m FT8 18時43分
1488HzでCQ出していたが399Hzでコールすると応答があった。



OA2TP20 ペルー 40m FT8 21時07分
56HzでCQ出していたが2759Hzでコールすると応答があった。
その後レポート交換を何回もやりとりしたが中々「RR73」が返ってこない。
QRMが多いのでこちらの送信周波数をあちこち変えてやっと「RR73」を貰った。

N5JEH USA ニューメキシコ州 40m FT8 22時23分
1901HzでCQ出していたが272Hzでコールすると応答があった。

UX5IO ウクライナ 40m FT8 23時24分
1702HzでCQ出していたが2803Hzでコールすると応答があった。

N5KO USA カリフォルニア州 40m FT8 23時33分
2714HzでCQ出していたが2759Hzでコールすると応答があった。

2020年9月24日
YO3FRI ルーマニア 20m FT8 21時34分
1995HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年9月23日
LU6DTJ アルゼンチン 40m FT8 17時19分
575HzでCQだしていたが455Hzでコールすると応答があった。
釣り竿アンテナからの電波が18600km超えて飛んだ。



VK4MOT オーストラリア 40m FT8 17時30分
501HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。

PY1SX ブラジル 40m FT8 17時41分
1500Hzに出ていたが320Hzでコールすると応答があった。

LU7BCS アルゼンチン 40m FT8 17時43分
PY1SXとQSOが完了したあと18700kmの彼方からコールされた。



2020年9月22日
R175JRGO ロシア 20m FT8 14時40分
1586HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。
ロシア地理学会175周年記念局。

OH7TV フィンランド 20m FT8 15時07分
2500Hzに出ていたが433Hzでコールするとこちらの周波数に下りてきて応答があった。

OG70AD フィンランド 20m FT4 16時49分
1224HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。

VK4CUZ オーストラリア 20m FT8 18時33分
2342Hzに出ていたが2539Hzでコールすると応答があった。



VK1HX オーストラリア 40m FT8 18時43分
2062HzでCQ出していたが2627Hzでコールすると応答があった。



R175JRGO ロシア 20m FT4 20時43分
1586HzでCQ出してましたが1934Hzでコールすると応答があった。

RW4PEI ロシア 20m FT4 21時02分
644HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。



ON6CC ベルギー 20m FT4 21時30分
982HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。

2020年9月21日
ZL3MR ニュージランド 40m FT8 17時38分
1082Hzに出てましたが430Hzでコールすると応答があった。

W6ASO USA オレゴン州 40m FT8 17時38分
1592Hzに出ていたが2447Hzでコールすると応答があった。

SP5ATA ポーランド 20m FT8 20時48分
オンフレでコールすると応答があった。



5P1KZX デンマーク 20m FT8 21時11分
2761Hzに出ていたが2945Hzでコールすると応答があった。



EW8AAA ベラルーシ 20m FT4 22時13分
2196HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

IY8PC イタリア 20m FT4 22時31分
2072HzでCQ出していたが1534Hzでコールすると応答があった。



2020年9月20日
IK3SCB イタリア 17m FT8 16時20分
1180HzでCQ出していたが2334Hzでコールすると応答があった。

LA5AKA ノルウェー 17m FT8 18時00分
2728HzでCQ出していたが2616Hzでコールを続けると応答があった。



3B8BAP モーリシャス 17m FT8 18時54分
2612Hzに出ていたが2843Hzでコールを続けると応答があった。



EW8W ベラルーシ 20m FT4 21時04分
1227HzでCQ出していたが2032Hzでコールを続けると応答があった。

WA5YCG USA アリゾナ州 40m FT8 22時32分
2218HzでCQ出していたが2433Hzでコールを続けると応答があった。

W4FLL ネバダ州 40m FT8 22時59分
495HzでCQ出していたが1495Hzでコールすると応答があった。



2020年9月19日
AK6R USA カリフォルニア州 17m FT8 10時45分
861Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があた。

IZ0TKD イタリア 20m FT8 21時17分
オンフレでコールすると応答があtった。



2020年9月18日
F6DZU フランス 20m FT4 21時02分
1045Hzに出ていたが2413Hzでコールすると応答があった。



2020年9月17日
RN2FA/3 ロシア 20m FT8 15時41分
2251HzでCQ出していたが459Hzで何回かコールすると応答があっした。
QRZ.comではQTHが「Kaliningrad」になっているが「/3」なのでロシア本国のようだ。

VK5RM オーストラリア 40m FT8 19時49分
1183Hzに出ていたが2770Hzでコールすると応答があった。

AP2HA パキスタン 20m FT4 20時23分
253HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

LY2CX ラトビア 20m FT4 20時32分
42HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

IY2XZ イタリア 20m FT4 20時52分
1005HzでCQ出していたが439Hzでコールすると応答があった。



R3PLA ロシア 20m FT4 21時521
オンフレでコールすると応答があった。

2020年9月16日
WT6X USA カリフォルニア州 40m FT8 17時45分
1004Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

W7AIT USA カリフォルニア州 40m FT8 18時00分
1102Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。
QSLは「NO」でいらないそうだ。

VK2POP オーストラリア 40m FT8 18時24分
1663Hzに出ていたが2136Hzでコールすると応答があった。



AH6GR ハワイ 40m FT8 18時45分
1704Hezに出ていたが554Hzでコールすると応答があった。

EM90QMR ウクライナ 20m FT4 21時27分
1127Hzに出ていたが447Hzでコールすると応答があった。

IK3ZBM イタリア 20m FT4 21時45分
1495HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

UT2UZ ウクライナ 20m FT4 22時12分
2126HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

HA7TM ハンガリー 20m FT4 22時25分
1613HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

OH5KT フィンランド 20m FT4 22時34分
1720HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



2020年9月15日
WB4JTT USA ハワイ 80m FT8 18時30分
2018Hzに出ていたが503Hzでコールすると応答があった。

DL3CR ドイツ 20m FT8 20時34分
681HzでCQ出していたが2726Hzでコールすると応答があった。



HB9OAB スイス 20m FT8 20時47分
2344HzでCQ出していたが2634Hzでコールすると応答があった。



2020年9月14日
R4YM ロシア 17m FT8 16時41分
2600HzでCQだしていたが430Hzでコールすると応答があった。
この時間(16:41 JST)はヨーロッパが見えていても応答率が悪い.

LU1JAO アルゼンチン 40m FT8 17時00分
634Hzに出ていたが2132Hzでコールすると応答があった。
この時間は(17:00 JST)はJAが日没近くになりグレーゾーンに入るのでローバンドは応答率は良い。



PP5ZP ブラジル 40m FT8 17時24分
1083Hzに出ていたが397Hzでコールすると応答があった。
南米方面のコンディションが良い。



VK4AFU オーストラリア 40m FT8 17時57分
2792HzでCQだしていたが2535Hzでコールすると応答があった。

SV2HXX ギリシャ 17m FT8 17時57分
1376Hzで「CQ JA」出していたが433Hzでコールすると応答があった。



W0BV USA コロラド州 80m FT8 22時18分
2329Hzに出ていたが455Hzでコールするとすぐに応答があった。
Hi Bandのコンディションが良くないので80mにQSYした。

2020年9月13日
P29LL パプア ニューギニア 17m FT8 20時22分
1652Hzに出ていたが2576Hzでコールを続けるとやっと応答があった。

2020年9月12日
KH6EU ハワイ 20m FT8 14時34分
2330Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

YJ8RN バヌアツ 20m FT8 14時48分
1940Hzに出ていたが2592Hzでコールすると応答があった。
ここ数日追いかけていたがやっと捕まえることができた。

OZ1ADL ベルギー 20m FT8 15時34分
970Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

YJ8RN バヌアツ 40m FT8 18時18分
1645Hzに出ていたが1437Hzでコールすると応答があった。
あちこち周波数を変えるので追いかけるのが大変だった。

N7FN USA アリゾナ州 30m FT8 22時44分
1732Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



K7JE USA アリゾナ州 30m FT8 22時58分
365Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。

2020年9月11日
KD7PCE USA アリゾナ州 40m FT8 18時01分
2163Hzに出ていたが2162Hzでコールすると応答があった。

J68HZ セントルシア(カリブ海) 40m FT8 18時47分
1204HzでCQ出していたが2832Hzでコールを続けると応答がありった。
Digital Mode DXCC Newだった。

RU3QR ロシア 20m FT8 21時26分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年9月10日
OK2SV チェコ 17m FT8 16時44分
1662Hzに出ていたが2517Hzでコールすると応答がった。

VK6XI オーストラリア 17m FT8 16時52分
1498Hzに出ていたが2517Hzでコールすると応答があった。

KD7PCC USA カリフォルニア州 40m FT8 17時15分
448Hzに出ていたが2429Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。

UR3QCW ロシア 17m FT8 20時07分
こちらのCQに応答してくれた。

RA3Y ロシア 20m FT8 22時11分
1508HzでCQ出していたが2389Hzでコールすると応答があった。

A61R アラブ首長国連邦 20m FT8 22時25分
1355HzでCQ出していたが2389Hzでコールを続けると応答があった。

2020年9月9日
OH3FM フィンランド 20m FT8 14時36分
1800Hzに出ていたが338Hzでコールすると応答があった。



8J1RL 南極昭和基地 18m FT8 48時36分
1410Hzに出ていたが463Hzでコールするとすぐに応答があった。



2020年9月8日
VK3FCBR オーストラリア 40m FT8 18時37分
841HzでCQ出していたが2634Hzでコールすると応答があった。

VK5LA オーストラリア 40m FT8 18時56分
2241HzでCQ出していたが2751Hzでコールすると応答があった。

HB9CXZ スイス 20m FT8 22時04分
584HzでCQ出していたが2338Hzでコールすると応答があった。



DL3TW ドイツ 20m FT8 22時15分
756HzでCQ出していたが2338Hzでコールすると応答があった。



2020年9月7日
VK6XI オーストラリア 20m FT8 14時18分
1296HzでCQ出していたが452Hzでコールを続けると応答があった。



UX1UA ウクライナ 20m FT8 14時46分
979HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

