運用日記

毎日の運用の中からいくつかQSOした局を紹介します。

2020年11月22日
EA6BH バレアリック諸島 20m FT8 16時24分
1009HzでCQ出していたが2539Hzでコールを続けると応答があった。

LU5EW アルゼンチン 20m FT8 16時33分
200Hzと引くいところでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



WV6E usa カリフォルニア州 30m FT8 16時56分
367HzでCQだしていたが437Hzでコールすると応答があった。

LU8EU アルゼンチン 30m FT8 17時49分
2570HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



NA5Q USA ルイジアナ州 40m FT8 20時42分
2403Hzに出ていたが2335Hzでコールすると応答があった。

NL0H USA アラスカ州 40m FT8 22時48分
396Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

NW5H USA ネバダ州 40m FT8 22時49分
2367Hzに出ていたが2367Hzでコールすると応答がった。

2020年11月21日
VE7KDU カナダ 20m FT8 05時57分
732Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

K1IT USA サウスカロライナ州 40m FT8 20時45分
2053Hzに出ていたが2440Hzでコールすると応答があった。

2020年11月20日
LU1HW アルゼンチン 20m FT8 13時03分
408Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。

EA8KK カナリー諸島 17m FT8 17時57分
1304Hzに出いしたが426Hzでコールすると応答があった。

LW2EIQ アルゼンチン 40m FT8 18時30分
724HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。



CM2RSV キューバ 40m FT8 21時15分
2313HzでCQ出していたが2953Hzでコールすると応答があった。
最初数回コールを続けても応答がないためコールを中止すると応答があった。
ジャマイカは振られたがなんとかキューバを捕まることができた.

AB9M USA イリノイ州 40m FT8 21時58分
2471Hzに出ていたが2953Hzでコールすると応答があった。

KI8JP USA オハイオ州 40m FT8 22時00分
AB9MとのQSOが終わった後にコールされった。

KZ9DX USA イリノイ州 40m FT8 23時13分
1642Hzに出ていたが2748Hzでコールすると応答があった。
今夜はイリノイ州がよく見えている

2020年11月19日
OH8JJ 170m FT8 17時57分
1635Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



W0PE USA カリフォルニア州 30m FT8 10時44分
1102HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

AG9S USA イリノイ州 40m FT8 22時19分
1058Hzに出ていたが411Hzでコールを続けると応答があった。

XE2X メキシコ 40m FT8 22時45分
2722HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

2020年11月18日
LU4DJB アルゼンチン 20m FT8 13時32分
1043Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

OD5ZZ レバノン 20m FT8 15時44分
1648HzでCQ出していたが452Hzでコールを続けると応答があった。

OG55W フィンランド 20m FT4 17時32分
286HzでCQ出していたが443Hzでコールすると応答があった。

OG2P フィンランド 20m FT4 17時46分
1747HzでCQ出していたが443Hzでコールすると応答があった。

AA2MF USA フロリダ州 40m FT8 21時48分
2109Hzに出ていたが2934Hzでコールを続けると応答があった。

WB0MH USA コロラド州州 40m FT8 22時27分
1154Hzに出ていたが2751Hzでコールを続けると応答があった。

HB9CZF スイス 40m FT8 22時48分
555Hzに出ていたが459Hzでコールを続けると応答があった。



2020年11月17日
RX30DX ロシア 20m FT8 11時18分
オンフレでコールすると応答があった。

EY8MM タジキスタン 15m FT8 14時18分
2218Hzに出ていたが2583Hzでコールすると応答があった。
最初は437Hzでコールを続けたが応答がないため2583HzにUPしてコールするとすぐに応答があった。

UT1HV ウクライナ 15m FT8 15時47分
1841HzでCQ出していたが463Hzでコールすると応答があった。



RV3TG ロシア 15m FT8 14時57分
2225HzでCQ出していたが453Hzでコールすると応答があった。



PY3FBI ブラジル 30m FT8 17時06分
2203HzでCQ出していたが2422Hzでコールすると応答があった。

K9YY USA イリノイ州 40m FT8 21時36分
1253Hzに出ていたが452Hzでコールを続けると応答があった。

K9YY USA イリノイ州 40m FT8 21時36分
1253Hzにてが452Hzでコールを続けると応答があった。

W0OS USA ノースダコt州 40m FT8 22時48分
396Hzに出ていたが323Hzでコールを続けると応答があった。
1stノ-スダコタ州だった。
WAS完成まで残りはデラウエア州、メイン州、ロードアイランド州の3つとなった。



2020年11月16日
LY2J ラトビア 20m FT8 15時04分
912HzでCQ出していたが2528Hzでコールすると応答があった。
数回のレポート交換の後「RR73」が送られてこないうちに他局とQSOを始めたがRレポートを送り続けるとやっと「RR73」が届いた。

LZ2XF ブルガリア 17m FT8 15時25分
621Hzに出ていたが2528Hzでコールすると応答があった。

UT5XR ウクライナ 17m FT8 15時36分
2440HzでCQ出していたが2528Hzでコールすると応答があった。

DL8FL ドイツ 17m FT8 16時24分
2578Hzに出ていたが2433Hzでコールすると応答があった。

RX30DX ロシア 80m FT8 22時27分
1250Hzに出ていたが445Hzでコールすると応答があった。

2020年11月15日
LU8EMI アルゼンチン 20m FT8 15時28分
1867HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



K4PI USA ジョージア州 40m FT8 22時03分
2770Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。

XE2JS メキシコ 40m FT8 22時18分
866HzでCQ出していたが2554Hzでコールすると応答があった。

WQ5L USA ミシシッピ州 40m FT8 22時32分
2688Hzに出ていたが2289Hzでコールすると応答があった。



2020年11月14日
VK8NSB オーストラリア 20m FT8 10時54分
1107HzでCQ出していたが2396Hzでコールすると応答があった。

EY8MM タジキスタン 20m FT8 11時55分
1459Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。

VK3IK オーストラリア 12m FT8 14時36分
708Hzに出ていたが436Hzでコールすると応答があった。



UN7GBX カザフスタン 10m FT8 15時04分
1496Hzに出ていたが409Hzでコールすると応答があった。

VK8NSB オーストラリア 10m FT8 15時17分
1107HzでCQ出していたが2396Hzでコールすると応答があった。

VK6EI オーストラリア 15m FT8 15時34分
409Hzに出ていたが409Hzでコールすると応答があった。



CX4AD ウルグアイ 30m FT8 15時59分
2852Hzに出ていたが409Hzでコールすると応答がった。

I1RJP イタリア 30m FT8 16時517
1880HzでCQ出していたが409Hzでコールを続けても応答がないためコールを中止すると応答があった。



9K2GS クエート 17m FT8 16時417
2104HzでCQ出していたが409Hzでコールすると応答があった。

LU3ETY アルゼンチン 40m FT8 18時137
840Hzに出ていたが463Hzでコールすると応答があった。



K2KA USA マサチューセッツ州 40m FT8 18時137
2722Hzに出ていたが2521Hzでコールすると応答があった。

2020年11月13日
LU8DRH アルゼンチン 20m FT8 14時46分
816HzでCQ出していたが2125Hzでコールすると応答があった。

LU1DLO アルゼンチン 20m FT8 15時16分
1020HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

LW3DMA アルゼンチン 20m FT8 15時34分
1602HzでCQ出していたが411Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



EA5KB スペイン 20m FT8 17時20分
1920HzでCQ出していたが2554Hzでコールを続けると応答があった。



NE9U USA ウイスコンシン州 40m FT8 23時02分
1230HzでCQ出していたが2488Hzでコールを続けると応答があった。

OH1MA フィンランド 40m FT8 23時14分
710HzでCQ出していたが2488Hzでコールを続けると応答があった。

KJ6UD USA カリフォルニア州 40m FT8 23時14分
1543HzでCQ出していたが2488Hzでコールすると応答があった。

SK3W スウェーデン 40m FT8 23時51分
969Hzに出ていたが2486Hzでコールすると応答があった。

2020年11月12日
KL7DG アラスカ 20m FT8 11時23分
729Hzに出ていたが463Hzでコールをすると応答があった。

IK8OZZ イタリア 20m FT8 17時15分
431HzでCQ出していたが569Hzでコールすると応答があった。
「RR73」が届くまで数回のレポート交換があったが無事に「RR73」が届いた。

