運用日記

毎日の運用の中からいくつかQSOした局を紹介します。

2017年9月25日
●AL2V アラスカ 20m FT8 11時00分
午前中は北米方面がよく見えていて久しぶりにアラスカとQSOできた。
アラスカからはWL7CGがアクティブでコールサインをよく見る。

●IC8ATA イタリア 17m FT8 16時01分
夕方から17mにQSYした。ヨーロッパ中部方面がよく見えてきたてまずはイタリアとQSOできた。
送ってきたレポートには-10なのでコンディションがいい。

●F5NBQ フランス 17m FT8 18時51分
この時間帯になってヨーロッパ中部か西部方面まで見えてきた。
F5NBQは20mのPSK31とJT65でQSOしているので今回で3回目のQSOになる。

●RA4FAU ロシア 20m FT8 20 時46分
20時過ぎから20mが賑やかなのでQSYした。
北欧からスペイン、アイルランドやイングランド方面が見えているがコールすれど応答がない。
「Pskreporter」を見ていてもこちらの信号はアイルランドやイングランドの局にはモニターされていないのでどうも電波は届いていないようだ。かろうじてロシア方面までは届いているようだ。



2017年9月24日
●SV1FJF ギリシャ 20m FT8 15時27分
今日は早い時間帯からヨーロッパが見えている。
通常は東ヨーロッパのロシア方面から見えてる場合が多いがコンディションがいいときは昼過ぎからヨーロッパが見えてくるときがある。
ギリシャの局もFT8にアクティブでうれしい限りだ。

●OH8MSI フィンランド20m FT8 18時52分
サフィックスがPCのマザーボードメーカーと同じなので親近感がわく(笑)

2017年9月23日
●3D2AG フィジー 17m FT8 10時21分
今朝は17mのコンディションがよくオセアニア方面がよく見えていた。
3D2AGは20mのFT8に続いて2回目のQSOだった。
残念ながらeQSLはNGとのこと。

●4S7VG スリランカ 20m FT8 20時42分
久しぶりのスリランカ。インド方面はなぜか相性がよいい。
17mのFT8に続いて2回目のQSOだった。

●DH9DX フィンランド 20m FT8 12時19分
北欧までオープンしてきてFBなコンディションだった。今日はヨーロッパ方面がVY FBだった。

●OM8GT スロバキア 20m FT8 22時14分
スロバキアも久しぶりだった。お隣のチェコもそう見かけることはない。
eQSLもすぐに届いた。



2017年9月22日
●UN7FU カザフスタン 17m FT8 16時55分
40m、20m、17m、15mのPSK31、17mのJT65に続いて7回目のQSOでした。

2017年9月21日
●FO/DF1YP フレンチポリネシア 20m FT8 16時37分
この局はアクティブにQRVしてくるが何回コールしても応答がなく他のJA局もDX局とQSOしているのを見たことが無かった。
今日はコールするとスンナリ応答があってちょっと驚いた。

2017年9月20日
●IU4APO イタリア 20m FT8 15時58分
ヨーロッパ方面が安定して見ている。中部ヨーロッパ方面の局が多ku ロシアの局も多く見えている。



2017年9月19日
●E76C ボスニア-ヘルツゴビナ 17m FT8 18時25分
久しぶりのボスニア-ヘルツゴビナだった。コンディションがよく北欧方面まで見えていた。

2017年9月18日
●E6AG ニウエ島 20m FT8 10時35分
南太平洋の島で比較的珍しい。9月14日にも17mでQSOできている。

2017年9月17日
●CE1OEB チリ 20m FT8 13時06分
久しぶりに南米が見えた。チリも久しぶりのQSOだった。エクアドルも見えたのでコールして応答があったが残念ながら尻切れになってしまった。

●CX5RZ ウルグアイ 20m FT8 14時40分
ウルグアイも久ぶりのQSOだった。南米が結構見えている。
eQSLもすぐに届いた。



2017年9月16日
●VK2MBK オーストラリア 15m FT8 10時40分
今日は15mのコンディションが良さそうなので久しぶりに15mにQRV。
VK2MBKとは15mのPSK31に続いて2回目のQSOだった。
12時03分にはVK4TMZともQSOできた。

●LY1CZ リトアニア 20m FT8 21時42分
ヨーロッパ方面がFBに見えていて中部方面までFBに入感していた。



2017年9月15日
●XE2CQ メキシコ 20m FT8 10時51分
夏枯れの時期は中南米方面はあまり見えなかったが久しぶりにメキシコが見えた。
最初オンフレでコールしても他のJA局に取られるので100Hz UPでコールしてもダメだった。試しに100Hz Downでコールしてみると応答があった。

●VU2EKJ インド 20m FT8 21時15分
ヨーロッパ方面がFBに見えてはいたが何回コールしても応答がなく相手もCQを繰り返している。
時々こんな現象があり一方通行になっているようでヨーロッパ同士でQSOしているのをよく見かける。
その中にVU2EKJが見えたのでコールするとすぐに応答があった。どうもインドとは相性がよく結構QSOできている。



2017年9月14日
●E6AG ニウエ島 20m FT8 17時51分
南太平洋のニウエ島は他のモードでも珍しい。
過去には1991年2月9日に40mのCWでQSOしている。JT65ではE6TEとQSOできている。

●SV1CNS ギリシャ 17m FT8 21時01分
コンディションが上がってきてからギリシャもよく見えるようになった。

●E73DN ボスニアヘルツゴビナ 17m FT8 21時05分
ボスニアヘルツゴビナは最近見かけなくなっていたが久しぶりにQSOできた。



2017年9月12日
●S58N スロベニア 20m FT8 17時43分
久しぶりのスロベニア。毎晩ヨーロッパ方面がオープンするので楽しみになる。

●OE5RI オーストリア 20m FT8 17時56分
オーストリアもFT8では久しぶりになる。ヨーロッパ中部方面までよく見えている。
eQSLもすぐに届いた。



2017年9月11日
●KH6Y ハワイ 20m FT8 15時27分
日中はハワイ、オーストラリア方面がよく見えていた。SNも100越えの日もあり秋のコンディションになってきている。

●SV1CNS ギリシャ 20m FT8 20時44分
夜になるとヨーロッパ方面がオープンして賑やかになる。ギリシャもアクティブにQRVしている。

2017年9月10日
●ZP5YW パラグアイ 20m FT8 14時14分
見つけてから何回もコールして何回も他局に負けてやっとQSOができた。
Digital Mode DXCC NEWだった。。