VK2AMA オーストラリア 40m FT8 17時52分
1677HzでCQ出していたが2217Hzでコールすると応答があった。



PP5JR ブラジル 40m FT8 18時47分
1277Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。
40mはJAがグレーゾーンに入るこの時間がよく飛ぶ。

N4PYI  USA インディアナ州 40m FT8 19時57分
2498HzでCQ出していたが2931Hzでコールすると応答があった。
久しぶりに40mで北米東部まで飛んだ。

EA7ALL スペイン 17m FT8 21時28分
2402Hzに出ていたが2550Hzでコールを続けるとやっと応答があった。

IZ5IIN イタリア 17m FT8 21時45分
1168HzでCQ出していたが1016Hzでコールすると応答があった。



IZ2DPX イタリア 17m FT8 22時09分
2633HzでCQ出していたが2471Hzでコールすると応答があった。

SP9QMP ポーランド 20 FT8 22時47分
1054HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

2020年9月6日
ES2MC エストニア 17m FT8 16時27分
330HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

N3FAA USA カリフォルニア州 40m FT8 17時19分
489HzでCQ出していたが337Hzでコールすると応答があった。



OZ9EDR/P デンマーク 20m FT8 21時04分
Club station EDR Roskilde
1389HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

OH2OT フィンランド 20m FT8 21時27分
2665Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

D1DX ウクライナ 20m FT4 22時24分
570HzでCQ出していたが421Hzでコールすると応答があった。
ウクライナ内のドネツク州と思われる。



2020年9月5日
ZL3REW ニュージーランド 17m FT8 10時13分
704Hzに出ていたが2052Hzでコールすると応答があった。

VK2HV オーストラリア 17m FT8 11時03分
1165HzでCQ出していたが2052Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



2020年9月4日
RX6AM ロシア 17m FT8 15時01分
1353HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

LU1DX アルゼンチン 40m FT8 17時18分
272Hzに出ていたが1902Hzでコールすると応答があった。



ZL4IA ニュージーランド 40m FT8 17時45分
1357Hzに出ていたが2352Hzでコールを続けると応答があった。

VK2BNG オーストラリア 40m FT8 18時17分
1580Hzに出ていたが2352Hzでコールすると応答があった。

VK4FDAD オーストラリア 40m FT8 18時47分
1710Hzに出ていたが2510Hzでコールすると応答があった。



F5MYH フランス 20m FT8 21時48分
783HzでCQ出していたが459Hzでコールを続けると応答があった。

KE6FOA USA カリフォルニア州 40m FT8 23時33分
2162HzでCQ出していたが426Hzでコールを続けると応答があった。



2020年9月3日
6E6E メキシコ 40m FT8 18時42分
489HzでCQ出していたが1990Hzコールすると応答があtった。

LU5WF アルゼンチン 40m FT8 20時19分
320HzでCQ出していたが820Hzでコールすると応答があった。

KZ5A USA ニューメキシコ州 40m FT8 20時46分
1231HzでCQ出していたが2360Hzでコールすると応答があった。



VK2ALS オーストラリア 40m FT8 21時27分
1502HzでCQ出していたが2440Hzでコールを続けると応答があった。

W7HPW USA ユタ州 80m FT8 22時33分
953Hzに出ていしたが1755Hzでコールを続けると応答があった。



2020年9月1日
LU7KAT アルゼンチン 20m FT8 14時50分
1926HzでCQ出していた437Hzでコールすると応答があった。
応答があったので「Rレポート」を送ると次のシーケンスで他の局に応答していた。
数回「Rレポート」を送ったが「RR73」が送られてこないので送信をSTOPするとしばらくしてから「RR73」が送られてきた。

AP2NK パキスタン 20m FT8 20時41分
434Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。 17mに続いて2Band目のQSOだった。

VU2MB インド 20m FT8 20時52分
820Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。
17mに続いて2Band目のQSOだった。

YO8TK ルーマニア 20m FT8 21時37分
425Hzに出ていたが532Hzでコールすると応答があった。

DL3JJ ドイツ 20m FT8 21時50分
2053HzでCQを出していたが452Hzでコールすると応答があった。



N5KO USA カリフォルニア州 80m FT8 22時30分
1833Hzに出ていたが389Hzでコールすると応答があった。



2020年8月30日
VK3GL オーストラリア 80m FT8 21時05分
1201HzでCQ出していたが437Hzでコールを続けると応答があった。



SM5EPO スエーデン 20m FT4 22時16分
937Hzに出ていたが2413Hzでコールすると応答があった。
今夜の80mは北米やオーストラリア方面にパスが開けている。

ES5RY エストニア 20m FT4 時16分
1926HzでCQ出していたが2419Hzでコールすると応答があった。

2020年8月29日
K6AAM USA カリフォルニア州 20m FT8 15時10分
オンフレでコールすると応答があった。

ZL1XS ニュージーランド 20m FT8 18時17分
1565HzCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

2020年8月28日
SM4MI スエーデン 20m FT8 21時14分
609Hzに出ていたが2650Hzでコールを続けると応答があった。

DL2KV ドイツ 20m FT4 21時35分
300Hzに出ていたが443Hzでコールすると応答があった。



OK1IWS チェコ 20m FT4 21時59分
2488Hzに出ていたが2542Hzでコールすると応答があった。

DL7UM ドイツ 20m FT4 22時16分
2815Hzに出ていたが2395HZでコールすると応答があった。



ZS6NL 南アフリカ 20m FT4 23時06分
2158HzでCQだしていたが2395Hzでコールすると応答があった。



ZS1XG 南アフリカ 20m FT4 23時51分
2453Hzに出ていたが2043Hzでコールすると応答があった。

2020年8月27日
EA3AXV スペイン 17m FT8 20時08分

2807HzでCQ出していたが2568Hzでコールすると応答があった。
すぐには応答がないだろうと思ってよそ見をしていたら応答がありちょっと慌てた。



IZ3ZTZ イタリア 17m FT8 20時30分
2889HzでCQ出していたが2517Hzでコールすると応答があった。



EA4T スペイン 17m FT8 20時54分
1510Hzに出ていたが2517Hzで何回もコールしてやっと応答があった。
今夜はEU方面へのコンディションがいい。
釣り竿アンテナでも飛んでくれている

EX8ABA キリギスタン 17m FT8 21時21分
2516HzでCQ出していたが2517Hzでコールを続けると応答があった。
残念ながらQRZ.comには情報がない。



2020年8月26日
US2YW ウクライナ 17m FT8 17時16分
792HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

IK5DNF イタリア 17m FT8 18時25分
1199HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

LZ3YY ブルガリア 17m FT8 21時45分
2036HzでCQ出していたが2421Hzでコールすると応答があった。



UN7LZ カザフスタン 20m FT8 22時24分
2359HzでCQ出していたが2014Hzでコールすると応答があった。

SP8ONN ポーランド 20m FT8 22時49分
531HzでCQ出していたが2014Hzでコールすると応答があった。



2020年8月25日
OH1O フィンランド 17m FT8 17時16分
私の信号はEA8まで届いているのに北欧は中々応答がなくやっとこの局が応答してくれた。

2020年8月24日
PA9CC オランダ 17m FT8 17時28分
760HzでCQ出していたが2414Hzでコールすると応答があった。

DL0GC ドイツ 17m FT8 18時48分
Club Station responsible: DJ7EC
2767HzでCQ出していたが2539Hzでコールすると応答があった。



F4FYE フランス 17m FT8 20時15分
2147HzでCQ出していたが2433Hzでコールすると応答があった。



OZ1AKZ デンマーク 20m FT4 21時10分
1955Hzに出ていたが2150Hzでコールすると応答があった。

K6QU USA カリフォルニア州 20m FT4 21時10分
615HzでCQ ASIAを出していたが437Hzでコールすると応答があった。

20年8月23日
LZ1LZ ブルガリア 20m FT8 14時13分
2183HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。



R1NJ ロシア 20m FT8 21時29分
オンフレでコールすると応答があった。

9A7R クロアチア 20m FT8 22時34分
2011HzでCQ出していたが2436Hzでコールすると応答があった。

2020年8月22日
GM3YTS スコットランド 20m FT4 00時04分
2244HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

NZ6Q USA カリフォルニア州 20m FT8 17時52分
1502Hzに出ていたが2399Hzでコールすると応答があった。

PA3FQA オランダ 20m FT8 18時43分
1307Hzに出ていたが2645Hzでコールすると応答があった。

2020年8月21日
W4DR USA バージニア州 17m FT8 11時03分
1852HzでCQ DX出していたが2429Hzでコールすると応答があった。



K8KI USA アラバマ州 17m FT8 11時27分
2400Hzに出ていたが2609Hzでコールすると応答があった。

DL1ARS ドイツ 17m FT8 15時28分
1701Hzに出ていたが455Hzでコールすると応答があった。

DP7D ドイツ 20m FT4 21時15分
2358Hzに出ていたが2633Hzでコールすると応答があった。

UI4I ロシア 20m FT4 21時39分
1383HzでCQ出していたが436Hzでコールすると応答があった。

OH1NJN フィンランド 20m FT4 22時06分
1499Hzに出ていたが2157Hzでコールすると応答があった。

HA9PP ハンガリー 20m FT4 22時28分
505HzでCQ出していたが2706Hzでコールすると応答があった。

UT5UGR ウクライナ 20m FT4 22時40分
1076HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