F4DIA フランス 17m FT8 17時50分
1215HzでCQ出していたが444HZでコールすると応答があった。
先日の20mに続いて2回目のQSOだった。

CX1BBN ウルグアイ 40m FT8 18時39分
1443Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

K0RS USA コロラド州 40m FT8 20時45分
1203Hzに出ていたが437Hzでコールを続けると応答があった。

N7AMA USA アリゾナ州 30m FT8 21時41分
1794Hzに出ていたが2466Hzでコールすると応答があった。

2020年11月11日
CE3TMM チリ 20m FT8 14時50分
1268HzでCQ出していたが433Hzでコールを続けると応答があった。

EC7R スペイン 20m FT8 16時33分
1091HzでCQ出していたが404Hzでコールをするとすぐに応答があった。

F4DIA フランス 20m FT8 17時30分
1349HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。



OH2ZZ フィンランド 40m FT8 21時07分
2745Hzに出ていたが444Hzでコールをすると応答があった。

2020年11月10日
PY5WW ブラジル 20m FT8 14時20分
1396Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

LU9ESD/M アルゼンチン 20m FT8 14時47分
2628HzでCQ出してまいが444Hzでコールすると応答があった。

ZL3TRR ニュージーランド 20m FT8 15時56分
795HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

SQ8GUM ポーランド 17m FT8 15時56分
313HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

K7CAR USA オレゴン州 40m FT8 18時47分
1753HzでCQ出してまいが444Hzでコールすると応答があった。

N7FN USA アリゾナ州 40m FT8 22時15分
2734HzでCQ出していたが2942Hzでコールすると応答があった。



UA0LKD ロシア 160m FT8 22時45分
1099HzでCQ出していたが393Hzでコールを続けると応答があっ」た。
160mでやっと国外とQSOできた。

2020年11月9日
R4OF ロシア 20m FT8 17時17分
1085HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

K7SHN USA ワイオミング州 40m FT8 23時09分
2041HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年11月8日
F5NBQ フランス 20m FT8 16時59分
809HzでCQ出していたが2488Hzでコールするとすぐに応答があった。



KH6M ハワイ 40m FT8 21時15分
3026Hzに出ていたが2762Hzでコールすると応答があった。

W2NDA USA コロラド州 40m FT8 21時31分
1655Hzに出ていたが2762Hzでコールすると応答があった。

N4PT USA アリゾゾナ州 40m FT8 21時42分
1154HzでCQ出していたが2762Hzでコールすると応答があった。



2020年11月6日
R4RL ロシア 20m FT8 14時48分
475HzでCQ出していたが2543Hzでコールすると応答があった。



9A9A クロアチア 15m FT8 15時35分
1217HzでCQ出していたが2455Hzでコールすると応答があった。

SV3GLL ギリシャ 15m FT8 15時59分
920HzでCQ出してましたが452Hzでコールすると応答があった。

SV2JAO ギリシャ 15m FT8 16時27分
2202Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

IK2LFF イタリア 15m FT8 17時12分
972HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

F4EZJ フランス 17m FT8 17時52分
412HzでCQ出していたが528Hzでコールすると応答があった。

HB0WR リヒテンシュタイン 17m FT8 18時00分
1458HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。



2020年11月5日
N6RH USA テキサス州 40m FT8 22時16分
537HzでCQ出していたが2931Hzでコールすると応答があった。

2020年11月3日
NJ7G USA アリゾナ州 40m FT8 22時27分
2755HzでCQ出していたが2605Hzでコールすると応答があった。

W6SDM USA アリゾナ州 40m FT8 22時48分
1506Hzに出ていたが2605Hzでコールすると応答があった。

2020年11月2日
F5SIZ フランス 40m FT8 16時54分
1579HzでCQ出していたが2455Hzでコールすると応答があった。

W6TMD USA カリフォルニア州 40m FT8 23時22分
1920HzでCQ出してまいが2136Hzでコールすると応答があった。

CX1BBN ウルグアイ 40m FT8 18時03分
1651HzでCQ出していたが2205Hzでコールすると応答があった。



2020年10月31日
W7DDE USA オレゴン州 7m FT8 09時53分
1680Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。



WB6IZG USA カリフォルニア州 17m FT8 10時16分
2408Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。



ZL1BRL ニュージーランド 17m FT8 10時35分
416Hzに出ていたが532Hzでコールすると応答があった。

2020年10月30日
WH6S ハワイ20m FT8 13時19分
799HzでCQ出していたが514Hzでコールすると応答があった。



PY2GTA ブラジル 40m FT8 17時34分
1460HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。
RR73が届かないうちにUSAの局にレポートを送っていたのでRレポートを送り続けるとやっと「RRR」が届いた。

2020年10月29日
VK1HX オーストラリア 30m FT8 17時57分
2006HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。



LU8FSD アルゼンチン 40m FT8 18時18分
2451HzでCQ出していたが2773Hzでコールを続けると応答があった。

ES5QA エストニア 40m FT8 20時28分
2400HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

W7VA USA オレゴン州 40m FT8 22時39分
2395HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



2020年10月28日
LU1CFU アルゼンチン 30m FT8 15時43分
1731Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。



ZL2BX ニュージーランド 30m FT8 17時11分
1700Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

VK2IO オーストラリア 30m FT8 17時24分
915Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。



ZL3REW ニュージーランド 30m FT8 17時32分
701Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

ZL2FT ニュージーランド 30m FT8 17時54分
2014HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

VK3VM オーストラリア 30m FT8 18時03分
601HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



2020年10月27日
F1GTU フランス 30m FT8 17時02分
57HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。
最初もらったレポートは-05で2回目は-13でしたのでQSBがあった模様。
DTが1.1秒ズレていたが問題なかった。



GW3YDX ウェールズ 30m FT8 17時13分
842Hzで「CQ AS」出していたが433Hzでコールするとすぐに応答があった。

LU8DMV アルゼンチン 40m FT8 18時20分
688HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。



VU2RC インド 40m FT8 20時29分
430HzでCQ出していたが2524Hzでコールすると応答があった。

RU3UR ロシア 40m FT8 21時12分
947Hzに出ていたが433Hzでコールするとコールすると応答った。

2020年10月26日
K6JO USA カリフォルニア 20m FT8 13時30分
2555HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

IS0KNG サルジニア 20m FT8 16時02分
1697Hzに出ていたが2052Hzでコールすると応答があった。



S57AM スロベニア 20m FT8 16時18分
664Hzに出ていたが444Hzでコールするとすぐに応答があった。



EC7R スペイン 20m FT8 16時42分
1212HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



LU9HPO アルゼンチン 40m FT8 18時34分
1052HzでCQ出していたが2440Hzでコールすると応答があった。

N0YO USA カンザス州 40m FT8 22時18分
1587Hzに出ていたが2847Hzでコールすると応答があった。

NR5O USA アリゾナ州 40m FT8 22時40分
1720HzでCQ出していたが2543Hzでコールすると応答があった。

2020年10月25日
PH7A オランダ 20m FT8 17時08分
2266Hzに出ていたが2477Hzでコールを続けると応答があった。
最初448Hzでコールしていたが応答がないため2477HzにUPしてコールすると応答があった。

EA1ALE スペイン 20m FT8 17時25分
2055HzでCQ出していたが2612Hzでコールを続けると応答があった。
中部や東部ヨーロッパ方面は応答率が悪いですが深いところは応答率がいい



OZ6HQ ベルギー 20m FT8 18時24分
2519HzでCQ出していたが2726Hzでコールを続けても応答がないためコールをSTOPすると応答があった。