2017年9月9日
●FK8HA ニューカレドニア 20m FT8 18時04分
ニューカレドニアではFK8GXと並んで非常にアクティブな局。何回待たされたのちやっとQSOできた。



2017年9月8日
●LU5DT アルゼンチン 20m FT8 20時17分
この夏からFT8モードにQRVを始めて最初の南米の局だった。南米がこの時間に見えるのも久しぶりだった。
FT8モードでの1stアルゼンチン。



2017年9月7日
●AL7TC アラスカ 17m FT8 17時40分
FT8モードでの1stアラスカ。夕方になっても北米方面がよく見えている。

●HB9ELE スイス 17m FT8 20時54分
PS31で1回、JT65で3回のQSOに続いて5回目のQSOだった。FT8モードでは1st QSOだった。



2017年9月6日
●UK8FF ウズベキスタン 17m FT8 20時38分
中央アジアのウズベキスタウンはあまり見かけない。「xxスタン」の国でアクティブなのはカザフスタンだが近くのウクライナほどでもない。
ましてやその周りのトルクメニスタンやタジキスタン、アフガニスタン、キルギスなどはほとんど見かけない。、
アフガニスタンはPSKモードではT6T、T6TM、T6THと3局もQSOしているがJT65やFT8などではまだQSOできていない。

2017年9月5日
●FK8GX ニューカレドニア 20m FT8 14時53分
FK8GXはニューカレドニアから非常にアクティブな局でJT65でもよく見えていた。最近FT8でも見かけるようになり何回もコールするがいつも空振りだった。今日もコールするも何回かふられたがやっと応答があってQSOができた。
QSLマネージャーは有名なW3HNK。

●KH6AP ハワイ 30m FT8 17時40分
夕方になって「pskreporter」を見ると30mが北米方面へのパスがFBだったので20mからQSYしてみた。すぐにKH6APのCQが見えたのですかさずコールすると応答があり無事にQSOが完了。
30mで初めてのハワイだった。

2017年9月4日
●TX5EG フレンチポリネシア 17m FT8 11時27分
20mのFT8に続いて2回目のQSO。FT8での需要が尽きてきたのかコールする局が少なくなってきた。



●HA1RB ハンガリー 17m FT8 18時16分
FT8モードでの1Stハンガリーだった。ヨーロッパ方面がオープンしていてもFT8モードではハンガリーはあまり見かけなかった。

●IT9PQJ イタリアシチリア島 17m FT8 21時00分
FT8モードでは初めてのシチリア島。そのすぐ近くのサルジニア島(IS0)も見ていたがQSOできなかった。



2017年9月3日
●KM6JD アメリカ ネバダ州 ラスベガス 20m FT8 17時08分
日中は北米方面がよく見えているがコールしても中々応答がない場合が多いがこの日はすぐに応答があった。
eQSLもすぐに届いた。



●TA4LYL トルコ 17m FT8 21時38分
トルコの局はたまに見えてはいたが中々QSOにはいたらなかった。
いつも他のJAがQSOしているのを指をくわえて見ていた。
TA4LYLのCQを見つけたのですかさずコールしたら運よく応答があった。
しかし相手からの「RRR」が届くまでは心配だったが無事にQSOが終了した。
Digital Mode DXCC NEWだった。



●SV6DBL ギリシャ 17m FT8 22時46分
今夜はヨーロッパ方面が大オープンで賑やかだった。ギリシャも時々見かけるがそう多くない。
SV6DBLもコールするとすぐに応答があった。
まだまだヨーロッパが見えているが今夜はこれでQRT。



2017年9月2日
●LY2BAW リトアニア 17m FT8 20時33分
今日もヨーロッパ方面のコンディションがよく北欧方面まで見えている。
FT8モードでの1stラトビアだった。

●ZS2I 南アフリカ 17m FT8 22時06分
久しぶりに南アフリカ方面が見えたのですかさずコールするとラッキーなことに応答があった。
ここもFT8モードではNEWだった。

2017年9月1日
●OE6ATD オーストリア 20m FT8 20時44分
そろそろ秋のコンディションになってきたのか20mのコンディションがFBだ。ヨーロッパから中東、オーストラリア方面がオープンしている。中東方面ではヨルダンやバーレーンも見えていたがQSOにはいたらなかった。
珍しく南米方面も見ていたのでコールしたがQSOできなかった。これからコンディションも上がってくるものと思われるので楽しみだ。
OE6ATDはFT8モードでの初めてのオーストリアだった。

●9N1AA ネパール 20m FT8 22時03分
最近見かけるようになった。オンフレでコールするも他局に負けてしまう。どちらかと言えば近場なので飛ぶような気がする。
100Hz UPでコールすると運よく応答があった。QSLカードはN4AAまで。eQSLはすぐに届いた。



2017年8月31日
●SM2EKA スウェーデン 20m FT8 18時45分
今日は20mのコンディションがよくヨーロッパ方面がFBに見えている。北欧方面まで見えるのは久しぶりだ。

2017年8月30日
●TX5EG フレンチポリネシア 20m FT8 16時44分
最近よく20mにQRVしているがパイルがひどく中々QSOできなかった。100Hz UPでコールすれどカスリもしない。ローカルの市の局もQSOしているのにこちらは全く歯がたたない。
しばらくして中国の局が100HzほどDOWNでコールして応答があった。こちらも同じように100Hz DOWNでコールするとラッキーなことに応答があった。
しかしうっかりレポートを送らずに「RRR」を送ってしまった。あわててレポートを送りなおしてみると相手から「RRR」が返ってきたのでホッとした。FT8は送信と受信時間が15秒なのでよそ見などできない。とにかくPC画面を凝視していないといけないので大変。
FT8モードでNEWがひとつ増えた。



●JT1BU モンゴル 20m FT8 21時25分
この局も最近見え始めた。何回かコールしてやっとQSO完了。QSLカードはDirect Onlyとのこと。
FT8モードNEW。

2017年8月29日
●KG7CW アメリカ アイダホ州 20m FT8 15時22分
午後になっても北米が見えている。通常は午前中で見えなくなる場合が多い。
FT8モードでの1stUSAだった。

2017年8月28日
●3W3B ベトナム 20m FT8 16時24分
17mのFT8に続いて2回目のQSO。

2017年8月27日
●4SVG スリランカ 17m FT8 17時07分
夕方になって見え始めた。他のJA局のQSOが終わるころを見計らって100HzUPでコールすると応答があった。
FT8モードでのNEWがまた一つ増えた。