DL6ZG ドイツ 20m FT4 23時02分
1298HzでCQ出していたが2025Hzでコールすると応答があった。

EW8KT ベラルーシ 20m FT4 23時42分
323HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

i020年8月20日
ON5CD ベルギー 17m FT8 18時27分
687HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

SP95IARU ポーランド 20m FT4 21時06分
95 years of IARU and 90 years of PZK since 1st of January till 31st December 2020
1489HzでCQ出していたが406Hzでコールすると応答があった。

K6ND USA ペンシルベニア州 20m FT4 21時37分
1028Hzに出ていたが406Hzでコールすると応答があった。



2020年8月19日
UA6YW ロシア 17m FT8 16時55分
1036HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

IZ6BRN イタリア 17m FT8 17時07分
497HzでCQ出していたが400Hzでコールすると応答があった。

VU2MB インド 17m FT8 21時43分
1047Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

F2JD フランス 17m FT8 22時00分
2385HzでCQ出していたが264Hzでコールすると応答があった。

R6WA ロシア 20m FT4 22時15分
2107HzでCQ出していたが2450Hzでコールすると応答があった。



IK0OEF イタリア 20m FT4 22時53分
508HzでCQ出していたが406Hzでコールすると応答があった。



2020年8月18日
V7/KX4QD マーシャル諸島 20m FT8 14時50分
2012Hzに出ていたが406Hzでコールすると応答があった。

MW0ZZK ウェールズ 20m FT8 21時18分
1025Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

GJ0KYZ ジャージー島 20m FT4 22時09分
1708HzでCQ出していたが2421Hzでコールすると応答があった。
FT4は送信時間が短いので「RR73」をもらうまで何回もリトライがあったが無事に「RR73」が届いた。
17mに続いて2Band目のQSOだった。



PA3EPP オランダ 20m FT4 22時28分
1483HzでCQ出していたが2421Hzでコールすると応答があった。
最初応答があったとき「RR73」が届かないうちに他局とQSOを始めたので再度コールすると今度は「RR73」を確認できた。



2020年8月17日
K6ANP USA カリホルニア州 20m FT8 13時51分
740HzでCQ DXを出していたが426Hzでコールすると応答があった。

WF0GM USAコロラド 州 20m FT8 13時51分
オンフレでコールすると応答があった。

5Z4VJ ケニア 17m FT8 18時53分
2508Hzに出ていたが2869Hzでコールすると応答があった。

2020年8月16日
RA/N2TA ロシア 20m FT8 14時18分
オンフレコールすると応答があった。
クラブ局による記念局。

VK3ZW オーストラリア 17m FT8 17時48分
1007Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。



2020年8月15日
TA2LG トルコ 17m FT8 14時22分
1084Hzに出ていたが437Hzでコールを続けると応答があった。

VK4AFU オーストラリア 17m FT8 15時07分
オンフレでコールすると応答があった。

KH6EU ハワイ 17m FT8 15時26分
661Hzに出ていたが437Hzでコール続けると応答があった。

K1GUY USA ニューハンプシャー州 20m FT8 20時48分
2433HzでCQ出していたが2726Hzでコールすると応答があった。

K2TQC USA ニューヨーク州州 20m FT8 21時43分
200Hzと低いところに出ていたが415Hzでコールすると応答があった。

2020年8月14日
VE7SV カナダ 17m FT8 10時15分
2604Hzに出ていたが459Hzでコールすると応答があった。

OZ5HP デンマーク 17m FT8 16時08分
417Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。
かなり前からJAをさばいたが何回コールしても空振りなので30分くらい休憩してからコールすると応答があった。



ON8KW ベルギー 17m FT8 20時42分
2686Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年8月13日
YO7YO ルーマニア 17m FT8 17時40分
2635HzでCQ DX出していた。
最初422Hzで数回コールしたが応答がないため2836Hzに上がってコールするとすぐに応答があった。。
低い周波数はデコードしないように設定していたかも知れない。



IK4MSV イタリア 17m FT8 18時33分
418HzでCQを出すとオンフレでコールがあった。

F6CEE フランス 17m FT8 21時13分
433HzでCQ出すと895Hzでコールがあった。
DXをコールしても中々応答がないがたまにCQ出すとすぐにコールがある。

5B60AMX キプロス 17m FT8 21時44分
1507Hzに出ていたが2206Hzでコールすると応答があった。

2020年8月12日
PB7Z オランダ 17m FT8 20時34分
95HzでCQ出していたが312Hzでコールすると応答があった。

HA7XL ハンガリー 17m FT8 22時32分
1641Hzに出ていたが2023Hzでコールすると応答があった。

GJ0KYZ ジャージー島 17m FT8 22時18分
174HzでCQ出していいたが448Hzでコールすると応答があった。
Digital Mode DXCC Newだった。



2020年8月11日
LA1XJA ノルウェー 17m FT8 17時42分
356Hzに出ていたが528Hzでコールすると応答があった。
「RR73」が確認できなかったのでQSOが完了していないと思ってましたが後ほどeQSLが届いた。



F6GCP フランス 17m FT8 21時34分
2599HzでCQ JA出していたが441Hzでコールすると応答があった。

HA3LI ハンガリー 17m FT8 21時50分
オンフレでコールすると応答があった。

ON4ATW ベルギー 17m FT8 21時50分
1034HzでCQ出してi たが441Hzでコールすると応答があった。

2020年8月10日
VK4BXX オーストラリア 17m FT8 15時19分
616HzでCQ出していたが416Hzでコールすると応答があった。

ES4RD エストニア 17m FT8 15時34分
19Hzに出ていたが514Hzでコールすると応答があっした。
20mに続いて2Band目のQSOだった。

UR6IM ロシア 17m FT8 20時50分
851HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。



F6HRP フランス 17m FT8 21時00分
2299HzでCQ出してまいが2627Hzでコールすると応答があた。

ON8VK ベルギー 17m FT8 21時20分
1341HzでCQ出していたが419Hzでコールを続けると応答があった。

IV3FGT イタリア 17m FT8 21時32分
1375HzでCQ出していたが419Hzでコールする応答があった。



TA1NSK トルコ 17m FT8 22時08分
918Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



EA3IAA スペイン 17m FT8 22時13分
847Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



IW4EJK イタリア 17m FT8 22時22分
1654HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。

M3FON イングランド 17m FT8 22時39分
739HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。



2020年8月9日
KK6VRK/KH2 グアム 17m FT8 17時22分
オンフレでコーするとト応答があった。

EW6AS ベラルーシ 17m FT8 20時39分
2026Hzに出ていたが2609Hzでコールすると応答があった。



5Q3DX デンマーク 17m FT8 20時46分
2707Hzに出ていたが2609Hzでコールすると応答があった。

OH6MJM フィンランド 17m FT8 21時51分
9004Hzに出ていたが456Hzでコールすると応答があった。

2020年8月8日
VK4PR オーストラリア 17m FT8 17時10分
810HzでCQだしていたが426Hzでコールすると応答があった。

2020年8月7日
9A1CCY クロアチア 17m FT8 21時08分
152Hzに出ていたが426Hzでコールを続けると応答があった。

K4PI USA ジョージア州 20m FT8 23時22分
2806Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

I8OCA イタリア 20m FT8 23時54分
511HzでCQ出していたが2444Hzでコールすると応答があった。



2020年8月6日
VK2WJ オーストラリア 17m FT8 11時12分
1779HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。
7 回目のQSOでNew Bandだった。



TA7TC トルコ 17m FT8 20時57分
694Hzに出ていたが452Hzでコールを続けると応答があった。

EI9JF アイルランド 17m FT8 21時11分
000Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。
中々「RR73」が確認できず数回Rレポートを送り続けてやっと「RR73」が送られてきた。

G0DWV イングランド 17m FT8 22時45分
2273Hzに出ていたが2433Hzでコールを続けると応答があった。

2020年8月4日
HB9CQK スイス 17m FT8 17時16分
325Hzと低いところに出ていたが510Hzでコールを続けると応答があった。



UV1IX ロシア 17m FT8 17時145
1867HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

R2AL ロシア 20m FT8 20時255
974HzでCQ出していたが433Hzでコールを続けると応答があった。



R4PCB ロシア 20m FT4 21時10分
002HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



UX7VA ウクライナ 20m FT4 21時19分
519Hzに出ていたが447Hzでコールすると応答があった。



OG2P フィンランド 20m FT8 21時21分
2159Hzに出ていたが433Hzでコールを続けると応答があった。

OD5PY レバノン 20m FT8 22時35分
465Hzに出ていたが364Hzでコールすると応答があった。

HA9PP ハンガリー 20m FT8 22時50分
2372Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。



2020年8月3日
N6ML USA カリフォルニア州 17m FT8 14時52分
1524Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。



VU2ORQ インド 20m FT8 21時03分
706HzでCQ出していたが496Hzでコールを続けると応答があった。

VU2RC インド 20m FT8 22時28分
605HzでCQ出していたが2254Hzでコールを続けると応答があった。

OM5XX チェコ 20m FT8 22時48分
2490HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年8月2日
TA7OHM トルコ 20m FT8 22時42分
2528HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年8月1日
K6OK USA カリフォルニア州 20m FT8 14時40分
661HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

N6ML USA カリフォルニア州 20m FT8 14時58分
2297Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。