S59GCD スロベニア 20m FT8 18時42分
2851HzでCQ出していたが2627Hzでコールすると応答があった。

2020年10月24日
W6TRH USA カリフォルニア州 10m FT8 09時38分
最初441Hzでコールを続けいたが応答がないため2048HzにQSYしてコールすると応答があった。



N6SS USAアリゾナ州 州 10m FT8 10時07分
2109Hzに出ていたが2388Hzでコールすると応答があった。

K6FA USA カリフォルニア州 12m FT8 10時38分
509Hz出ていたが2004Hzでコールすると応答があった。

KH6UU ハワイ 10m FT8 11時16分
1067Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

R2AE ロシア 20m FT8 15時35分
オンフれでコールスルト応答があった。



SN6P ポーランド 20m FT8 15時52分
オンフレでコールすると応答があった。

LU5MBB アルゼンチン 40m FT8 17時41分
412HzでCQ出してiいたが2550Hzでコールすると応答があった。



VK1HMS オーストラリア 40m FT8 18時27分
1303HzでCQ出してましたが2634Hzでコールすると応答があった。



W7HR USA ワシントン州 40m FT8 18時39分
1471Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

K6WRJ USA カリフォルニア州 40m FT8 21時24分
1315Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。



AG7JG USA アリゾナ州 40m FT8 21時47分
1314HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

UN3P ロシア 40m FT8 22時06分
1575HzでCQ出いましたが411Hzでコールすると応答があった。



2020年10月23日
HA7NO ハンガリー 17m FT8 14時49分
オンフレでコールすると応答がありました。



SP9UPH ポーランド 17m FT8 14時53分
1223Hzに出ていたがこちらの周波数に合わせて応答があった。

HA9HSP ハンガリー 17m FT8 15時42分
1996HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。




V7/KX4QD マーシャル諸島 40m FT8 17時44分
2019Hzに出ていたが2601Hzでコールすると応答があった。
20m/17mに続いて3Band目のQSOだった。

LU8EU アルゼンチン 40m FT8 18時24分
2282HzでCQ出していたが496Hzでコールを続けると応答があった。



KZ1W USA ワシントン州 40m FT8 22時23分
2476HzでCQ出していたが2697Hzでコールすると応答があった。



N6DNU USA カリフォルニア州 80m FT8 22時39分
2521HzでCQ ASIAを出していたが448Hzでコールすると応答があった。

AA6VB USA カリフォルニア州 80m FT8 23時00分
1263Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

2020年10月22日
WH6FZY ハワイ 40m FT8 16時56分
519HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

W6DR カリフォルニア州 40m FT8 17時05分
2564HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

NU6U カリフォルニア州 40m FT8 18時26分
405HzでCQ出していしたが525Hzでコールすると応答があった。



KH2L グアム 40m FT8 18時59分
2436HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

N7BLN USA アリゾナ州 40m FT8 20時34分
2846HzでCQ出していたが2652Hzでコールすると応答があった。



N2NL USA アラバマ州 40m FT8 21時10分
2215Hzに出ていたが2634Hzでコールすると応答があった。

2020年10月21日
R3TKM ロシア 20m FT8 14時23分
2456HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



ZL1RAH ニュージーランド 20m FT8 15時34分
904HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



IZ5MDD イタリア 20m FT8 15時54分
1243HzでCQ出していたが437Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。

UX1UA ウクライナ 12m FT8 17時56分
1412HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。
久しぶりに12mでヨーロッパがオープン。

KR0P USA ネブラスカ州 40m FT8 22時16分
2305HzでCQだ出していたが415Hzでコールすると応答があった。

2020年10月20日
EW8CM ベラルーシ 20m FT8 15時10分
1585HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

KH6/KU1CW ハワイ 80m FT8 21時24分
894HzでCQ出していたが342Hzでコールすると応答があった。

W0GJ USA アイオワ州 40m FT8 22時33分
400HzでCQ出していたが305Hzでコールすると応答があった。

KZ6A USA カリフォルニア州 40m FT8 22時46分
2270HzでCQ出していたが306Hzでコールすると応答があった。



2020年10月19日
NT6Q USA カリフォルニア州 15m FT8 11時04分
743Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

UA1OLM ロシア 20m FT8 14時05分
2158Hzで「CQ AS」を出していたが422Hzでコールすると応答があった。

3D2TS フィジー 15m FT8 14時30分
355Hzに出ていたが474Hzでコールすると応答があった。



R1TM ロシア 15m FT8 14時42分
2237HzでCQ出していたが474Hzでコールすると応答があった。



ZL2KR ニューヒーランド 30m FT8 16時40分
094HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

VK5QI オーストラリア 40m FT8 17時54分
2650HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

VK3TX オーストラリア 40m FT8 20時57分
1880HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。



K5HDU USA ユタ州 30m FT8 20時57分
111HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。




2020年10月18日
KC0V USA コロラド州 80m FT8 22時35分
600Hzに出ていたが338Hzでコールすると応答があった。

W0RIC USA アリゾナ州 80m FT8 22時53分
1000Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。



2020年10月17日
VA7GEM カナダ 17m FT8 09時38分
2331HzでCQ出していたが2832Hzでコールすると応答があった。

NJ6W USA カリフォルニア州 17m FT8 10時10分
2449HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



KN7K USA オレゴン州 17m FT8 10時34分
741HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

RK2M ロシア 20m FT8 20時49分
1724HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

ES6RQ エストニア 20m FT8 15時18分
950HzでCQ出していたが2532Hzでコールすると応答があった。

V7/KX4QD マーシャル諸島 17m FT8 16時36分
2027Hzに出ていたが2751Hzでコールを続けると応答がった。

2020年10月16日
4U75A オーストリア 20m FT8 15時02分
ARCDXC UN Club / 75 YEARS UNITED NATIONS
438Hzに出ていたが345Hzで数回コールすると応答があった。

S51DD スロベニア 20m FT8 16時44分
1671HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

K3LA USA ペンシベニア州 40m FT8 20時35分
1704HzでCQ出していたが2931Hzでコールすると応答があった。



SN5V ポーランド 30m FT8 21時37分
1303HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

RA3DX ロシア 30m FT8 21時44分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年10月15日
PY2IQ ブラジル 30m FT8 17時59分
1004Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。



N7CW USA アリゾナ州 30m FT8 22時27分
2092Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。

2020年10月14日
SP9W ポーランド 20m FT8 14時18分
1966HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

SP1FJZ ポーランド 30m FT8 20時38分
902Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

RA3UT ロシア 30m FT8 20時51分
1665Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

UA6FZ ロシア 20m FT8 21時31分
542HzでCQ ASを出していたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年10月13日
W7OK USA ワシントン州 20m FT8 10時40分
25HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

K6FA USAカリフォルニア州 20m FT8 11時21分
2504Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

OK1XP チェコ 20m FT8 14時35分
1134Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

VK2PKT オーストラリア 40m FT8 17時42分
2171HzでCQ出していたが430Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



ZL3GAV ニュージーランド 30m FT8 18時21分
254HzでCQ出していたが499Hzでコールすると応答があった。



N7BLN USA アリゾナ州 30m FT8 20時44分
593HzでCQ出しいしたが422Hzでコールすると応答があった。



KW7E USA アリゾナ州 30m FT8 21時10分
18HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。



R7MA ロシア 30m FT8 21時53分
2186HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

UW2ZM ウクライナ 30m FT8 22時23分
690HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

W7OK USA ワシントン州 30m FT8 22時45分
525HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年10月12日
OM3LK スロバキア 20m FT8 17時26分
832Hzに出ていたが403Hzでコールすると応答があった。
何回かのレポーート交換のキャッチボールがありましたが何とかRR73を貰った。

RN1ON ロシア 20m FT4 17時58分
571HzでCQJA出していたが403Hzでコールすると応答があった。



UA6FZ ロシア 20m FT4 18時42分
1030HzでCQ AS出していたが449Hzでコールすると応答があった。



2020年10月11日
WH6EY ハワイ 20m FT8 14時22分
1021Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。