2017年8月26日
●VE7SV カナダ 20m FT8 14時26分
何回かコールしてやっとQSOできた。デコードしない時間もあったのでコンディションがよくないのかも知れない。FT8モードでの1st カナダだった。

2017年8月25日
●SM6BZV スウェーデン 17m FT8 23時47分
FT8モードでの1stスウェーデン。日付が変わるころになってもヨーロッパ方面が見えている。

2017年8月25日
●A45XR オマーン 17m FT8 20時10分
20mに続いて2回目のQSO。100Hz UPでコールするとすぐに応答があった。最近アクティブにFT8モードでQRVしてくれる。



2017年8月22日
●IS0OCR サルジニア島 17m FT8 22時51分
100Hz UPで何回かコールしたが応答がなくあきらめて送信をSTOPした後ですぐ応答あり慌てた。
S-16/R-01でQSO。こちらの電波はわりと強く届いていたようた。
FT8モードでのNEWだった。

2017年8月21日
●3W3B ベトナム 17m FT8 20時31分
今夜は17のFT8でヨーロッパ方面がVY FBでたくさんのDXが見えている。ベトナムの3W3Bは最近見かけるようになった。オンフレでコールしても応答がないので送信周波数を100hz UPでコールするとすぐに応答があった。
FT8モードNEW。

●EI4KF アイルランド17m FT8 20時48分
ヨーロッパの奥深くまでよく見えてきた。アイルランドのEI4KFは20mと17mのJT65にルづいて3回目のQSOだった。
FT8モードNEW。

●EU7A ベラルーシ 17m FT8 21時17分
15mのPSK31、17mのJT65で2回に続いて4回目のQSOだった。もう長い間お付き合いして頂いている。
S-12/R-10でQSO。

●IK2TDM イタリア 17m FT8 21時35分
本日初めてのイタリア。
S-12/R-10.でQSO。

●F5PAC フランス 17m FT8 22時20分
100Hz UPでコールするとすぐに応答があった。S-10/R-10でQSO。

●SV2BXZ ギリシャ 17m FT8 22時24分
1st FT8のギリシャだった。
S-18/R-15でQSO。

2017年8月19日
●4Z5MU イスラエル 20m JT65 20時17分
今夜はコンディションがよくなくてヨーロッパ方面はあまり見えていなかったがポツンとCQが見えた。最初は他のJAに取られていたが100Hz UPのスプリットでコールすると応答があった。
eQSLもすぐに届いた。



2017年8月18日
●VU2LBW インド 20m FT8 20時41分
インドは「バンガロール」の「Lucky」さん。ヨーロッパ方面のコンディションはよくなかったがインド方面はなぜかよく飛んでくれる。
20m、17m、15mのJT65に続いて4回目のQSOでFT8ではNEWだった。



2017年8月17日
●KH0/W5SEA マリアナ諸島 20m FT8 16時57分
オペレーターは杉山さん。昨年の8月12日に17mのCWでもQSOしていただいてる。QSLはeQSLかLoTWのみで紙のQSLカードは不要とのこと。



2017年8月16日
●GI4SNA 北アイルランド 17m FT8 23時8分
今夜は遅くになってもコンディションがよくヨーロッパの奥深いところまで見えるようになった。北アイルランドはJT65でも珍しい。FT8ではNEWである。

●IZ8GNR イタリア 17m FT8 22時54分
2回ほどコールしたら「NO DECODE YOU」「CALL SPLIT」と送ってきたので100HzほどUPでコールすると応答があった。現地ではQRMやノイズ多いのかも知れない。



●S58T スロベニア 17m FT8 12時39分
今日はヨーロッパ方面のコンディションがよかった。スロベニアの「MIRO」さんは17mのJT65に続いて2回目のQSOだった。



●K7XC ネバダ州 17m FT8 15時50分
FT8での北米は他のJAがQSOしているのは見えるが北米の局がJAに応答しているのは見えない。やはりタワーにビームでないと今のコンディションでjは北米方面は見えないと思っていた。
そこにK7XCのCQが見えた。すかさずコールして何とかQSO完了。FT8モードでの初めてのアメリカだった。

2017年8月15日
●F4GFP フランス 17m FT8 22時36分
FT8モードでの1stフランスである。今日はコンディションがよくてヨーロッパ方面がFBに見えている。過去に17mのJT65で2回QSOしており3回目のQSOだった。



2017年8月14日
●UN8PC カザフスタン 17m FT8 20時34分
今日はちょっとコンディションがよくなくFT8モードではヨーロッパ方面が見えない。JA局の中にはヨーロッパ方面とQSOしているようだがヨーロッパの局が応答しているのはこちらではデコードできない。やはりビームでないと無理な日が続く。
なんとかアジア方面は見えている中カザフスタンのおなじみ局であるUN8PCがCQを出しているのが見つけてQSO完了。 PSK31とJT65に続いて5回目のQSOになる。



2017年8月12日
●OH1MRE 17m FT8 18時48分
この日は夕方から17mのFT8モードで北欧まで見えてきた。フィンランドのOH1MREのCQが見えたのですかさずコール。すぐに応答がありWSJT-XのオートシーケンスであっというまにQSO完了。
17mのJT65に続いて3回目のQSOだった。eQSLもすぐに届いた。



2017年8月11日
●VU2LBW インド 20m JT65 17時05分
15m、17mのJT65に続いて3回目のQSO。オペレーターはLuckyさん。



2017年8月6日
●EA6VQ バレアレス諸島(スペイン) 17m FT8 22時17分
17mのJT65に続いて2回目のQSO。久しぶりにコンディションが良くてFT8モードではヨーロッパの奥深くまで電波が届いた。



2017年8月3日
●VU2NKS インド 17m JT65 13時56分
ヨーロッパが見えていたがコールすれど他のJA局に負けてしまう。コンディションが良くないのでビームアンテナでないと太刀打ちでき無い。
そんな中インドのVU2NKSのCQが見えたのでコールしてみると応答があった。インド方面とは相性がいいのか結構応答してくれる。



2017年8月1日
●5W1SA サモア 20m FT8 13時56分
サモアの佐久間さん。サモアからアクティブでJT65でもQSO頂いてるがFT8では1stである。

2017年7月30日
●FK8HA ニューカレドニア 20m FT8 17時30分
FT8モードでのニューカレドニアとの1st QSO。JT65でもアクティsブにQRVされている局だ。