T88SS パラオ 20m FT8 17時24分
1122Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

SV2DGH ギリシャ 20m FT8 17時37分
2000Hzに出ていたが448Hzで何回も空振りでもコールを続けるとやっと応答があった。



2020年7月31日
ZL3RJ ニュージランド 20m FT8 15時17分
25HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

KN7K USA オレゴン州 20m FT8 15時29分
1216HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

VK2MBK オーストラリア 20m FT8 15時41分
1344HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

K0LUZ USA フロリダ州 20m FT8 20時50分
1878Hzに出ていたが496Hzでコールすると応答があった。



VU2RCY インド 20m FT8 21時10分
939Hzに出ていたが496Hzでコールすると応答があった。

DK1AX ドイツ 20m FT8 22時28分
1896HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。

G4CUS イングランド 20m FT4 22時51分
436HzでCQ出していたが436Hzでコールを続けると応答があった。
FT4は送信時間が短いのでRレポートの送信がリトライの繰り替えしになった。
一旦送信をSTOPするとやっと「RR73」が返ってきた。



MM5DWW スコットランド 20m FT4 23時05分
1432HzでCQ出していたが436Hzでコールを続けると応答があった。

SP3AMZ ポーランド 20m FT4 23時21分
1699Hzに出ていたが332Hzでコールすると応答があった。

2020年7月30日
DL6KA ドイツ 17m FT8 21時13分
1896HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。



PA1CM オランダ 17m FT8 22時14分
2308HzでCQ出していたが2539Hzでコールすると応答があった。

R3TKM ロシア 17m FT8 22時21分
オンフレでコールすると応答があった。



DL3YCX ドイツ 17m FT8 22時28分
1896HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。



2020年7月29日
W6ASO USA オレゴン州 20m FT8 16時32分
1408Hzに出ていたが408Hzでコールすると応答があった。

OH6Z フィンランド 20m FT8 21時21分
853Hzに出てi たが448Hzでコールすると応答があった。

2020年7月28日
N6HC USA カリフォルニア州 20m FT8 14時47分
1003Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。



VU2SAA インド 20m FT8 20時30分
1702HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

W4IMD USA ジョージア州 20m FT8 20時39分
2017Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。

A61ZX アラブ首長国連邦 20m FT8 22時27分
1629Hzに出ていたが444Hzで何回も何回もコールしてやっと応答があった。

2020年7月27日
UX5XK ウクライナ 20m FT8 15時10分
1616Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。
久しぶりのウクライナだった。



VU3DJQ インド 20m FT8 20時28分
1768Hzに出てましたが433Hzでコールすると応答があった。

2020年7月26日
WA7DUH USA ワシントン州 20m FT8 15時28分
1965Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。

UA1ZFM ロシア 20m FT8 21時07分
オンフレでコールすると応答がありました。

UA1OC ロシア 20m FT8 21時07分
719Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年7月25日
N6RW USA アリゾナ州 20m FT8 15時37分
992Hzに出てましたが422Hzでコールすると応答があった。



2020年7月24日
OQ4U ベルギー 20m FT8 20時34分
2105Hzに出ていたが2546Hzでコールすると応答があった。

2020年7月22日
YE9CDL インドネシア 20m FT8 14時52分
DXをコールして空振りの最中にに向うからコールがあった。

V84SPU ブルネイ 20m FT8 18時18分
Special Event Station Celebrating His Majesty's 74th Royal Birthday.
508Hzに出ていたが342Hzでコールすると応答があった。

WT8V USA ウエストバージニア州 20m FT8 24時45分
453Hzに出ていたが2308Hzでコールを続けると応答があった。

UA4WEL ロシア 20m FT8 22時53分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年7月21日
K2SD USA ノースカロライナ州 20m FT8 21時01分
1927Hzに出ていたが433Hzでコールするとすぐに応答があった。

W9DX USA イリノイ州 20m FT8 21時22分
715Hzに出ていたが997Hzでコールすると応答があった。
30mに続いて2Band目のQSOだった。

2020年7月20日
ON5CD ベルギー 20m FT8 23時13分
1934Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

2020年7月19日
FK8HM ニューカレドニア 20m FT8 15時46分
2722Hzに出ていたが422Hzでコールすると422Hzに下りてきて応答があった。

SA2BFO スエーデン 20m FT8 21時36分
2304Hzに出ていたが430Hzでコールを続けても他局に負けてばかりなので2550Hzでコールすると応答があった。

2020年7月18日
K4ZO USA ノースカロライナ州 20m FT8 21時44分
585Hzに出ていたが439Hzで何回もコールしてやっと応答があった。

9K2HS クエート 20m FT8 22時40分
2018Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答がありった。
40mに続いて2Band目のQSOだった。。

K5ZQ USA ケンタッキー州 20m FT8 22時59分
585Hzに出いしたが439Hzで何回もコールしてやっと応答があった。

2020年7月17日
SG5Z スエーデン 17m FT8 14時44分
1003Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。
JAばかりの中にポツンとこの局が見えていたがこのアンテナファームでは飛んでくるはずだ。



AI9T USA イリノイ州 20m FT8 20時30分
502Hzに出ていたが389Hzでコールすると応答があった。

2020年7月16日
IW1ARB イタリア 17m FT8 21時37分
最初452Hzでコールを続けても接近しすぎてダメなのか応答がないため2455Hzまで上がってコールするとすぐに応答があった。

F6DFL フランス 17m FT8 22時41分
894Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。

2020年7月15日
YJ40IND バヌアツ 20m FT8 15時03分
1905HzでCQ出していたが415Hzでコールを続けると応答があった。

LU6EEG アルゼンチン 20m FT8 15時03分
1831Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。



DL8LAS ドイツ 20m FT8 22時18分
93HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

2020年7月14日
VE7AV カナダ 20m FT8 11時31分
734Hzに出ていいたが336Hzでコールすると応答があった。

CX6VM ウルグアイ 40m FT8 18時39分
2568Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

K5NZ USA テキサス州 40m FT8 18時49分
1193Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年7月13日
ZL6FTDMC ニュージーランド 20m FT8 14時53分
2366Hzに出ていたが2564Hzでコールすると応答があった。

2020年7月12日
K8GI USA オハイオ州 20m FT8 21時48分
1669Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。

K5JUC USA アラバマ州 20m FT8 22時08分
2143Hzに出ていたが2528Hzでコールすると応答があった。

W0RIC USA アリゾナ州 20m FT8 22時41分
760Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。



KC0JRW USA ネブラスカ州 20m FT8 22時51分
1226Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。



2020年7月11日
KI8JP USA オハイオ州 20m FT8 21時30分
2723Hzに出ていたが2411Hzでコールすると応答があった。

W8NU USA オハイオ州 20m FT8 22時02分
2551Hzに出ていたが2623Hzでコールを続けると応答があった。
しかし中々「RR73」がと返ってこずRレポートを送り続けてこちらの送信回数がつきて受信状態になるとやっと「RR73」が返ってきた。

K2AK USA アリゾナ州 20m FT8 22時56分
1492HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

2020年7月10日
WB8CQV USA ウエストバージニア州 20m FT8 21時15分
2805Hzに出ていたが2938Hzで何回もコールを続けてやっと応答があった。

4Z1DZ イスラエル 20m FT8 23時41分
1778Hzに出ていたが411Hzでコールを続けると応答があった。



4X4MF イスラエル 20m FT8 23時52分
1837Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。



2020年7月9日
R7BL ロシア 20m FT8 21時14分
1144HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

UI4I ロシア 20m FT8 21時22分
208HzでCQ出しいしたが444Hzでコールすると応答があった。

RN5AA ロシア 20m FT8 21時29分
2051HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。
今夜はまだ北米が見えないのでWASハンティングはお休みでロシアハンティングになった。



N6RW USA アリゾナ州 40m FT8 22時45分
2555Hzに出ていたが375Hzでコールすると応答がありった。
久しぶりの40mでの北米とのQSOだった。



2020年7月8日
KH6FHI ハワイ 20m FT8 15時15分
2126HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。
「RR73」が返ってこないうちにCQを出し始めたのでRレポートを送り続けるとやっと「RR73」が返ってきた。



2020年7月7日
EU1FQ ベラルーシ 17m FT8 20時40分
313HzでCQ出ていたが2744Hzでコールを続けると応答があった。



KC0CF USA アイオワ州 20m FT8 21時46分
「RR73」が中々返ってこないので数回Rレポートを送るとやっと「RR73」が返ってきた。

2020年7月6日
OH6RE フィンランド 17m FT8 18時48分
2304Hzに出ていたが2740Hzでコールをすると応答があ2304Hzに出ていたが2740Hzでコールをすると応答があった。



VU3ESV インド 20m FT8 21時35分
174Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。

OH1NDA フィンランド 20m FT8 22時27分
1619Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。



2020年7月5日
VU2HIT インド 20m FT8 21時50分
566HzでCQ出していたが448Hzでコールを続けると応答があった。

W5CIA USA ルイジアナ州 20m FT8 22時22分
2527HzでCQだしていたが411Hzでコールを続けると応答があった。
今夜は東海岸方面のコンディションが悪く中々見えなかったが中部方面まで何とか届いた。

2020年7月4日
XE1KK メキシコ 20m FT8 21時36分
882Hzに出ていたが2605Hzでコールをすると応答があった。

ZS1SC 南アフリカ 20m FT8 22時49分
2009Hzに出てまいが2496Hzでコールすると応答があっした。
ZS0RRを何回コールしても空振りだったがこの局はすぐに応答があった。