SP2EWQ ポーランド 20m FT8 14時42分
562Hzに出ていたが561Hzでコールすると応答があった。



SP8AJK ポーランド 20m FT8 15時12分
1216Hzに出ていたが456Hzでコールすると応答があった。

F5GZJ フランス 20m FT8 16時37分
2346Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

EA9ACD セウタ(スペイン領) 20m FT4 17時40分
08Hzに出ていたが396Hzでコールするとす具に応答があった。
FT8ではQSO済みだったがFT4ではNew Mode QSOだった。



UR3HC ロシア 20m FT8 20時51分
こちらが561Hzでイタリアの局をコールしている最中に2065Hzでコールされた。

K7REK USA オレゴン州 40m FT8 22時20分
1507HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



VK3BQ オーストラリア 40m FT8 22時27分
1817HzでCQ出してまいが430Hzでコールすると応答があった。

K5HDU USA ユタ州 40m FT8 22時27分
1125HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



W0LV USA カリフォルニア州 40m FT8 22時27分
2754HzでCQ出していたが430Hzコールすると応答があった。



2020年10月10日
AA4M アリゾナ州 17m FT8 09時51分
1887Hzに出ていたが506Hzでコールするとすぐに応答があった。

W7KZM アリゾナ州 17m FT8 14時09分
1286HzでCQ出していたが505Hzでコールするとすぐに応答があった。

VK6AL オーストラリア 17m FT8 10時47分
1715HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

UN6TA カザフスタン 17m FT8 14時55分
2136HzでCQ出していたが440Hzでコールすると応答があった。



VK6KC オーストラリア 17m FT8 15時02分
1804HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。



SQ7HGV ポーランド 17m FT8 15時10分
2477Hzに出ていたが5448Hzでコールすると応答があった。

I4GAS イタリア 17m FT8 15時19分
1891Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

SP7BIX ポーランド 17m FT8 15時35分
1083HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。



HB9ACA スイス 17m FT8 17時06分
1303HzでCQ出しいしたが2422Hzでコールすると応答があった。



2020年10月9日
NW7M USA ワシントン州 20m FT8 10時87分
2056Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。

N3RC USA カリフォルニア州 20m FT8 11時32分
1705Hzに出てましたが441Hzでコールすると応答があ



DL3GD ドイツ 17m FT8 16時05分
004Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

IN3BFW イタリア 17m FT8 16時15分
307Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

EC5K スペイン 17m FT8 17時34分
2221Hzに出ていたが393Hzでコールを続けると応答があった。

OZ6HQ ベルギー 20m FT4 18時32分
1261HzでCQ出していたが450Hzでコールを続けると応答があった。



EU1FQ ベラルーシ 20m FT4 18時54分
1896HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。



OK2SV スロバキア 20m FT8 20時58分
2167HzでCQ出していたが448HZでコールすると応答があった。

KC6FLG USA ワシントン州 40m FT8 23時07分
1803HzでCQ出していたが338Hzでコールすると応答があった。
北欧も見えているがまだ日没に入っていないためコールしても一方通行で応答がない。



K5BUD USA オクラフォマ州 40m FT8 23時58分
2174HzでCQ出していたが331Hzでコールすると応答があった。



2020年10月8日
N7XG USA オレゴン州 20m FT8 11時17分
1113Hzに出ていたが404Hzでコールすると応答があった。

VK3JL オーストラリア 30m FT8 18時10分
2280HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。



SM3NRY スウェーデン 30m FT8 20時06分
1037Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

UN7GBX カザフスタン 20m FT8 21時04分
502HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

RK4FF ロシア 20m FT8 21時36分
2491HzでCQを出していたが450Hzでコールするとすぐに応答があった。

2020年10月7日
3D2AG 30m FT8 15時47分
338HzでCQ出していたが2008Hzでコールすると応答があった。

EA8KK 30m FT8 17時35分
1098Hzに出ていたが426Hzでコールを続けるとやっと応答があった。

SP5ATA 20m FT8 20時18分
739Hzに出ていたが2634Hzでコールすると応答があった。



OH9BS 30m FT8 21時24分
1919Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

LA2XPA 30m FT8 21時37分
2110Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年10月6日
HA1SU ハンガリー 20m FT8 16時43分
1366HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

PD75DX オランダ 20m FT8 20時49分
オンフレでコールすると応答があった。

R7CD ロシア 30m FT8 22時49分
976HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。



2020年10月5日
RA3CQ ロシア 20m FT8 14時01分
793Hzで「CQ JA」出していたが455Hzでコールすると応答があった。

SP5GMM ポーランド 20m FT8 15時39分
2306Hzに出ていたが355Hzでコールすると応答があった。



SP7IDX ポーランド 17m FT8 15時57分
こちらのCQに応答してくれた。



VK8FOES オーストラリア 40m FT8 18時19分
1107HzでCQ出してましたが389Hzでコールすると応答があった。

VK4PWG オーストラリア 40m FT8 18時33分
913Hzに出ていたが2579Hzでコールすると応答があった。



WB6OSK USA カリフォルニア州 40m FT8 22時09分
2205Hzに出ていたが353Hzでコールすると応答があった。



2020年10月4日
YJ8RN バヌアツ 30m FT8 17時05分
2011Hzに出ていたが419Hzでコールを続けると応答があった。

EA8W カナリア諸島 30m FT8 17時17分
1257Hzに出ていたが397Hzでコールを続けると応答があった。

VK6WB オーストラリア 40m FT8 20時07分
913HzでCQ出していたが474Hzでコールすると応答があった。

AJ6CE USA カリフォルニア州 40m FT8 21時06分
1202HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

XE1VY メキシコ 40m FT8 21時36分
1034Hzに出ていたが312Hzでコールすると応答があった。

2020年10月3日
VK2BNG オーストラリア 17m FT8 10時19分
598Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



R3DE ロシア 20m FT8 14時38分
1073HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

CX9BU ウルグアイ 40m FT8 18時35分
236HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



VK2WJ オーストラリア 80m FT8 20時56分
1863HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

XE2X メキジコ 80m FT8 21時38分
2441Hzに出ていたが452Hzでコールを続けると応答があった。

XX9ET マカオ 80m FT8 22時17分
2094Hzに出ていたので327Hzでコールを続けたが空振りだったのでコールを中止するとしばらくして応答があった。

K7CA USA ネバダ州 80m FT8 22時17分
2658HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

2020年10月2日
VK4CAG オーストラリア 20m FT8 16時22分
2179Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。



KB6DYA USA カリフォルニア州 40m FT8 17時30分
1000HzでCQ出していたが323Hzでコールすると応答があった。

PP5CFL ブラジル 40m FT8 18時07分
250Hzに出ていたので386Hzで数回コールしても応答がないため送信をSTOPしてしばらくするとこちらの周波数で応答があった。



OM3EY スロバキア 20m FT8 20時14分
1957HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

OE1GAQ オーストリア 20m FT8 20時23分
2817Hzで「CQ AS」出していたが448Hzでコールすると応答があった。

SP2JFF ポーランド 20m FT8 21時11分
1404Hzに出てい たが448Hzでコールすると応答があった。

HA1RB ハンガリー 20m FT8 21時46分
1157HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

2020年10月1日
VK6EI オーストラリア 17m FT8 16時56分
815Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。。
数回のレポート交換のキャッチボールがありましたが無事に「RR73」を貰った。

PY3CT ブラジル 40m FT8 18時30分
1119Hzに出てi たが602Hzでコールを続けるとこちらの周波数に合わせて応答があった。

LZ73TRC ブルガリア 30m FT8 21時11分
Thracian Rose Club - HQ
1683Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

RV6BH ロシア 20m FT4 22時12分
1880Hzに出てましたが450Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



2020年9月30日
LY7Z リトアニア 20m FT8 15時12分
1038Hzに出てまいが452Hzでコールすると応答があった。

KN6IIN USA カリフォルニア州 40m FT8 17時28分
1052HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。
日本人の方のようでFumiaki Suzukiさんだった。