●A45XR 20m オマーン FT8 20時35分
最近免許が下りた新しいデジタルモードの「FT8」モードでのQSO。FT8の運用周波数は14.074Mhzになる。
送信と受信の時間は15秒なのでJT65に比べて交信時間が短縮されてFBだまた。オートシーケンスのおかげで送受信が自動になるので楽である。
CQが見えたのですかさずコールすると運よく応答があり無事にQSO完了。交信時間もJT65にくらべてグッと少なくてあっと言う間にQSO完了。

●T88GA パラオ 17m 22時52分
パラオからQRVの「Tetsuya Sakabe」さん。コロール島の「VIP GUEST HOTEL RADIO ROOM」からアクティブにQRVされていた。ここはJAからもDXペディションでよく利用されている。

2017年7月16日
●ZS2AL 南アフリカ連邦 17m 13時29分
ヨーロッパがそんなに見えていないのに南アフリカとQSOできることがある。JT65の伝搬状況を確認できる「pskreporter]で確認するとよくわかる。 自分の信号が南アフリカの局にモニターされてるのが確認できる。それは確実にその局まで飛んでいることになる。

2017年7月16日
●A41KT オマーン 17m 22時55分
久しぶりのDigital Mode DXCC NEWである。これまでオマーンはたまに見えていたがQSOまではいたらなかった。
JT65はコンディションがいいと釣り竿アンテナでもこのような局とQSOできるのが面白い。CWやSSB、RTTYならドッグパイルになっているだろう。



2017年7月10日
●SV8DTD ギリシャ レスボス島 17m 22時26分
`エーゲ海の東に浮かぶ島でトルコ共和国が目の前にある。

2017年7月9日
●ZS2ACP 南アフリカ連邦 17m 22時51分
ヨーロッパにまぎれてCQが見えた。あわててコールしたが他のJAに負けてしまった。そこで送信周波数を100HzアップしてZS2ACPが73を送ったのを確認してコール。うまく応答がありQSOできた。
この日はケープタウンローカルのZS1CDGともQSOできた。



2017年7月8日
●ES3RM エストニア 20m 22時08分



2017年6月22日
●T88RR パラオ 20m 9時22分
中部太平洋のパラオからJA6UBY田尻OMが6月16日から23日までQRVされた。



2017年6月12日
●VU2IT 17m 22時16分 インド
結構アクティブな局でよくCQを出している局だ。



2017年6月11日
●ZS6JHG 南アフリカ 17m 22時50
時々ヨーロッパに紛れて南アフリカが見えるときがあり、うっかりしていると見逃してしまう場合も多い。
JAからも結構コールされていて中々QSOのチャンヅが回ってこない。そこでいつのもテクニックで送信周波数を100HZアップしてコールすると応答がありQSOできた。

2017年6月4日
●AP2HA パキスタン 17m 22時26分
AP2HAはアクティブにQRVしてくるが数局QSOしたらすぐに見えなくなるので短時間の勝負だ。100HZほど送信周波数をアップしてコールすると応答があり無事にQSO。

2017年6月4日
●P29LL パプアニューギニア 15m 10時56
コンシディションが良くない今の時期に15mにQRVすることは少ない。「Pskreporter」とHamspots」を見ているとP29LLパプアニューギニアがレポートされている。 早速15mにQSYしてしばらくみていると「P29LLが」見えたのでコールして無事にQSOが完了。
パプアニューギニアはPSK31ではQSOしたことがあるがJT65では初めてだった。



2017年5月18日
●FK8CE ニューカレドニア 20m 15時06分
DOMさんとは17mでもQSOしている。アクティブな局ですある。
素晴らしいロケーションで移動運用路とはなんと贅沢なことだろう。



2017年5月7日
●YL2GJX ラトビア 17m 23時01分
バルト三国ラトビアのYevgenyさん。QTHはRiga(リガ)でリガ湾近くの街である。すぐそばをダウバワ川が流れている。



2017年5月7日
●EI7HDB アイルランド 17m 22時26分
今日はヨーロッパの奥までも見えている。久しぶりにアイルランドとQSO。



2017年5月7日
●KH6BE ハワイ 17m 15時01分
ホノルルのRobertさん。日中は17mのコンディションがあまりよくないので夕方までは20mの方がFBだ。



2017年5月6日
●LX1DA ルクセンブルグ 17m 21時05分
ツクセンブルグは、北はベルギー、東はドイツ、西はフランスと国境を接する小国である。ヨーロッパがオープンしてもルクセンブルグはあまり見かけない。

2017年5月5日
●SV1RZE ギリシャ 17m 23時00分
SV1RMAに続いて23時00分にギリシャのSV1RZEとQSO。今夜はヨーロッパ中部方面へのコンディショインが良い。ギリシャ方面が見えるのも最近は珍しい。



2017年5月5日
●SV8RMA ギリシャ 17m 22時46分
21時をすぎるとヨーロッパ方面がオープンしはじめてたまにしか見かけないギリシャのSV8RMAが見えたのでコールしてS-22/R-20でQSOできた。
続いて23時00分にSV1RZEともS-01/R-05でQSOできた。



2017年5月5日
●ON6UF ベルギー 17m 23時48分
日付がかわるころになってもヨーロッパが方面がよく見えていた。23時48分にベルギーのON6UFとQSOできた。



2017年5月4日
●5B4AIF キプロス 17m 21時34分
コンディションがよくヨーロッパが見えていたので試しにCQを出してみたらコールがあった。
「Norman's Club Station」というクラブ局である。
キプロスはトルコの南にある地中海に浮かぶ島で英国主権キプロス基地(ZC4)もある。



2017年5月3日
●A61QQ アラブ首長国連邦 17m 17時23分
アラブ首長国連邦のアブダビからQRVしているObaidさん。結構アツティブである。
QSLマネージャーはA61BK。



2017年5月2日
●LX1TI ルクセンブルグ 17m 20時50分
久しぶりにルクセンブルグとQSO。レポートは「S-21/R-16」。
ヨーロッパがオープンしてもルクセンブルグはあまり見かけない。

2017年4月30日
●E51WL 北クック諸島 15m 13時43分
北クック諸島のE51WLは最近よく見えるようになった。南クック諸島もよく見えることあるが北クック諸島は珍しい。
南クック諸島より北へ約1350kmの位置にありアメリカンサモア諸島(KH8)のすぐ東に位置している。
QSLカードはビューロー経由では送れずQSLマネージャーも不明。SASEダイレクトで送ると日数がかったがQSLカードが送られてきたとの話があるのでSASEダイレクトで請求してみることにした。