2020年7月3日
KL2R アラスカ 17m FT8 10時30分
Two Rivers Contest Club
1808Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。

AB9M USA イリノイ州 20m FT8 21時09分
600Hzに出てまいが444Hzでコールすると応答があった。

2020年7月2日
K5CKS USA アラバマ州 20m FT8 21時28分
804Hzに出ていたが2770Hzでコールを続けると応答があった。



2020年7月1日
OZ3TT デンマーク 20m FT8 15時52分
2553Hzに出ていたが2861Hzでコールすると応答があった。

9K8FTDMC クエート 20m FT8 21時32分
1758Hzに出ていたが2920Hzでコールすると応答があった。

2020年6月30日
W3FJ USA ペンシルベニア州 20m FT8 21時04分
618Hzに出ていたが2620Hzでコールすると応答があった。
ペンシルベニアはNEWだった。
残りはDE、ME、ND、RIの4州になった。

W9XB USA イリノイ州 20m FT8 22時06分
585Hzに出ていたが2854Hzでコールすると応答があった。

G0DBE イングランド 20m FT8 22時53分
1095Hzに出ていたが2561Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月29日
W2RAL USA ニューヨーク州 20m FT8 21時51分
2703Hzに出いたが2938Hzでコールすると応答があった。

AG9S USA イリノイ州 20m FT8 20時49分

2020年6月28日
KF0QR USA ミネソタ州 20m FT8 21時12分
1768Hzに出ていたが2718Hzでコールすると応答があった。

LU7HN アルゼンチン 20m FT8 21時44分
2112Hzに出てまいが2718Hzでコールすると応答があった。
40mに続いて2Band目だった。

2020年6月27日
W5VY USA アーカンソー州 20m FT8 20時30分
1298Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年6月26日
LA3BO ノルウェー 20m FT8 16時32分
514Hzに出ていたが2297Hzでコールすると応答があった。

W9DX USA イリノイ州 30m FT8 20時26分
490Hzに出ていたが400Hzでコールすると応答があった。

OH2BH フィンランド 20m FT8 21時28分
2489Hzに出ていたが2964Hzでコールを続けると応答があった。
DX界の大御所とQSOできった。

LA7WNA ノルウェー 20m FT8 22時09分
265Hzに出ていたが463Hzでコールすると応答があった。

4X1PF イスラエル 17m FT8 23時25分
2504Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年6月25日
W4UCK USA ジョージア州 20m FT8 20時20分
1981Hzに出ていたが452Hzでコールを続けても応答がないためコールを中止するとしばらくして応答があった。



KK9V USA イリノイ州 20m FT8 20時42分
2190Hzに出ていたが2854Hzでコールを続けると応答があった。

N0AT USA ミネソタ州 20m FT8 21時47分
677HZに出ていたが2583Hzでコールを続けると応答があった。

K9IO USA イリノイ州 20m FT8 21時47分
303Hzに出ていたが425Hzでコールを続けても応答がないためコール中止。
ちょっとよそ見をしていて画面を見ると応答があったのであわてて2分45秒遅れでRポートを送ると「RR73」が送られてきた。

W1YY USA ワシントン州 20m FT8 22時46分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年6月24日
DL1HDL ドイツ 17m FT8 21時47分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年6月23日
VU2CPL インド 17m FT8 10時45分
616Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

WJ2D USA ノースカロライナ州 20m FT8 20時37分
1433Hzに出ていたが430Hzでコールを続けると応答があった。



W9FFA USA テネシー州 20m FT8 20時57分
061Hzに出ていたが345Hzでコールすると応答があった。



N4ZZ USA テネシー州 20m FT8 21時11分
1120Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。

K9EL USA イリノイ州 20m FT8 21時11分
410Hzに出ていたが316Hzでコールすると応答があった。

2020年6月22日
KK7UQ USA 20m FT8 22時08分
2596HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

3B8CW モーリシャス島 20m FT8 20時14分
207Hzに出ていたが2311Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。
30m/15mに続いて3Band目のQSOった。

K0KO USA ミネソタ州 17m FT8 10時45分

2020年6月21日
KK7UQ USA ワシントン州 30m FT8 18時15分
2596HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

3B8CW モーリシャス島 20m FT8 20時14分
207Hzに出ていたが2311Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。
30m/15mに続いて3Band目のQSOった。

K0KO USA ミネソタ州 20m FT8 20時49分
1460Hzに出ていたが326Hzでコールすると応答があった。

24Z5ML イスラエル 20m FT8 22時08分
2210Hzに出ていたが2956Hzでコールすると応答があった。



OD5KU レバノン 20m FT8 22時55分
2667Hzに出ていたが3147Hzでコールすると応答があった。



2020年6月20日
N5OB USA ルイジアナ州 30m FT8 20時35分
1708HzでCQ出ていたが2435Hzでコールすると応答があった。

W6TY USA カリフォルニア州 30m FT8 20時50分
1441HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



4S6YRW スリランカ 20m FT8 22時07分
1748HzでCQ出していたが396Hzでコールすると応答があった。

2020年6月19日
WH6EY ハワイ 17m FT8 16時27分
938Hzに出ていたが2457Hzでコールすると応答があった。



N4BP フロリダ州 17m FT8 16時27分
930HzでCQ出していたが2706Hzでコールすると応答があった。

K0XB ミネソタ州 20m FT8 21時08分
2091Hzに出ていたが2307Hzでコールすると応答があった。

A65DR アラブ首長国連邦 20m FT8 23時15分
2639Hzに出ていたが417Hzでコールを続けると応答があった。
15m/17mに続いて3回目のQSOだった。



2020年6月18日
K6EIE USA カリフォルニア州 20m FT8 15時05分
054Hzに出ていたが436Hzでコールすると応答があった。

WH6FZY ハワイ 20m FT8 15時58分
1656Hzに出ていたが2040Hzでコールを続けても応答なくコールを中止した。
しばらくすると急に応答があり、あわててRレポートを送った。
しかし「+06」のレポートをくれた割には何回Rレポートを送っても応答なし。
数回Rレポートを送ってやっと「RR73」が送られてきた。

WA7SHP USA オレゴン州 20m FT8 17時01分
オンフレでコールすると応答があった。



K0IEA USA ミネソタ州 20m FT8 18時08分
2090Hzに出ていが348Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月17日
KX7DX USA ワシントン州 30m FT8 17時58分
751Hzに出ていたが456Hzでコールすると応答があtった。

N5QS USA ワシントン州 20m FT8 21時30分
760Hzに出ていたが439Hzでコールすると応答があった。

DL1BGH ドイツ 20m FT8 22時03分
1728Hzに出ていたが2919Hzでコールすると応答があった。

2020年6月16日
V85AHV ブルネイ 20m FT8 15時16分
140Hzに出ていたが443Hzでコールすると応答があった。



OZ5XP デンマーク 20m FT8 18時48分
2166Hzに出ていたが2439Hzでコールすると応答があった。

CO2YQ キューバ 20m FT8 20時42分
1857HzでCQ出していたので439HzでGL無しでコールを続けたが応答がないので送信をSTOPすると応答がありRレポートを送ってきた。
慌ててこちらから「RR73」を送ったが相手の「73」が返ってこないうちにCQを出して他のJAとQSOを始めました。
QSOが完了したかはLoTWにUPされるまでわからない。

2020年6月15日
W6RKC USA カリフォルニア州 20m FT8 16時11分
467HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

N7BT USA カリフォルニア州 20m FT8 20時59分
1545HzでCQ出していたが420Hzでコールすると応答があった。



WA4MIT USA アラバマ州 20m FT8 21時40分
2618Hzに出ていたが2446Hzでコールすると応答があった。
JT65に続いて2回目のQSOだった。



NC7J USA ユタ州 20m FT8 22時40分
UTAH CONTEST CLUB
1020HzでCQ出していたが2247Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月14日
AT9SS インド 17m FT8 15時14分
1689HzでCQ出していたが450Hzでコールを続けると応答があった。

KD9V USA イリノイ州 20m FT8 21時07分
577Hzに出ていたが2468Hzでコールを続けてやっと応答があった。
その後「RR73」をもらうまでレポートを送り続けてやっと「RR73」をもらった。

N4PYI USA テネシー州 20m FT8 21時30分
339Hzに出てましたが2388Hzでコールすると応答があった。
何回かのレポートのやりとりをしてやっと「RR73」をもらった。

2020年6月13日
VU3DJQ インド 20m FT8 21時35分
267HzでCQ出していたが344Hzでコールすると応答があった。

2020年6月12日
WA6ECH USA カリフォルニア州 30m FT8 18時19分
956HzでCQ出していたが2223Hzでコールすると応答がああった。

VK1JT オーストラリア 20m FT8 20時11分
2061HzでCQ出していたが403HZでコールすると応答があった。

W0GJ USA アイオワ州 30m FT8 20時36分
10Hzに出ていたが2216Hzでコールをすると応答があった。
2019年のVP6R Ptcairn Is. DX peditionのメンバーだったらしい。
VP6Rは8BandのFT8でQSOできている

2020年6月11日
RU3FA ロシア 20m FT8 22時52分
オンフレでコールすると応答がありました。

2020年6月10日
S53EO スロベニア 20m FT8 2時07分
2364Hzに出ていたが406Hzでコールすると応答があった。

DL6ZG ドイツ 17m FT8 22時29分
1017HzでCQ出していたが2662Hzでコールすると応答があった。



2020年6月9日
5Z4/G3AB ケニア 20m FT8 20時18分
2503HzでCQ出していたが2688Hzでコールするとすぐに応答があった。
17mが混んでいたので20mへQSYしてすぐに見つけた。
15m/17mに続いて3Band目のQSOだった。