KN6F USA カリフォルニア州 40m FT8 18時11分
2694Hに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。



PY2KNK ブラジル 40m FT8 18時30分
2033Hzに出ていたが435Hzでコールを続けるとこちらの周波数に下りてきて応答があった。

R4LZ ロシア 40m FT8 18時30分
1620HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

2020年9月29日
R4MA ロシア 20m FT8 15時38分
1620HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

VK3GL オーストラリア 20m FT8 16時52分
2348HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。



BG2DHH 中国 20m FT8 17時14分
オンフレでコールすると応答があった。

PP5TI ブラジル 40m FT8 18時18分
1502HzでCQ出していたが441Hzでコールを続けると応答があった。



VK2JNT オーストラリア 40m FT8 18時46分
1669HzでCQ出していたが2455Hzでコールすると応答があった。

VK4OCD オーストラリア 40m FT8 18時53分
581HzでCQ出していたが2447Hzでコールすると応答があった。

LU8YD アルゼンチン 40m FT8 20時10分
1096HzでCQ出していたが408Hzで数回コールても応答がないため送信をSTOPすると応答があった。



DM2DXA ドイツ 20m FT8 20時56分
1752HzでCQ出していたが408Hzでコールすると応答があった。

SP3DOF ポーランド 20m FT8 21時07分
2518HzでCQ出していたが408Hzでコールすると応答があった。

2020年9月28日
9A6OY クロアチア 20m FT8 15時33分
2108Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。



ZL1MTO ニュージーランド 30m FT8 17時41分
2110Hzに出ていたが433Hzでコールするとこちらの周波数に下りてきて応答があった。

PY3FBI ブラジル 40m FT8 18時49分
2006HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。
「RR73」をもらうまでちょっと時間がかかったが無事に「RR73」が届いた。



HA1BF ハンガリー 20m FT8 20時22分
1062HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

ER2RM モルドバ 20m FT8 20時42分
2108Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答がった。



IZ5CMG イタリア 20m FT4 22時50分
868HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

2020年9月26日
OE3UKW オーストリア 40m FT8 00時07分
556HzでCQ出していたが2759Hzでコールすると応答があった。
その後レポート交換を何回もやりとりしたが中々「RR73」が送ってこない。
QRMが多いのでこちらの送信周波数をあちこち変えてやっと「RR73」を貰った。



VK6AL オーストラリア 20m FT8 10時26分
オンフレでコールすると応答があった。

ZP5DBC パラグアイ 17m FT8 11時10分
2064Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答がった。

UA1WCF ロシア 20m FT8 22時16分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年9月25日
8A100GB インドネシア 17m FT8 17時34分
CELEBRATING 100 YEARS OF GEDUNG SATE
ジェダンサテの100周年を祝う記念局らしい。
ZL3NB ニュージーランド 40m FT8 17時48分
2163HzでCQ出していたが2510Hzでコールすると応答があった。

XE1YD メキシコ 40m FT8 18時34分
999HzでCQ出していたが334Hzでコールすると応答があった。

VK2FJJM オーストラリア 40m FT8 18時43分
1488HzでCQ出していたが399Hzでコールすると応答があった。



OA2TP20 ペルー 40m FT8 21時07分
56HzでCQ出していたが2759Hzでコールすると応答があった。
その後レポート交換を何回もやりとりしたが中々「RR73」が返ってこない。
QRMが多いのでこちらの送信周波数をあちこち変えてやっと「RR73」を貰った。

N5JEH USA ニューメキシコ州 40m FT8 22時23分
1901HzでCQ出していたが272Hzでコールすると応答があった。

UX5IO ウクライナ 40m FT8 23時24分
1702HzでCQ出していたが2803Hzでコールすると応答があった。

N5KO USA カリフォルニア州 40m FT8 23時33分
2714HzでCQ出していたが2759Hzでコールすると応答があった。

2020年9月24日
YO3FRI ルーマニア 20m FT8 21時34分
1995HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年9月23日
LU6DTJ アルゼンチン 40m FT8 17時19分
575HzでCQだしていたが455Hzでコールすると応答があった。
釣り竿アンテナからの電波が18600km超えて飛んだ。



VK4MOT オーストラリア 40m FT8 17時30分
501HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。

PY1SX ブラジル 40m FT8 17時41分
1500Hzに出ていたが320Hzでコールすると応答があった。

LU7BCS アルゼンチン 40m FT8 17時43分
PY1SXとQSOが完了したあと18700kmの彼方からコールされた。



2020年9月22日
R175JRGO ロシア 20m FT8 14時40分
1586HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。
ロシア地理学会175周年記念局。

OH7TV フィンランド 20m FT8 15時07分
2500Hzに出ていたが433Hzでコールするとこちらの周波数に下りてきて応答があった。

OG70AD フィンランド 20m FT4 16時49分
1224HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。

VK4CUZ オーストラリア 20m FT8 18時33分
2342Hzに出ていたが2539Hzでコールすると応答があった。



VK1HX オーストラリア 40m FT8 18時43分
2062HzでCQ出していたが2627Hzでコールすると応答があった。



R175JRGO ロシア 20m FT4 20時43分
1586HzでCQ出してましたが1934Hzでコールすると応答があった。

RW4PEI ロシア 20m FT4 21時02分
644HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。



ON6CC ベルギー 20m FT4 21時30分
982HzでCQ出していたが1934Hzでコールすると応答があった。

2020年9月21日
ZL3MR ニュージランド 40m FT8 17時38分
1082Hzに出てましたが430Hzでコールすると応答があった。

W6ASO USA オレゴン州 40m FT8 17時38分
1592Hzに出ていたが2447Hzでコールすると応答があった。

SP5ATA ポーランド 20m FT8 20時48分
オンフレでコールすると応答があった。



5P1KZX デンマーク 20m FT8 21時11分
2761Hzに出ていたが2945Hzでコールすると応答があった。



EW8AAA ベラルーシ 20m FT4 22時13分
2196HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

IY8PC イタリア 20m FT4 22時31分
2072HzでCQ出していたが1534Hzでコールすると応答があった。



2020年9月20日
IK3SCB イタリア 17m FT8 16時20分
1180HzでCQ出していたが2334Hzでコールすると応答があった。

LA5AKA ノルウェー 17m FT8 18時00分
2728HzでCQ出していたが2616Hzでコールを続けると応答があった。



3B8BAP モーリシャス 17m FT8 18時54分
2612Hzに出ていたが2843Hzでコールを続けると応答があった。



EW8W ベラルーシ 20m FT4 21時04分
1227HzでCQ出していたが2032Hzでコールを続けると応答があった。

WA5YCG USA アリゾナ州 40m FT8 22時32分
2218HzでCQ出していたが2433Hzでコールを続けると応答があった。

W4FLL ネバダ州 40m FT8 22時59分
495HzでCQ出していたが1495Hzでコールすると応答があった。



2020年9月19日
AK6R USA カリフォルニア州 17m FT8 10時45分
861Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があた。

IZ0TKD イタリア 20m FT8 21時17分
オンフレでコールすると応答があtった。



2020年9月18日
F6DZU フランス 20m FT4 21時02分
1045Hzに出ていたが2413Hzでコールすると応答があった。



2020年9月17日
RN2FA/3 ロシア 20m FT8 15時41分
2251HzでCQ出していたが459Hzで何回かコールすると応答があっした。
QRZ.comではQTHが「Kaliningrad」になっているが「/3」なのでロシア本国のようだ。

VK5RM オーストラリア 40m FT8 19時49分
1183Hzに出ていたが2770Hzでコールすると応答があった。

AP2HA パキスタン 20m FT4 20時23分
253HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

LY2CX ラトビア 20m FT4 20時32分
42HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

IY2XZ イタリア 20m FT4 20時52分
1005HzでCQ出していたが439Hzでコールすると応答があった。



R3PLA ロシア 20m FT4 21時521
オンフレでコールすると応答があった。

2020年9月16日
WT6X USA カリフォルニア州 40m FT8 17時45分
1004Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