2017年4月29日
●EA6VQ バレアレス諸島(スペイン) 17m 22時03分
今夜は17mのコンディションがよくヨーロッパの深いところまで見えている。時間的には21時JSTを過ぎるころから少しづつ西ヨーロッパ方面が見えてくる。北欧方面が先に見えてからスペインあたりまで見えることがある。
22時03分にEA6VQが見えた。地中海に浮かぶスペイン領のバレアレス諸島だ。すかさずコールしてみると応答があり「S-18/R-19」でQSOできた。オペレーターはGABRIELさん。QTHはバレアレス諸島で一番大きなマヨルカ島にあるパルマ。



2017年4月25日
●3D2TS フィジー 15m 14時52分
久しぶりに15mを見ていたらフィジーの3D2TSが見えた。コールしてみると運よく応答があり「S-03/R-09」でQSO完了。オペレーターはPhillipさん。
フィジーからは3D2MPがアクティブだがQSLカードは発行していない。3D2TSはQSLマネージャーがFK1TSになっているのでOKだろう。



2017年4月23日
●KH6KG ハワイ 80m 22時45分
80mのJT65は運用周波数は3531KHZで国内の局が多くQRしている。DX局はそれより上の3576KHZにQRVしているがJAからはオフバンドになるのでQRVすることができないがたまに3531KHZにDXが出没することがある。
22時45分にポツンとハワイのKH6KGがCQを出しているのが見えたのですかさずコールしたところ応答があった。80mでは初めてのハワイである。レポートは「His-17/My-17」だった。オペレーターはROBERTさん。

2017年4月18日
●T88IH パラオとQSO 20m 18時38分
パラオも比較的アクティビティが高く日本人の局が運用することもある。このT88IHも日本人の運用である。オペレーターは SHIOTAさん。パラオのコロール島にあるVIP Guest HotelからQRVされていた。



2017年4月17日
●FK8HM ニューカレドニアとQSO 20m 16時12時38分
ニューカレドニアは結構アクティブな局が多く15m~20mのJT65でよく見かけるがこの局は1St QSOだった。

2017年4月8日
●EU1DX ベラルーシ 20m 14時14時38分
オペレーターはGENNADYさん。QTHはMINSKでベラルーシのほぼ万真ん中にある首都である。
 ベラルーシは東にロシア、北はラトビア、西はリトアニアとポーランド、南はウクライナに挟まれた内陸の国である。

2017年4月7日
●T2TT ツバル 17m 14時12分
「JT9」でQSO。ツバルはJT65ではT2UF、T2GCとQSOできているがJT9では初めてのQSOだった。
後日SASEで請求したQSLカードが届いた。



2017年4月5日
●FK8CE ニューカレドニア 17m 11時42分
4月に入って春のコンディションになってきてオセアニア方面も見えるようになってきた。11時42分にニューカレドニアのFK8CEとQSO。この局とは15mと17mのPSK31、17mのCWでQSOできているおなじみの局である。
レポートは「His-17/My-27」でこちらのレポートがちょっと悪い。

2017年3月28日
●「Digital Mode DXCC」アワード取得
念願だった「Digital Mode DXCC」のアワードが届いた。PSK31とJT65モードで12年かかって完成したので非常にうれしいことである。
昔のDXCC申請にはQSLカードをARRLへ送ったりハムフエアなどのハムのイベント会場でQSLカードをチェックしてもらていたが
今は「LoTW」にQSOデータをアップロードするだけでDXCCアワード申請まで可能になり楽になったが費用は約4000円かかった。



2017年3月27日
●SM2SUR スエーデン 17m 18時33分
コンディションが上がってきて夕方以降にもヨーロッパが見えるようになって久しぶりに北欧が見えてきて18時33分にスエーデンのSM2SURと「His-13/My-08」でQSOできた。

2017年3月26日
●EW8W ベラルーシ 17m 16時27分
SN(サンスポットナンバー)も数日ゼロの日が続いていたがやっと20くらいまで上がってきた。17mでもヨーロッパの中部方面も見えるようになってきた。ときには北欧までみえることがありうれしいことである。
16時27分にベラルーシのEW8WがCQを出していたのでコールしてみたところ運よく応答がった。レポートは「My-05/His-05」だった。オペレーターはAlexさん。
QRZ.comによるとQSLカードはビューロー経由では受け付けない.。ダイレクトのSAEかLotWのみとのこと。ビューロー経由で送ってきてもQSLカードは発行しないらしい。e-QSLもNGの模様。

●S52NR スロベニア 17m 18時19分
この日中部ヨーロッパ方面がFBに見えていてスロベニアのS52NRが見えたのでコールし「My-21/His-21」でQSOできた。



2017年3月24日
●FO5QBフレンチポリネシア 17m16時24分
午後から20mを見ていたが夕方になり17mにQSYした。夕方になると17mのコンディションが上がってくるからだ。
16時24分にフレンチポリネシアのFO5QBが見えた。FO5はJT65ではニューである。すでに数局のJA局とQSOしている模様。そこで送信周波数を100HZ UPにしてコールすると応答があった。レポートは「My-12/His-06」だった。



2017年3月16日
●YO6BHN ルーマニア 20m 14時07分
珍しく20mでお昼過ぎからヨーロッパがが見え始めた。
14時07分にYO6BHNのCQを見つけてコール。運よく応答があり「His-17/My-24」QSOできた。この時間帯にヨーロッパが見えるのは東ヨーロッパのロシア方面が多いが中部ヨーロッパが見えるのは珍しい。



2017年3月6日 3月6日
●VR2XMT 香港 10m 18時6分
この日は夕方になってもヨーロッパ方面が見えず近場しか見えなくなった。サンスポットナンバーが低くQRZ.comのサイトを見ても「SN=0」の日が続く。この日は夜になってもコンディションが悪く近場しか
たまには30mでもと思い降りてみると18時6分に香港のVR2ZMTが見えたのでコールしてみた。「My-16/-His23」でQSO完了。

2017年3月5日
●IW6CZF イタリア 17m 20時18分
午後になると20mでヨーロッパが見え始めるが夕方になってくると17mでもヨーロッパ方面オープンしてくる。しかし日没を迎えると少しづつコンディションが落ちてきてヨーロッパが見えなくなるが今日は日没後でもヨーロッパが見えている。
20時18分にイタリアのIW6CZFと「My-20/His-11」でQSOできた。