VU3TES インド 20m FT8 21時06分
2125HzでCQ出していたが2688Hzでコールすると応答があった。

VE6RST カナダ 20m FT8 22時10分
オンフレでコールすると応答があった。

KF8PD USA マサチューセッツ州 20m FT8 22時21分
1926Hzに出ていたが2673Hzでコールすると応答があった。



2020年6月8日
W5JAY USA アラバマ州 20m FT8 15時30分
2211HzにCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

AL7B USA アラスカ州 20m FT8 18時31分
897Hzに出ていたが2651Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。

G0DBE イングランド 17m FT8 20時41分
017Hzに出ていたが406Hzでコールを続けると応答があった。

GJ0KYZ ジャージー島 17m FT8 20時55分
944Hzに出ていたので402HzでGL無しでコールを続けると応答があったが最後の「73」が確認できなかった。
Digial Mode DXCC Newだったのに残念。
後はLoTWにUPされればラッキーだが。

LA5HX ノルウエー 17m FT8 21時15分
1452HzでCQ出していたが2662Hzでコールすると応答があった。

DG7YEO ドイツ 17m FT8 22時42分
1155HzでCQ出してi たが2540Hzでコールすると応答があった。



2020年6月7日
VK4TUX オーストラリア 20m FT8 15時32分
514HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

KL7YK アラスカ 40m FT8 20時52分
574HzでCQ出していたが200Hzでコールすると応答があった。

NC7J USA ユタ州 40m FT8 21時13分
2064HzでCQを出していたが461Hzでコールすると応答があった。



AA7EW USA アリゾナ州 40m FT8 21時28分
2156HzでCQ出していたが461Hzでコールすると応答があった。



AF6TF USA カリフォルニア州 40m FT8 22時02分
1652HzでCQ出していたが330Hzでコールすると応答があった。



VK4TUX オーストラリア 40m FT8 13時50分
1514HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

2020年6月6日
W5JAY USA アーカーソー州 17m FT8 14時43分
558HzでCQ出していたが439Hzでコールすると応答があった。

WH6GJU ハワイ 20m FT8 15時14分
1128HzでCQ出しいしたが447Hzでコールすると応答があった。

KU4SD USA ジョージア州 20m FT8 22時42分
1207Hzに出ていたが2775Hzでコールを続けると応答があった。



XW0LP ラオス 20m FT8 23時00分
2776Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月5日
OK1NP チェコ 17m FT8 21時09分
1718Hzに出ていたが2494Hzでコールすると応答があった。

F6EQZ フランス 17m FT8 23時28分
2304HzでCQ出していたが454Hzでコールすると応答があった。

2020年6月4日
W9JA USA ウイスコンシン州 20m FT8 22時16分
1134HzでCQ出していたが344Hzでコールすると応答があった。

K3QH フロリダ州 20m FT8 22時25分
2255HzでCQ出していたが388Hzでコールを続けると応答があった。

VU2EOJ インド 20m FT8 22時248
863HzでCQ出していたが388Hzでコールすると応答があった。



2020年6月3日
G0TSM イングランド 17m FT8 22時14分
150Hzに出ていたが432Hzでコールすると応答があった。

2020年6月2日
EW4A ベラルーシ 17m FT8 15時32分
1610Hzに出ていたが414Hzでコールすると応答があった。

XE1YD メキシコ 30m FT8 21時36分
1701HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。

AA4M USA アリゾナ州 30m FT8 22時44分
662HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。

2020年6月1日
VU2TRX インド 20m FT8 21時13分
2319Hzに出ていたが470Hzでコールすると応答があった。

2020年5月30日
A61DD アラブ首長国連邦 17m FT8 18時29分
1930Hzに出ていたが414Hzでコールを続けると応答があった。

4S6NCH スリランカ 17m FT8 20時38分
1327HzでCQ出していたが2659Hzでコールすると応答があった。

IZ2KXE イタリア 17m FT8 21時08分
オンフレでコールすると応答があった。

ZS6NL 南アフリカ 20m FT8 21時38分
1071Hzに出てまいが355Hzでコールすると応答があった。



WL7CG アラスカ 40m FT8 22時30分
1947HzでCQ出していたが410Hzでコールすると応答があった。



2020年5月29日
RA3CA ロシア 20m FT8 23時57分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年5月28日
WH6HI ハワイ 30m FT8 18時14分
955Hzに出ていたが455Hzでコールすると応答があった。



VK3GL オーストラリア 30m FT8 18時56分
2035HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。



WB5XX USA アーカンソー州 30m FT8 20時01分
オンフレでコールすると応答があった。

N0FW USA オハイオ州 30m FT8 20時15分
1526HzでCQ JA出してい」たが455Hzでコールすると応答があった。

NU1O USA マサチューセッツ州 20m FT8 20時15分
2938HzでCQ出していたが2814Hzでコールすると応答があった。



9K2OW クエート 20m FT8 22時40分
2275Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。



2020年5月27日
NK9N USA ノースカロライナ州 20m FT8 22時27分
1370HzでCQ出していたが415Hzでコールすると応答があった。
東海岸まで飛んだ。

A65DF アラブ首長国連邦 20m FT4 22時47分
734HzでCQ出していたが414Hzでコールを続けてやっと応答があった。

2020年5月26日
ZL4AS ニュージーランド 17m FT8 13時16分
オンフレでコールすると応答があった。

LZ1BJ ブルガリア 17m FT8 21時09分
1156HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

R3PLA ロシア 17m FT8 22時36分
オンフレでコールすると応答があった。

AP2FI パキスタン 17m FT8 22時44分
745HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

2020年5月25日
W5GDX USA テキサス州 17m FT8 12時58分
オンフレでコールすると応答があった。

AH6U ハワイ 20m FT8 16時56分
1792Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。
40m/17mに続いて3Band目のQSOだった。

ZM4T ニュージランド 30m FT8 18時03分
346HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

9K2HN クエート 12m FT8 20時58分
1018Hzに出ていたが470Hzで30分以上コールを続けてやっと応答があった。

9K2HM クエート 12m FT8 22時05分
2222Hzに出ていたが426Hzでコールを続けると応答があった。

2020年5月24日
K7GA USA カリフォルニア州 20m FT8 15時07分
2652HzでCQ出していいたが419Hzでコールすると応答があった。

VK4MOT オーストラリア 20m FT8 16時19分
1373HzでCQ出していたが419Hzでコールするとすぐに応答があった。

WW1WW USA ニューハンプシャー州 20m FT8 20時35分
782Hzに出ていたが448Hzでコールを続けると応答があった。
アメリカ東海岸まで飛んだ。

LU2FFD アルゼンチン 30m FT8 21時41分
2006Hzに出ていたが492Hzでコールを続けると応答があった。

F5SZY フランス 17m FT8 22時16分
957Hzに出ていたが448Hzでコールを続けると応答があった。



UA6DV ロシア 17m FT8 22時18分
F5SZYとのQSOが終わった後コールされった。



4X6YA イスラエル 17m FT8 22時43分
879Hzに出ていたが448Hzでコールを続けると応答があった。



2020年5月23日
EW8AAA ベラルーシ 20m FT8 16時01分
2508HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

KG7H USA カリフォルニア州 20m FT8 16時22分
219Hzと低いところでCQ出していたのを444HzでコールしたがYBの局に負けてしまった。
コールをSTOPして見ているとYBとのQSOを終えた後こちらに応答があった。

AH6HY ハワイ 30m FT8 18時02分
2715HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。
40m/20m/17m/15mに続いて5回目のQSOだった。



ZL3IO ニュージーランド 30m FT8 18時22分
1900HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

XE1KK メキシコ 40m FT8 21時10分
717HzでCQ出していたが463Hzでコールすると応答があった。

VK2WJ オーストラリア 40m FT8 21時19分
1830HzでCQ出してましたが422HZでコールすると応答があった。



KG6MZS USA カリフォルニア州 40m FT8 21時39分
279Hzと低いところでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

XX9ET マカオ 30m FT8 22時28分
1448HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。



2020年5月22日
VI250COOK オーストラリア 17m FT8 12時56分
CARC CAIRNS AMATEUR RADIO CLUB INC
現在のシドニーからオーストラリア東海岸を航海するジェームズクック船長の250周年記念局。
530Hzで出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

W6OAT ワシントン州 20m FT8 15時31分
2459HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

LA5LJA ノルエー 17m FT8 21時12分
2349HzでCQ出していたが393Hzでコールを続けると応答があった。

W6AER USA カリフォルニア州 30m FT8 23時24分
630HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

2020年5月20日
K0BBC USA ミネソタ州 30m FT8 22時12分
834Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。

KN6FDP USA カリフォルニア州 30m FT8 22時26分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年5月19日
W7MWR USA 州 20m FT8 14時34分
838HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

VK3XL オーストラリア 30m FT8 20時13分
1243HzでCQを出していたが455Hzでコールすると応答があった。

HC1HC エクアドル 30m FT8 20時51分
1204Hzに出ていたが455Hzでコールを続けると応答があった。

N3SL USA インディアナ州 30m FT8 21時28分
1047Hzに出ていたが455Hzでコールを続けると応答があった。



2020年5月18日
K3JGJ USA カリフォルニア州 20m FT8 14時34分
2540HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。
東海岸まで飛んだ。

VA3DX カナダ 17m FT8 20時57分
1317Hzに出ていたが393Hzでコールすると応答があった。

WB2QJ USA テネシー州 17m FT8 21時07分
2467Hzに出ていたが399Hzでコールすると応答があった。

2020年5月17日
ZS6JHN 南アフリカ 17m FT8 22時27分
1243HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年5月16日
VK5DG オーストラリア 17m FT8 14時54分
626HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