W7AIT USA カリフォルニア州 40m FT8 18時00分
1102Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。
QSLは「NO」でいらないそうだ。

VK2POP オーストラリア 40m FT8 18時24分
1663Hzに出ていたが2136Hzでコールすると応答があった。



AH6GR ハワイ 40m FT8 18時45分
1704Hezに出ていたが554Hzでコールすると応答があった。

EM90QMR ウクライナ 20m FT4 21時27分
1127Hzに出ていたが447Hzでコールすると応答があった。

IK3ZBM イタリア 20m FT4 21時45分
1495HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

UT2UZ ウクライナ 20m FT4 22時12分
2126HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

HA7TM ハンガリー 20m FT4 22時25分
1613HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

OH5KT フィンランド 20m FT4 22時34分
1720HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



2020年9月15日
WB4JTT USA ハワイ 80m FT8 18時30分
2018Hzに出ていたが503Hzでコールすると応答があった。

DL3CR ドイツ 20m FT8 20時34分
681HzでCQ出していたが2726Hzでコールすると応答があった。



HB9OAB スイス 20m FT8 20時47分
2344HzでCQ出していたが2634Hzでコールすると応答があった。



2020年9月14日
R4YM ロシア 17m FT8 16時41分
2600HzでCQだしていたが430Hzでコールすると応答があった。
この時間(16:41 JST)はヨーロッパが見えていても応答率が悪い.

LU1JAO アルゼンチン 40m FT8 17時00分
634Hzに出ていたが2132Hzでコールすると応答があった。
この時間は(17:00 JST)はJAが日没近くになりグレーゾーンに入るのでローバンドは応答率は良い。



PP5ZP ブラジル 40m FT8 17時24分
1083Hzに出ていたが397Hzでコールすると応答があった。
南米方面のコンディションが良い。



VK4AFU オーストラリア 40m FT8 17時57分
2792HzでCQだしていたが2535Hzでコールすると応答があった。

SV2HXX ギリシャ 17m FT8 17時57分
1376Hzで「CQ JA」出していたが433Hzでコールすると応答があった。



W0BV USA コロラド州 80m FT8 22時18分
2329Hzに出ていたが455Hzでコールするとすぐに応答があった。
Hi Bandのコンディションが良くないので80mにQSYした。

2020年9月13日
P29LL パプア ニューギニア 17m FT8 20時22分
1652Hzに出ていたが2576Hzでコールを続けるとやっと応答があった。

2020年9月12日
KH6EU ハワイ 20m FT8 14時34分
2330Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

YJ8RN バヌアツ 20m FT8 14時48分
1940Hzに出ていたが2592Hzでコールすると応答があった。
ここ数日追いかけていたがやっと捕まえることができた。

OZ1ADL ベルギー 20m FT8 15時34分
970Hzに出ていたが2532Hzでコールすると応答があった。

YJ8RN バヌアツ 40m FT8 18時18分
1645Hzに出ていたが1437Hzでコールすると応答があった。
あちこち周波数を変えるので追いかけるのが大変だった。

N7FN USA アリゾナ州 30m FT8 22時44分
1732Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



K7JE USA アリゾナ州 30m FT8 22時58分
365Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。

2020年9月11日
KD7PCE USA アリゾナ州 40m FT8 18時01分
2163Hzに出ていたが2162Hzでコールすると応答があった。

J68HZ セントルシア(カリブ海) 40m FT8 18時47分
1204HzでCQ出していたが2832Hzでコールを続けると応答がありった。
Digital Mode DXCC Newだった。

RU3QR ロシア 20m FT8 21時26分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年9月10日
OK2SV チェコ 17m FT8 16時44分
1662Hzに出ていたが2517Hzでコールすると応答がった。

VK6XI オーストラリア 17m FT8 16時52分
1498Hzに出ていたが2517Hzでコールすると応答があった。

KD7PCC USA カリフォルニア州 40m FT8 17時15分
448Hzに出ていたが2429Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。

UR3QCW ロシア 17m FT8 20時07分
こちらのCQに応答してくれた。

RA3Y ロシア 20m FT8 22時11分
1508HzでCQ出していたが2389Hzでコールすると応答があった。

A61R アラブ首長国連邦 20m FT8 22時25分
1355HzでCQ出していたが2389Hzでコールを続けると応答があった。

2020年9月9日
OH3FM フィンランド 20m FT8 14時36分
1800Hzに出ていたが338Hzでコールすると応答があった。



8J1RL 南極昭和基地 18m FT8 48時36分
1410Hzに出ていたが463Hzでコールするとすぐに応答があった。



2020年9月8日
VK3FCBR オーストラリア 40m FT8 18時37分
841HzでCQ出していたが2634Hzでコールすると応答があった。

VK5LA オーストラリア 40m FT8 18時56分
2241HzでCQ出していたが2751Hzでコールすると応答があった。

HB9CXZ スイス 20m FT8 22時04分
584HzでCQ出していたが2338Hzでコールすると応答があった。



DL3TW ドイツ 20m FT8 22時15分
756HzでCQ出していたが2338Hzでコールすると応答があった。



2020年9月7日
VK6XI オーストラリア 20m FT8 14時18分
1296HzでCQ出していたが452Hzでコールを続けると応答があった。



UX1UA ウクライナ 20m FT8 14時46分
979HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

VK2AMA オーストラリア 40m FT8 17時52分
1677HzでCQ出していたが2217Hzでコールすると応答があった。



PP5JR ブラジル 40m FT8 18時47分
1277Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。
40mはJAがグレーゾーンに入るこの時間がよく飛ぶ。

N4PYI  USA インディアナ州 40m FT8 19時57分
2498HzでCQ出していたが2931Hzでコールすると応答があった。
久しぶりに40mで北米東部まで飛んだ。

EA7ALL スペイン 17m FT8 21時28分
2402Hzに出ていたが2550Hzでコールを続けるとやっと応答があった。

IZ5IIN イタリア 17m FT8 21時45分
1168HzでCQ出していたが1016Hzでコールすると応答があった。



IZ2DPX イタリア 17m FT8 22時09分
2633HzでCQ出していたが2471Hzでコールすると応答があった。

SP9QMP ポーランド 20 FT8 22時47分
1054HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。

2020年9月6日
ES2MC エストニア 17m FT8 16時27分
330HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

N3FAA USA カリフォルニア州 40m FT8 17時19分
489HzでCQ出していたが337Hzでコールすると応答があった。



OZ9EDR/P デンマーク 20m FT8 21時04分
Club station EDR Roskilde
1389HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

OH2OT フィンランド 20m FT8 21時27分
2665Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

D1DX ウクライナ 20m FT4 22時24分
570HzでCQ出していたが421Hzでコールすると応答があった。
ウクライナ内のドネツク州と思われる。



2020年9月5日
ZL3REW ニュージーランド 17m FT8 10時13分
704Hzに出ていたが2052Hzでコールすると応答があった。

VK2HV オーストラリア 17m FT8 11時03分
1165HzでCQ出していたが2052Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。



2020年9月4日
RX6AM ロシア 17m FT8 15時01分
1353HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