●SP5UAM ポーランド 17m 20時36分
17時36分にはポーランドのSP5UAMとQSOできた。レポートは「My-18/His-16」。オペレーターは「MIROSLAW」さんでQTHは首都「ワルシャワ」。



●BD7BW 中国 40m 21時46分
この時期は17mはコンディションがいいときでも21時をすぎるころにはヨーロッパも見えなくなったくるので40mに降りてみた。40mもコンディションのいいときには北米やオーストラリア方面が見えるのだが今は近場しか見えない。よく見えているのが中国の局だが中国の局は2andQSOの局が多い。
21時46分にBD7BWが見えた。Hamlogで確認すると1stの局だった。すぐコールすると応答があり「My-12/His-13」でQSOできた。



2017年3月4日
●YT7AW セルビア 17時34分
夕方からヨーロッパ方面が見えてきてセルビアのYT7AWとQSOできた。セルビアは旧ユーゴスラビアの国だ。南部にはコソボがある。レポートは「My-22/His-18」だった。



●K6BRN アメリカ カリフォルニア州 10時04分
17mも20mも午前中は北米方面がFBに見えている。10時04分にアメリカのK6BRNが見えたのでコールしてみた。運よく応答があり「My-20/His-18」のレポートを交換。久しぶりの北米局だった。



2017年3月3日
●VU2WJ インド 17m 17時10分
カザフスタンとのQSO後しばらくワッチを続けているとインドのVU2WJのCQが見えたのですぐにコールしてみた。しかし他のJA局にとられてしまった。
QSOが終わるのを待って送信周波数を上にずらしてスプリットでコールしてみたらうれしいことに応答があった。JT65では複数の信号もデコードしてくれるのでFBである。レポートは「My-22/His-18」だった。



●UN7GBY カザフスタン 17m 16時8分
今日はお雛まつり。YLのおられるところではお雛様を飾っているのではないかと思われる。中にはシャックがお雛様で占領され無線機の前に行けないOMもおられるのではないかと思われる。ローカルのOMも2andさんが子供のころは同じようなことが起こっていたらしい。
お雛様の季節になるとコンディションも春めいてハイバンドも活気づいてくるので楽しみである。タラーもビームアンテナもない釣り竿アンテナを窓から突き出している身にとっては春のコンディションは待ち遠しい。
夕方の17mのコンディションも良くなって16時8分にカザフスタンのUN7GBYを発見。すかざずコールすると応答があり「My-21/His-17」でQSO。
カザフスタンはお隣のウクライナに比べるとアクティビティは低い。ウクライナはヨーロッパになるがカザフスタンはアジアになる。



2017年3月2日
●UT5KD ウクライナ 20m 20時14分

夜になるとハイバンドのコンディションが落ちで40mや80mに下りることも多いが今夜は20mのコンディションが落ちず20時を過ぎても東ヨーロッパ方面が見えていた。
20時14分にウクライナのUT5KDを見つけてコール。「My-25/-His-18」でQSO。レポートが良くないのはやはりコンディションが落ちてきているからだと思われる。
UT5KDは2月22日にも15mでQSOできているので2回目のQSOだった。

2017年3月1日
●S55DX スロベニア 17m 17時26分
17mのコンディションがFBなのでモニターから目が離せない。続けてスロベニアのS55DXのCQを見つけてコール。ありがたいことに応答があって「My-16/His-14」でQSO。久しぶりのスロベニアである。



IZ5EKX イタリア 17m 17時16分
ラトビアのLY3IVとQSOしばらくしてイタリアのIZ5EKXをQSOできた。レポートは「My-18/His-14」。



●LY3IV ラトビア 17m 16時40分
17mも夕方になるとヨーロッパの中部当たりが見えてくる。16時40分にラトビアのLY3IVを見つけてコール。「My-25/His-25」でQSO。オペレーターはRolandasさんでQTHはUkmergeで首都のヴィリニュスの北にありリトアニアの中部に位置している。
eQSLもすぐに届いた。



●JT1CS モンゴル 17m 11時14分
KF6HIとQSO後しばらくすると最近17mに出没するようになったJT1CSが見えた。JT1CSはPSK31でもQSOしておりJT65では40m、20m、15mでもQSOしているアクティブな局だ。17mではまだQSOできていない。
コールするも何回ふられたあとやっと応答があり「My-17/His-07」でQSOできた。モンゴルは過去にPSK31も含めて数局QRVしているがJT1CSはアクティブな局である。

●KI7FGX アメリカ アリゾナ州 17m 10時42分
遅い朝食を終えた10時過ぎにエッチラオッチラ窓から釣竿アンアンテを突き出して無線業務を開始した。午前中の北米方面は20mの方がパスが開けているようなのだがあまに17mもFBな時もある。
 しばらく17mを見ていると10時42分にKF6HIのCQが見えたのですかさずコールしてみたら応答があった。レポートは「My-14/His-10」だった。
その後しばらく他の北米局が見えないかワッチしていたがこのHF6HIがアクティブにCQを出しているだけで他の北米局は見えなかった。そのうち卜部とのパスが落ちたのかKF6HIも見えなくなった。

2017年2月27日
●UY5AX ウクライナ 17m 16時54分
大体昼過ぎから夕方までは20mの方がヨーロッパへのパスがいいが夕方になると17mでヨーロッパ方面が見えてくるので夕方は17mを見ていることが多い。
16時54分にウクライナのUY5AXのCQが見えたのでコールしてみた。運よく応答があり「My-23/His-23」でQSOが完了した。



●OK2JNB チェコ 17m 15時56分
今日も17mはヨーロッパ中部までオープンしていて賑わっている。ときにはスペインまで見える日も出てきた。しかしまだコンディションがよくないのか残念ながら応答がない。
そんな中でOK2JNBのCQを見つけた。チェコである。すぐにコールすると応答があり「My-08/His-17」で無事QSOが完了した。



2017年2月26日
●OH4SS フィンランド 17m 17時37分
この日も17mはFBなコンディションでマレーシアの9M2TO、タイのE20SJCとQSOできた。しばらくするとフィンランドのOH4SSのCQを見つけコールしてみた。すぐに応答があり「My-18/His-12」でQSOできた。