LZ1DD ブルガリア 17m FT8 21時05分
2672HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。



IZ5IOS イタリア 17m FT8 22時44分
1814HzでCQ JA出していたが433Hzでコールすると応答あった。



A92AA バーレーン 17m FT8 23時03分
1659HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。
いままで空振りばかりだったがやっとGETできた。
Digital Mode DXCC Newだった。

2020年5月15日
OH1STAYHOME フィンランド 17m FT8 15時26分
784HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

SV2BFN ギリシャ 17m FT8 16時17分
608Hzに出ていたが290Hzでコールすると応答があった。

HA8QZ ハンガリー 17m FT8 20時37分
979HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

EA1KE スペイン 17m FT8 21時32分
1370HzでCQ出していたが221Hzでコールするとすぐに応答があった。

F4CTJ フランス 17m FT8 22時27分
958HzでCQ JAを出していたが432Hzでコールすると応答があった。

EA1YO スペイン 17m FT8 23時00分
「RR73」が届かなかったのでQSO完了でないとあきらめていたところeQSLがとど



II4TEA イタリア 17m FT8 23時11分
1139HzでCQ出していが400Hzでコールすると応答があった。

EA5KM スペイン 17m FT8 23時46分
1337HzでCQ出していたが474Hzでコールすると応答があった。

2020年5月14日
VU2SAA インド 17m FT8 16時41分
1399Hzに出ていたが374Hzでコールを続けると応答があった。

EB2AM スペイン 17m FT8 18時26分
1038HzでCQ出しいしたが452Hzでコールを続けると応答があった。

OH5STAYHOME フィンランド 17m FT8 18時53分
1929HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

F6ARS フランス 17m FT8 20時46分
1629HzでCQ出していたが265Hzでコールすると応答があった。



G4DBW イングランド 17m FT8 21時33分
622Hzに出ていたが430Hzでコールを続けると応答があった。



EB7DX スペイン 17m FT8 21時39分
2509HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年5月13日
I2AOX イタリア 17m FT8 16時23分
539Hzに出ていたが他局とのQSOが終わるのを待って426Hzでコールするとすぐに応答があった。

DL7BO ドイツ 17m FT8 20時27分
1208HzでCQ出していたが235Hzでコールすると応答があった。



DK3WW ドイツ 17m FT8 21時50分
2012HzでCQ出していたが257Hzでコールすると応答があった。



F1RUK フランス 17m FT8 22時01分
992HzでCQ出していたが257Hzでコールをすると応答があった。

EA3NP スペイン 17m FT8 22時15分
2314HZでCQ出していたが444Hzでコールを続けると応答があった。
早い時間からよく見えていて何回コールしても空振りだったがやっとQSOできた。



OH5KT フィンランド 17m FT8 22時28分
1540HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



2020年5月12日
5W1STAYSAFE サモア 17m FT8 15時02分
2205HzでCQ出していたが448Hzでコールを続けると応答があった。
RR73が届くまでちょっとかかりったが無事に「RR73」を確認できた。

OE3DXA オーストリア 17m FT8 18時04分
2750Hzに出てましたが251Hzでコールすると応答があった。



2020年5月11日
RU3GF ロシア 17m FT8 21時20分
1876HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

IZ1ZJS イタリア 17m FT8 22時44分
892HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

2020年5月9日
VK2VH オーストラリア 15m FT8 10時36分
1772Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



S79VU セイシェル 17m FT8 14時34分
2489HzでCQ出してましたが419Hzをコールを続けると応答があった。
ちょっとよそ見をしていると応答がありあわてた。

TA2ANK トルコ 17m FT8 21時36分
807Hzに出ていたが442Hzで何回もコールを続けてやっと応答があった。
GL無しでコールしたら相手からRレポートを何回も送ったきたのでこちらから「RR73」を送り続けた。

2020年5月8日
AH6HY ハワイ 20m FT8 15時01分
2422HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。。
17m/15mに続いて3回目のQSOだった。

E2STAYHOME タイ 15m FT8 16時05分
909HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。

SM2W スエーデン 30m FT8 24時08分
1215Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。

2020年5月7日
A45XR オマーン 15m FT8 20時25分
2302Hzに出ていたが2605Hzでコールを続けると応答があった。
夕方にFBに入感していたので必死でコールしてもカスリもしなかった。
夕食後にまた見えたのでコールを続けるとやっと応答があった。



2020年5月6日
4S6WAS スリランカ 15m FT8 21時19分
1563Hzに出ていたが327Hzでコールを続けると応答があった。

2020年5月5日
A35JP トンガ 20m FT8 16時09分
1243Hzに出ていたが360Hzでコールを続けると応答があtった。
新聞を見ながらリラックスして見ていた。
OPはJA0RQV田村さん。

ZS1VV 南アフリカ 15m FT8 20時41分
928Hzに出ていたが455Hzでコールすると応答があった。



2020年5月4日
VK2ON オーストラリア 15m FT8 11時50分
1493HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。



RP75TK ロシア 17m FT8 15時00分
1608HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。
戦勝75周年の記念局のようだ。

VU2ABU インド 15m FT8 20時46分
1504Hzで出ていたが430Hzでコールを続けても応答がなかった。
コールをSTOPすると1分15秒後に応答があった。
画面を見てなかったら見逃すところだった。

2020年5月3日
RP75DG ロシア 12m FT8 13時57分
Andrey Yurievich Borovskiy
1252HzでCQ出していたが433Hzでコールを続けると応答があった。

5Z4/G3AB ケニア 17m FT8 17時25分
2357Hzに出ていたが334Hzでコールをづけると応答があった。
15mに続いて2Band目のQSOだった。

A60SH アラブ首長国連邦 15m FT8 21時59分
2344HzでCQ出していたが305Hzでコールを続けると応答があった。

2020年5月2日
EA5L スペイン 17m FT8 16時30分
1049Hzに出ていたが393Hzでコールすると応答があった。



ZS5ZP 南アフリカ 17m FT8 16時30分
363Hzに出ていたが225Hzでコールするとすぐに応答があった。



SV1QEW ギリシャ 17m FT8 20時35分
2608HzでCQ出していたが225Hzでコールすると応答があった。

2020年5月1日
ZW5STAYHOME ブラジル 17m FT8 11時01分
458HzでCQ出していたが378Hzでコールすると応答があった。

B8CRA 中国 17m FT8 18時31分
Chinese Radio Amateurs Club
オンフレでコールすると応答があった。

N7BT USA ワシントン州 20m FT8 23時34分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年4月29日
8A1HOME インドネシア 15m FT8 18時02分
SPECIAL EVENT STATION - STAY HOME
2045HzでCQ出していたが444Hzで数回コールすると応答があった。

A65DR アラブ首長国連邦 15m FT8 20時35分
2416Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。
よそ見をしていたら応答があったのでちょっと慌てた。



2020年4月28日
VK2LUV オーストラリア 15m FT8 14時02分
742HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

WH6FZY ハワイ 15m FT8 14時43分
1926Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

ZS2EZ 南アフリカ 15m FT8 21時33分
1327HzでCQ出していたが444Hzでコールを続けると応答があった。
空振りとあきらめていたら応答がありラッキーだった。



5Z4/G3AB ケニア 15m FT8 21時40分
357Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。
応答があったときは思わず「ヤッター!」と手を上げてしまった。

2020年4月27日
ZL2RX ニュージーランド 15m FT8 11時09分
2076HzでCQ出していたが445Hzでコールするとすぐに応答があった。

ZM1A ニュージーランド 15m FT8 13時12分
1124Hzに出ていたが445Hzでコールすると応答があった。

KH6U ハワイ 15m FT8 14時39分
1041Hzに出ていたが445Hzでコールを続けると応答があった。



XE1KK メキシコ 30m FT8 17時00分
698Hzに出ていたが445Hzでコールすると応答があった。

LU7HEO アルゼンチン 40m FT8 21時14分
1050HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

KC7WJ USA オレゴン州 40m FT8 21時14分
519HzでCQ出していたが294Hzでコールすると応答があった。



2020年4月26日
JD1BHA 小笠原 母島 15m FT8 15時10分
570HzでCQ出していたが453Hzでコールすると応答があった。



VK5ZK オーストラリア 15m FT8 15時20分
653Hzに出ていたが453Hzでコールすると応答があった。

VK2GL オーストラリア 17m FT8 16時07分
1205HzでCQ出してましたが453Hzでコールすると応答があった。
15mに続いて2回目のQSOだった。



R3MAJ ロシア 17m FT8 16時17分
VKGLとQSO後にコールされた。
数回レポートを送ったが応答がなかったので送信をSTOPしてしばらくするとRレポートを送ってきた。

ON5GM ベルギー 17m FT8 20時13分
1692HzでCQ出していたが310Hzでコールすると応答があった。



2020年4月25日
ZM4T ニュージーランド 17m FT8 10時44
1798Hzに出ていたが431Hzでコールすると応答があった。

VK4BLE オーストラリア 17m FT8 15時19
839HzでCQ出していたが431Hzでコールすると応答があった。

AX5SFA オーストラリア 17m FT4 16時14
2311Hzに出ていたが414Hzでコールするとお応答があった。
1st 17mFT4だった。



VA7DX カナダ 80m FT8 21時37
1537HzでCQ出していたが431Hzでコールすると応答があった。

2020年4月24日
VK3FONZ オーストラリア 15m FT8 15時06分
1450HzでCQ出していたが453Hzでコールすると応答があった。



3B8CW モーリシャス島 15m FT8 15時16分
635Hzに出ていたが453Hzでコールを続けると応答があった。

RX3ASQ ロシア 17m FT8 21時35分
1299HzでCQ出していたが431Hzでコールすると応答があった。

2020年4月23日
ZL1OW オーストラリア 15m FT8 14時00分
1378HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。