LU1DX アルゼンチン 40m FT8 17時18分
272Hzに出ていたが1902Hzでコールすると応答があった。



ZL4IA ニュージーランド 40m FT8 17時45分
1357Hzに出ていたが2352Hzでコールを続けると応答があった。

VK2BNG オーストラリア 40m FT8 18時17分
1580Hzに出ていたが2352Hzでコールすると応答があった。

VK4FDAD オーストラリア 40m FT8 18時47分
1710Hzに出ていたが2510Hzでコールすると応答があった。



F5MYH フランス 20m FT8 21時48分
783HzでCQ出していたが459Hzでコールを続けると応答があった。

KE6FOA USA カリフォルニア州 40m FT8 23時33分
2162HzでCQ出していたが426Hzでコールを続けると応答があった。



2020年9月3日
6E6E メキシコ 40m FT8 18時42分
489HzでCQ出していたが1990Hzコールすると応答があtった。

LU5WF アルゼンチン 40m FT8 20時19分
320HzでCQ出していたが820Hzでコールすると応答があった。

KZ5A USA ニューメキシコ州 40m FT8 20時46分
1231HzでCQ出していたが2360Hzでコールすると応答があった。



VK2ALS オーストラリア 40m FT8 21時27分
1502HzでCQ出していたが2440Hzでコールを続けると応答があった。

W7HPW USA ユタ州 80m FT8 22時33分
953Hzに出ていしたが1755Hzでコールを続けると応答があった。



2020年9月1日
LU7KAT アルゼンチン 20m FT8 14時50分
1926HzでCQ出していた437Hzでコールすると応答があった。
応答があったので「Rレポート」を送ると次のシーケンスで他の局に応答していた。
数回「Rレポート」を送ったが「RR73」が送られてこないので送信をSTOPするとしばらくしてから「RR73」が送られてきた。

AP2NK パキスタン 20m FT8 20時41分
434Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。 17mに続いて2Band目のQSOだった。

VU2MB インド 20m FT8 20時52分
820Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。
17mに続いて2Band目のQSOだった。

YO8TK ルーマニア 20m FT8 21時37分
425Hzに出ていたが532Hzでコールすると応答があった。

DL3JJ ドイツ 20m FT8 21時50分
2053HzでCQを出していたが452Hzでコールすると応答があった。



N5KO USA カリフォルニア州 80m FT8 22時30分
1833Hzに出ていたが389Hzでコールすると応答があった。



2020年8月30日
VK3GL オーストラリア 80m FT8 21時05分
1201HzでCQ出していたが437Hzでコールを続けると応答があった。



SM5EPO スエーデン 20m FT4 22時16分
937Hzに出ていたが2413Hzでコールすると応答があった。
今夜の80mは北米やオーストラリア方面にパスが開けている。

ES5RY エストニア 20m FT4 時16分
1926HzでCQ出していたが2419Hzでコールすると応答があった。

2020年8月29日
K6AAM USA カリフォルニア州 20m FT8 15時10分
オンフレでコールすると応答があった。

ZL1XS ニュージーランド 20m FT8 18時17分
1565HzCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

2020年8月28日
SM4MI スエーデン 20m FT8 21時14分
609Hzに出ていたが2650Hzでコールを続けると応答があった。

DL2KV ドイツ 20m FT4 21時35分
300Hzに出ていたが443Hzでコールすると応答があった。



OK1IWS チェコ 20m FT4 21時59分
2488Hzに出ていたが2542Hzでコールすると応答があった。

DL7UM ドイツ 20m FT4 22時16分
2815Hzに出ていたが2395HZでコールすると応答があった。



ZS6NL 南アフリカ 20m FT4 23時06分
2158HzでCQだしていたが2395Hzでコールすると応答があった。



ZS1XG 南アフリカ 20m FT4 23時51分
2453Hzに出ていたが2043Hzでコールすると応答があった。

2020年8月27日
EA3AXV スペイン 17m FT8 20時08分

2807HzでCQ出していたが2568Hzでコールすると応答があった。
すぐには応答がないだろうと思ってよそ見をしていたら応答がありちょっと慌てた。



IZ3ZTZ イタリア 17m FT8 20時30分
2889HzでCQ出していたが2517Hzでコールすると応答があった。



EA4T スペイン 17m FT8 20時54分
1510Hzに出ていたが2517Hzで何回もコールしてやっと応答があった。
今夜はEU方面へのコンディションがいい。
釣り竿アンテナでも飛んでくれている

EX8ABA キリギスタン 17m FT8 21時21分
2516HzでCQ出していたが2517Hzでコールを続けると応答があった。
残念ながらQRZ.comには情報がない。



2020年8月26日
US2YW ウクライナ 17m FT8 17時16分
792HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

IK5DNF イタリア 17m FT8 18時25分
1199HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

LZ3YY ブルガリア 17m FT8 21時45分
2036HzでCQ出していたが2421Hzでコールすると応答があった。



UN7LZ カザフスタン 20m FT8 22時24分
2359HzでCQ出していたが2014Hzでコールすると応答があった。

SP8ONN ポーランド 20m FT8 22時49分
531HzでCQ出していたが2014Hzでコールすると応答があった。



2020年8月25日
OH1O フィンランド 17m FT8 17時16分
私の信号はEA8まで届いているのに北欧は中々応答がなくやっとこの局が応答してくれた。

2020年8月24日
PA9CC オランダ 17m FT8 17時28分
760HzでCQ出していたが2414Hzでコールすると応答があった。

DL0GC ドイツ 17m FT8 18時48分
Club Station responsible: DJ7EC
2767HzでCQ出していたが2539Hzでコールすると応答があった。



F4FYE フランス 17m FT8 20時15分
2147HzでCQ出していたが2433Hzでコールすると応答があった。



OZ1AKZ デンマーク 20m FT4 21時10分
1955Hzに出ていたが2150Hzでコールすると応答があった。

K6QU USA カリフォルニア州 20m FT4 21時10分
615HzでCQ ASIAを出していたが437Hzでコールすると応答があった。

20年8月23日
LZ1LZ ブルガリア 20m FT8 14時13分
2183HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。



R1NJ ロシア 20m FT8 21時29分
オンフレでコールすると応答があった。

9A7R クロアチア 20m FT8 22時34分
2011HzでCQ出していたが2436Hzでコールすると応答があった。

2020年8月22日
GM3YTS スコットランド 20m FT4 00時04分
2244HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

NZ6Q USA カリフォルニア州 20m FT8 17時52分
1502Hzに出ていたが2399Hzでコールすると応答があった。

PA3FQA オランダ 20m FT8 18時43分
1307Hzに出ていたが2645Hzでコールすると応答があった。

2020年8月21日
W4DR USA バージニア州 17m FT8 11時03分
1852HzでCQ DX出していたが2429Hzでコールすると応答があった。



K8KI USA アラバマ州 17m FT8 11時27分
2400Hzに出ていたが2609Hzでコールすると応答があった。

DL1ARS ドイツ 17m FT8 15時28分
1701Hzに出ていたが455Hzでコールすると応答があった。

DP7D ドイツ 20m FT4 21時15分
2358Hzに出ていたが2633Hzでコールすると応答があった。

UI4I ロシア 20m FT4 21時39分
1383HzでCQ出していたが436Hzでコールすると応答があった。

OH1NJN フィンランド 20m FT4 22時06分
1499Hzに出ていたが2157Hzでコールすると応答があった。

HA9PP ハンガリー 20m FT4 22時28分
505HzでCQ出していたが2706Hzでコールすると応答があった。

UT5UGR ウクライナ 20m FT4 22時40分
1076HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

DL6ZG ドイツ 20m FT4 23時02分
1298HzでCQ出していたが2025Hzでコールすると応答があった。

EW8KT ベラルーシ 20m FT4 23時42分
323HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

i020年8月20日
ON5CD ベルギー 17m FT8 18時27分
687HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

SP95IARU ポーランド 20m FT4 21時06分
95 years of IARU and 90 years of PZK since 1st of January till 31st December 2020
1489HzでCQ出していたが406Hzでコールすると応答があった。

K6ND USA ペンシルベニア州 20m FT4 21時37分
1028Hzに出ていたが406Hzでコールすると応答があった。



2020年8月19日
UA6YW ロシア 17m FT8 16時55分
1036HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

IZ6BRN イタリア 17m FT8 17時07分
497HzでCQ出していたが400Hzでコールすると応答があった。

VU2MB インド 17m FT8 21時43分
1047Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