2017年2月25日
●EU7A ベラルーシ 17m 16時01分
最近17mのコンディションがいいので連日17mを見ていることが多い。昼過ぎから東ヨーロッパ方面が見え始めて夕方になると中部ヨーロッパまで見えるようになった。
この日も中部ヨーロッパ方面がFBに見えていてベラルーシのEU7AがCQを出しているのが見えた。すかさずコールしたところ応答があり「My-25/His-14」でQSOできた。

2017年2月24日
E51WL ノースクック諸島 17m 11時47分
E51WLは最近17mで見かけるようになった。しかしきまぐれで2~3局QSOしたら見えなくなることが多い。この日もCQが見えたのですかさずコールしたが他のJA局に取られてしまった。
オンフレではタワーにビームの局に負けるので次は送信周波数をすこし高い方にずらしてスプリットでコールしてみた。JT65は同時に複数デコードできるのでうまくいけば応答があるかもしれない。運よくこちらに応答があり「My-01/His-09」のFBなレポートを頂いた。
ノースクック諸島はJT65モードでは1stである。サウスクック諸島は他のモードでもノースクック諸島に比べるとアクティブですでにE51RRをコンファームしている。PSK31ではE51KBR、E51XGI、E50BとQSOできている。これでDigital Mode DXCCが101になった。



●W4UAT アメリカ カリフォルニア州 17m 11時24分

午前11時ごろになると17mも北米方面もコンディションが落ちてくる。この日はまだ北米が見えていてW4UATがCQを出しているのを見つけてコール。無事に応答があり「My-13/His-03」でQSO完了。
名前はCHARLESさん。QTHはカリフォルニア州のリバモア。サンフランシスコの東の方にある街のようである。 eQSLもすぐに届いた。



2017年2月23日
●F1FJR フランス 16時34分
17mも夕方になるとだんだんとヨーロッパの深いところが見えてくるようになった。1月中は見えるのはぜいぜい東ヨーロパ方面ばかりだった。
久しぶりに15mに上がってみるとフランスのF1FJRが見えたのでコールするとうまく応答があり「My -11/His -20」でQSOができた。久しぶりの15mでのフランスとのQSOだった。eQSLも早々と届いてFBだった。



2017年2月21日
●E75C ボスニア ヘルツェゴビナ 16時53分

エストニアのES2MAとQSO後にE75CがCQを出しているのを見つけた。久しぶりのボスニア ヘルツェゴビナである。早速コールすると応答があり「-21」のレポートをいただく。こちらかも同じく「My-21/His」のレポートを送った。
冬のコンディションになってからはこのあたりの局はほとんど見えなかったが春のコンディションになってき証拠である。

●ES2MA エストニア 17m 16時31分
夕方の17mではヨーロッパの深いところまで見えるようになってきたのでFBである。
エストニアのES7MAが見えたのでコールすると応答あった。久しぶりのエストニアである名前はMartさん。レポートは「His-19/My-12」であった。

2017年2月19日
●IZ3QAQ イタリア 17m 17時45分
コンディションが上がってき昼過ぎからヨーロッパ中部まで見えるようになってきた。
17時45分にイタリアのIZ3QがCQを出していたのでコールすると応答があった。名前はMarcoさん。QTHはThieneである。
最近アクティブにQRVしている局でこの局以外にはイタリアの局は見えないことが多い。



2017年2月15日
●OH1MRE フィンランド 17m 17時33分
ハイバンドのコンディションが上がってきて17mでも昼過ぎからヨーロッパが見えるようになってきた。夕方には中部方面まで見えるようになった。
17mで17時33分にフィンランドのOH1MREがCQを出しているのが見えたのですぐにコールすると応答があり「-16」のレポートをもらった。こちらからは「-22」のレポートを送った。久しぶりのフィンランドである。



2017年2月12日
●VK2LJM オーストラリア 80m 22時34分
夕食後しばらく30mを見ていたが芳しくなかったので80mに降りてみた。ノイズレベルが9+10dbあるが国内は結構見えている。
しばらく見ているとオーストラリアのVK2LJMがCQを出しているのが見えた。すかさずコールするが他のJA局にとられてしまった。
送信周波数を100HZほどUpにしてQSOが終わるのを待ってからコールしてみたがまたまた他のJA局にとられてしまった。
しばらく待つと再度CQを出し始めたので100HZUpのままでコールしてみたがこちらに気づかずまたCQを出し始めたのでコールしてみたが空振りだった。しかし誰も気づかないのか他の局がコールする気配がない。
3回目のCQのあと送信周波数を元にもどしてオンフレでコールしてみた。すると応答があり「-25」のレポートをらった。こちらからは「-24」のレポートを送ったがラッキーだった。
eQSLも早く届き80mによるJT65のDXCCが2エンティティーになった。



2017年2月9日
●P29LL パプアニューギニア 17m 17時51分
P29LLとは2016年9月17日にも17mでQSOしているのだがその時はこちらからレポートを送っても返事がなく尻切れ状態になっていてスッキリしなかった。今回は2回目のQSOとなるが無事に「-20/-11」でQSOが完了して安心した。
QSLマネージャーはスペインのEA7FTRでダイレクトのみのようで3ドルを送るようにとなっている。また切手を送ることのないようにと注意があった。もし送ってきたらQSLカードはビューロー経由で送るとのこと。とりあえず3ドル同封でQSLカードを送った。



2017年2月5日
●OM5XX スロバキア 16時39分

夕方になると17mも中部ヨーロッパ方面が見え始めた。コンディションが少しづつ上がってきた模様である。時にはドイツやスイス・フランスあたりも見えることがある。
スロバキアのOM5XXがCQを出しているのが見えたのでコールしてみたが他局に取られて応答なし。しばらく待ってコールするが空振りばかりである。
そこでいつものテクニックである送信周波数を100HZほどずらしてコールすることである。同じ周波数でコールするとやはりタワーにビームの局に負けてしまう(パワーを上げるのはルール違反)のでスプリットでコールする。CWでDXをコールするには常套手段ではある。ラッキーなことに応答があり「-15/-15」でQSOできた。

ZL1LC ニュージランド17m 14時53分
17mでFK8GXとQSO後もオセアニア方面が見えていてニュージーランドのZL1LCがCQを出しているのが見えたのでコールしてみた。運よく応答あり「-11/-15」でQSOできた。
ZL1LCとも過去に20mと15mのPSK31とJT65でQSOできているので今回のQSOは5回目になる。結構アクティブな局である。eQSLもすぐに届いた。