VK3FPSR オーストラリア 15m FT8 15時00分
800HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。

R5DT ロシア 17m FT8 15時48分
2645HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。

RZ3DW ロシア 17m FT8 18時26分
2385HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があ った。

2020年4月22日
VK3GL ニュージランド 15m FT8 13時17分
CQにオンフレでコールすると応答があった。



4A60O メキシコ 40m FT8 21時23分
217Hzと低いところで出ていたが548Hzでコールすると応答があった。

2020年4月21日
V84SAR ブルネイ 20m FT8 18時15分
2191Hzに出ていたが447Hzでコールを続けると応答があった。

XE1UYS メキシコ 40m FT8 21時13分
279Hzと低いところに出てi たが421Hzでコールを続けると応答があった。

2020年4月20日
DX0STAYHOME フィリピン 10m FT8 17時56分
1785Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

ZL3WW ニュージーランド 10m FT8 14時20分
978HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



FK8CE ニューカレドニア 17m FT8 14時52分
オンフレでコールすると応答があった。



4F3OM フィリピン 80m FT8 21時25分
オンフレでコールすると応答があった。

XE2CQ メキシコ 80m FT8 21時55分
2422Hzで出ていたが428Hzでコールを続けると応答があった。

N5XL USA カリフォルニア州 80m FT8 22時16分
849HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。

2020年4月19日
R3KAB ロシア 17m FT8 21時24分
2346HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



AM2WARD スペイン 17m FT8 22時09分
957Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年4月18日
3D2AG フィジー 15m FT8 10時14分
1614HzでCQ出していたが364Hzでコールすると応答があった。

DX0STAYHOME フィリピン 15m FT8 10時39分
900HzでCQ出していたが364Hzでコールすると応答があった。

ZL1MTO ニュージーランド 15m FT8 11時50分
818HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。



AH6HY ハワイ 15m FT8 12時06分
798HzでCQ出していたが583Hzでコールすると応答があった。

ZL2UFW ニュージーランド 15m FT8 13時56分
1759HzでCQ出していたが583Hzでコールすると応答があった。

N5ZC USA テキサス州 40m FT8 20時21分
1120HzでCQ出していたが329Hzで コールすると応答があった。

N6OPR USA アリゾナ州 40m FT8 20時21分
1299HzでCQ出していたが235Hzでコールすると応答があった。

K6TGW USA 州 40m FT8 22時47分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年4月17日
AH6HY ハワイ 17m FT8 13時16分
832Hzに出ていたが他局とのQSOが終わるのを待って437Hzでコールすると応答があった。

VK2KNC オーストラリア 17m FT8 13時39分
904HzでCQ出していたが349Hzでコールすると応答があった。

VE6RST カナダ 40m FT8 22時09分
282HzでCQ出していたが565Hzでコールすると応答があった。

N6NU USA CA 40m FT8 23時39分
1628HzでCQ出していたが375Hzでコールすると応答があった。

KC7RG USA WA 40m FT8 23時55分
044HzでCQ出していたが312Hzでコールすると応答があった。

2020年4月16日
RA3OS ロシア 17m FT8 15時50分
1096HzでCQを出していたVKを338Hzでコールして空振りを繰り返していたところをコールされた。

LW5DR アルゼンチン 40m FT8 20時17分
2008HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。
18666km飛んだ。



VE7DX カナダ 80m FT8 21時18分
2227HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

N6HE USA CA 80m FT8 22時47分
1597HzでCQを出していたので422Hzでコールを続けたが 空振りだったのでコールを中止すると応答があった。



2020年4月15日
4G1DIF フィリピン 10m FT8 13時56分
CQにオンフレでコールすると応答があった。



R4HG ロシア 17m FT8 15時34分
858HzでCQ出していたので426Hzでコールをしたが他局に負てしまいコールを中止。
しばらくすると急に応答があったのであわててRレポートを何回も送るとやっと「RR73」が返ってきた。

AH6HY ハワイ 40m FT8 18時52分
623Hzに出ていたが338Hzでコールすると応答があった。



CE3ALY チリー 40m FT8 20時45分
2044HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



WH6HI ハワイ 80m FT8 21時44分
1202Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。



VE7TOM カナダ 80m FT8 22時08分
561Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

2020年4月14日
KD0WQC カリフォルニア州 40m FT8 22時40分
2337HzでCQ出していたが620Hzでコールでコールすると応答があった。

W6PNG 州 40m FT8 22時40分
2052HzでCQ出していたが290Hzでコールすると応答があった。

2020年4月12日
KN6FDP カリフォルニア州 40m FT8 22時40分
2337HzでCQ出していたが620Hzでコールでコールすると応答があった。

2020年4月12日
R3VA ロシア 17m FT8 15時27分
2053HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

R3RZ ロシア 17m FT8 16時13分
1260HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

LY5O リトアニア 17m FT8 16時35分
876Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

SP3GHC ポーランド 20m FT8 20時50分
572Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年4月11日
UY5VA ウクライナ 17m FT8 15時32分
859HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

RA3LD ロシア 17m FT8 15時47分
1323HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

UT2IP ウクライナ 17m FT8 16時10分
オンフレでコールすると応答があった。



SP7ATA ポーランド 17m FT8 16時38分
1007HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

SP7AM ポーランド 17m FT8 17時34分
1119HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

UR5ECW ウクライナ 17m FT8 17時46分
2265HzでCQ出して「たが444Hzでコールすると応答があった。

SP7HKK ポーランド 17m FT8 17時53分
704HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

NC7L USA アリゾナ州 40m FT8 22時08分
2323HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

2020年4月10日
ZL1HD ニュージーランド 12m FT8 11時27分
オンフレでコールすると応答があった。

FK8CE ニュー カレドニア 12m FT8 11時39分
1510Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

VK2IO オーストラリア 17m FT8 15時32分
オンフレでこーるすると応答があった。



R207RRC ロシア 30m FT8 20時33分
IOTA expedition AS-207, Kosa Dvukh Pilotov Island, Chukchi Sea Coast Centre group
1442Hzに出ていたが459Hzでコールすると応答があった。

WG7X USA ワシントン州 80m FT8 22時12分
2287HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

KG6OW USA カリフォルニア州 80m FT8 22時24分
853HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

VK5ZX オーストラリア 80m FT8 23時12分
1297HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。

2020年4月9日
LZ2INP ブルガリア 17m FT8 16時39分
713HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

OH5STAYHOME フィンランド 20m FT8 20時49分
1889Hzに出ていたが496Hzでコールすると応答があった。
いくつかの国のプリフィイクで他のモードでもQRVしている模様。

R7IW ロシア 17m FT8 22時20分
オンフレコールすると応答がありました。



2020年4月7日
XE1KK メキシコ 17m FT8 11時09分
745Hzで出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

UY7QN ウクライナ 17m FT8 15時42分
799HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

LA5SJA ノルウェー 17m FT8 16時49分
1549Hzに出てまいが444Hzでコールすると応答があった。



HP1RY パナマ 40m FT8 21時01分
2151Hzに出ていたが203Hzでコールすると応答があった。
Digital Mode DXCC Newdた。



2020年4月6日
RN5AA ロシア 17m FT8 07時00分
1873HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



KG4IJS USA フロリダ州 40m FT8 21時56分
1214HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。。
カリブが目の前。

KD7WPJ USA アリゾナ州 40m FT8 22時31分
2656HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年4月5日
EW1I ベラルーシ 17m FT8 20時10分
1581HzでCQ出していたが441Hzでコールするとすぐに応答があった。

CT1EGW ポルトガル 17m FT8 20時24分
204Hzと低いところでCQ出していたが430Hzで数回コールすると応答があった。

SM7CAD スエーデン 17m FT8 20時42分
1627HzでCQ JA出していたが430Hzでコールすると応答があった。



K8IA USA アリゾナ州 40m FT8 22時49分
2089HzでCQ出していたが338Hzでコールすると応答があった。

2020年4月4日
VK1JT オーストラリア 20m FT8 17時29分
900HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



VK3BNR オーストラリア 40m FT8 22時16分
CQにオンフレでコールすると応答がありました。

2020年4月3日
R2EC ロシア 17m FT8 15時59分
1514HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。



YO3GTP ルーマニ 17m FT8 16時41分
2148HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

S51TA スロベニア 20m FT8 21時10分
2343HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

KD6WW USA カリフォルニア州 40m FT8 23時30分

2020年4月2日
IK2EGL イタリア 17m FT4 17時18分
940HzでCQ出していたが437Hzでコールしたが空振りだったのでしばく受信していたら応答があった。

DK7TX ドイツ 20m FT4 17時42分
CQにオンフレでコールすると応答があった。

RW1CW ロシア 20m FT4 20時03分
1988HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

RA1OD ロシア 20m FT4 20時57分
CQにオンフレでコールすると応答があった。



R8XF ロシア 20m FT4 21時16分
CQにオンフレでコールすると応答があった。

2020年4月1日
ZM1LC ニュージーランド 17m FT8 16時01分
1723HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。



E75C ボスニア ヘルツゴビナ 17m FT8 21時51分
2095HzでCQ出していたが415Hzでコールすると応答があった。

TOPへ戻る 一番上に戻る