●FK8GX ニューカレドニア 17m 13時32分
少しコンディションが上がってきたのかお昼過ぎからヨーロッパやオセアニア方面が見えるようになった。
最近17mで見かけるようになったFK8GXがCQを出しているのが見えた。すかずコールするが他のJA局に取られてしまい中々応答がない。JA各局はおなじみさんで結構飛ばしている方が多い。たぶんタワーにビームをお持ちの局と思われる。そんな方と競争しても勝ち目はないのでじっと耐えてまつしかない。
FK8GXとは20mと15mのPSK31でもQSOしており当時は「また出てる」と思うくらいアクティブな局であった。
オンフレでコールしても他局に負けるので送信周波数を100HZずらしてコールしてみた。いわゆるスプリットである。すると他局とQSO後こちらをコールしてくれ「-09/-13」でQSO完了した。JT65は同時に複数デコードするので他局とQSO後に応答してくれるので助かる。
 
2017年2月3日
●W7THY アメリカ ユタ州 80m 23時39分
昨日に続いて80mでユタ州のW7THY JOHNさんと「-24/-24」でQSOできた。今回も一発コールだった。JAのコールサインの中にポツっと表示されるので目が離せない。
JAがQRVしている3531KHZに気が付いてQRVしてくれるDX局がもっと増えてくれるとうれしいのだが。
画像の巨大なループアンテナは磁気ループアンテナでVY FBである。

2017年2月2日
●N6WS アメリカ カリフォルニア州 80m 22時24分

日没後はハイバンドのコンディションが悪く17mも20mもDXが近場しか見えなくなるので80mで国内QSOでAJAアワードを追いかけている。
80mでのJT65の周波数はJA局は3531KHZでDXは3576KHZに多くQRVしているが3576KHZはオフバンドになるのでJA局はQRVはできない。DXが3531KHZにQRVしてくれるのを待つだけである。たまに極東ロシアが見えることもあるがQSOには至っていない。
この日も80mで国内QSOしていたがN6WSのCQが見えたので慌ててコールするとすぐ応答あり「-18/-23」でQSOできた。80mでの初めての北米である。彼とは40mでもQSOできているので今回が2回目のQSOである。翌日にはeQSOも届いた。



●LW2DOD アルゼンチン 20m 15時01分
少しづつハイバンドのコンディションが上がってきている。午後になると20mや17mでヨーロッパ方面も見えるようになってきた。
LW2DOD HORACIOさんとは「-22/-15」でQSOできた。久しぶりの南米である。eQSLもすぐに届いた。



2017年1月24日
●XX9ET マカオDXCC NEW 17m 17時06分
XX9ETは時々20mや17mに出没していたが中々捕まらなかった。
CQを出す間もなく次から次へとコールされていてなかなかQSOにいたらない。
そこで送信周波数100HZほどずらしてスプリットでコールしてみたら応答があった。
JT65は複数デコードしてくれるので送信周波数をずらしてコールすると他の局とのQSOが終わったあとでこちらをコールしてくれることがよくある。
これでQSOベースでDigital DXCCが100になった。
後はLotWでOKになればDXCC 100コンファームになるので楽しみだ。

●LW1EK アルゼンチン 20m 14時47分
久しぶりに20mでアルゼンチンのLW1EK ADRAIANさんとQSOできた。
少しづつコンディションが上がってきているようだ。

2017年1月21日
●VK1MA オーストラリア キャンベラ 17m 13時33分
今日は窓からの日差しもあり昨日の寒風も収まって気持ちがいい。
「pskreporter」を見ていると20mも北米方面コンディションがいいようだが17mもそこそこコンディションがよさそうである。
JAに混じってオーストラリアのVK1MAがCQを出しているのを見つけてコールすると応答があった。
今日はオーストラリア方面がオープンしている



2017年1月18日
●T88UW パラオ 20m 13時43分

昨日の30mに続いて20mでもパラオのT88UWとQSOできた。
今日はパイルも少なくCQを見つけてコールするとすぐに応答があった。



2017年1月17日
●T88UW パラオ 30m 20時37分
T65のDXクラスターである「hamspots」にパラオのT88UWがスポットされるようになった。
しかしJAからのパイルも多くコールしても中々QSOにいたらない。
そこで送信周波数を100HzほどUPしてスプリットでコールしてみたが残念ながら他のJA局に取られてしまった。
しばらく次のチャンスを待っているとうれしいことにT88UWからコールがあった。
どうやら同時にデコードされていて他のJA局とQSO後にこちらをコールしてくれたのであった。
SSBやCWでもスプリットコールをよくやるがJT65は複数の局を同時にデコードしてくれるのでうれしい。



2017年1月11日
●9K2GS クエート からQSLカード到着
2016年8月16日に17mでQSOした9K2GSのQSLカードが届いた。
SASEで請求していたのだがなかなかQSLカードが送られてこないので心配していた。
縦長のQSLカードで素晴らしいタワ-とアンテナで羨ましい限りである。



2017年1月10日
●AP2AM パキスタン 20m 1月10日
最近はサンスポットナンバーがゼロの日が続き日中はハイバンドは20m以外コンディションがよくない。
その20mも日没を迎えるとコンディションが落ちてくるのでローバンドへ降りることになる。
しかし今日は20mのコンディションがそんなに悪くなく20mでパシキスタンのAP2AMがJAとQSOしているのが見えた。
送信周波数を100HZほど上にずらしてコールしてみるとすぐに応答があり「-10/-14」でQSOできた。
彼とは15mでもQSOしていてQSLカードもコンファームしているがQSLカードはeQSLかダイレクトなので今回はeQSLのみの交換にした。



2017年1月9日
●ZL1BDW ニュージーランド 30m 16時55分
日没を迎えると20mのコンディションがドンドン落ちてくる。
今日はCW以外にはあまりQRVすることのない30mに降りてみた。
するとニュージーランドのアクティブ局であるZL1BDWがCQを出しているのが見えたので早速コールしてみたところ運よくお応答があった。
彼とはすでに20mと15mでもQSO済みのおなじみさんである。
「-21/-10」とこちらかのレポートは良くないが先方には結構強く届いているようである。



2017年1月8日
●T8CWからeQSL到着
昨年の12月30日に30mのJT65でQSOしたパラオのT8CWからeQSLが届いた。
紙のQSLカードはQSLマネージャーのJA0FOXに請求するともらえるのでこちらはJARL経由で送った。



TOPへ戻る 一番上に戻る