F2JD フランス 17m FT8 22時00分
2385HzでCQ出していたが264Hzでコールすると応答があった。

R6WA ロシア 20m FT4 22時15分
2107HzでCQ出していたが2450Hzでコールすると応答があった。



IK0OEF イタリア 20m FT4 22時53分
508HzでCQ出していたが406Hzでコールすると応答があった。



2020年8月18日
V7/KX4QD マーシャル諸島 20m FT8 14時50分
2012Hzに出ていたが406Hzでコールすると応答があった。

MW0ZZK ウェールズ 20m FT8 21時18分
1025Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

GJ0KYZ ジャージー島 20m FT4 22時09分
1708HzでCQ出していたが2421Hzでコールすると応答があった。
FT4は送信時間が短いので「RR73」をもらうまで何回もリトライがあったが無事に「RR73」が届いた。
17mに続いて2Band目のQSOだった。



PA3EPP オランダ 20m FT4 22時28分
1483HzでCQ出していたが2421Hzでコールすると応答があった。
最初応答があったとき「RR73」が届かないうちに他局とQSOを始めたので再度コールすると今度は「RR73」を確認できた。



2020年8月17日
K6ANP USA カリホルニア州 20m FT8 13時51分
740HzでCQ DXを出していたが426Hzでコールすると応答があった。

WF0GM USAコロラド 州 20m FT8 13時51分
オンフレでコールすると応答があった。

5Z4VJ ケニア 17m FT8 18時53分
2508Hzに出ていたが2869Hzでコールすると応答があった。

2020年8月16日
RA/N2TA ロシア 20m FT8 14時18分
オンフレコールすると応答があった。
クラブ局による記念局。

VK3ZW オーストラリア 17m FT8 17時48分
1007Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。



2020年8月15日
TA2LG トルコ 17m FT8 14時22分
1084Hzに出ていたが437Hzでコールを続けると応答があった。

VK4AFU オーストラリア 17m FT8 15時07分
オンフレでコールすると応答があった。

KH6EU ハワイ 17m FT8 15時26分
661Hzに出ていたが437Hzでコール続けると応答があった。

K1GUY USA ニューハンプシャー州 20m FT8 20時48分
2433HzでCQ出していたが2726Hzでコールすると応答があった。

K2TQC USA ニューヨーク州州 20m FT8 21時43分
200Hzと低いところに出ていたが415Hzでコールすると応答があった。

2020年8月14日
VE7SV カナダ 17m FT8 10時15分
2604Hzに出ていたが459Hzでコールすると応答があった。

OZ5HP デンマーク 17m FT8 16時08分
417Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。
かなり前からJAをさばいたが何回コールしても空振りなので30分くらい休憩してからコールすると応答があった。



ON8KW ベルギー 17m FT8 20時42分
2686Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年8月13日
YO7YO ルーマニア 17m FT8 17時40分
2635HzでCQ DX出していた。
最初422Hzで数回コールしたが応答がないため2836Hzに上がってコールするとすぐに応答があった。。
低い周波数はデコードしないように設定していたかも知れない。



IK4MSV イタリア 17m FT8 18時33分
418HzでCQを出すとオンフレでコールがあった。

F6CEE フランス 17m FT8 21時13分
433HzでCQ出すと895Hzでコールがあった。
DXをコールしても中々応答がないがたまにCQ出すとすぐにコールがある。

5B60AMX キプロス 17m FT8 21時44分
1507Hzに出ていたが2206Hzでコールすると応答があった。

2020年8月12日
PB7Z オランダ 17m FT8 20時34分
95HzでCQ出していたが312Hzでコールすると応答があった。

HA7XL ハンガリー 17m FT8 22時32分
1641Hzに出ていたが2023Hzでコールすると応答があった。

GJ0KYZ ジャージー島 17m FT8 22時18分
174HzでCQ出していいたが448Hzでコールすると応答があった。
Digital Mode DXCC Newだった。



2020年8月11日
LA1XJA ノルウェー 17m FT8 17時42分
356Hzに出ていたが528Hzでコールすると応答があった。
「RR73」が確認できなかったのでQSOが完了していないと思ってましたが後ほどeQSLが届いた。



F6GCP フランス 17m FT8 21時34分
2599HzでCQ JA出していたが441Hzでコールすると応答があった。

HA3LI ハンガリー 17m FT8 21時50分
オンフレでコールすると応答があった。

ON4ATW ベルギー 17m FT8 21時50分
1034HzでCQ出してi たが441Hzでコールすると応答があった。

2020年8月10日
VK4BXX オーストラリア 17m FT8 15時19分
616HzでCQ出していたが416Hzでコールすると応答があった。

ES4RD エストニア 17m FT8 15時34分
19Hzに出ていたが514Hzでコールすると応答があっした。
20mに続いて2Band目のQSOだった。

UR6IM ロシア 17m FT8 20時50分
851HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。



F6HRP フランス 17m FT8 21時00分
2299HzでCQ出してまいが2627Hzでコールすると応答があた。

ON8VK ベルギー 17m FT8 21時20分
1341HzでCQ出していたが419Hzでコールを続けると応答があった。

IV3FGT イタリア 17m FT8 21時32分
1375HzでCQ出していたが419Hzでコールする応答があった。



TA1NSK トルコ 17m FT8 22時08分
918Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



EA3IAA スペイン 17m FT8 22時13分
847Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



IW4EJK イタリア 17m FT8 22時22分
1654HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。

M3FON イングランド 17m FT8 22時39分
739HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。



2020年8月9日
KK6VRK/KH2 グアム 17m FT8 17時22分
オンフレでコーするとト応答があった。

EW6AS ベラルーシ 17m FT8 20時39分
2026Hzに出ていたが2609Hzでコールすると応答があった。



5Q3DX デンマーク 17m FT8 20時46分
2707Hzに出ていたが2609Hzでコールすると応答があった。

OH6MJM フィンランド 17m FT8 21時51分
9004Hzに出ていたが456Hzでコールすると応答があった。

2020年8月8日
VK4PR オーストラリア 17m FT8 17時10分
810HzでCQだしていたが426Hzでコールすると応答があった。

2020年8月7日
9A1CCY クロアチア 17m FT8 21時08分
152Hzに出ていたが426Hzでコールを続けると応答があった。

K4PI USA ジョージア州 20m FT8 23時22分
2806Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

I8OCA イタリア 20m FT8 23時54分
511HzでCQ出していたが2444Hzでコールすると応答があった。



2020年8月6日
VK2WJ オーストラリア 17m FT8 11時12分
1779HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。
7 回目のQSOでNew Bandだった。



TA7TC トルコ 17m FT8 20時57分
694Hzに出ていたが452Hzでコールを続けると応答があった。

EI9JF アイルランド 17m FT8 21時11分
000Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。
中々「RR73」が確認できず数回Rレポートを送り続けてやっと「RR73」が送られてきた。

G0DWV イングランド 17m FT8 22時45分
2273Hzに出ていたが2433Hzでコールを続けると応答があった。

2020年8月4日
HB9CQK スイス 17m FT8 17時16分
325Hzと低いところに出ていたが510Hzでコールを続けると応答があった。



UV1IX ロシア 17m FT8 17時145
1867HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

R2AL ロシア 20m FT8 20時255
974HzでCQ出していたが433Hzでコールを続けると応答があった。



R4PCB ロシア 20m FT4 21時10分
002HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



UX7VA ウクライナ 20m FT4 21時19分
519Hzに出ていたが447Hzでコールすると応答があった。



OG2P フィンランド 20m FT8 21時21分
2159Hzに出ていたが433Hzでコールを続けると応答があった。

OD5PY レバノン 20m FT8 22時35分
465Hzに出ていたが364Hzでコールすると応答があった。

HA9PP ハンガリー 20m FT8 22時50分
2372Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。



2020年8月3日
N6ML USA カリフォルニア州 17m FT8 14時52分
1524Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。



VU2ORQ インド 20m FT8 21時03分
706HzでCQ出していたが496Hzでコールを続けると応答があった。

VU2RC インド 20m FT8 22時28分
605HzでCQ出していたが2254Hzでコールを続けると応答があった。

OM5XX チェコ 20m FT8 22時48分
2490HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年8月2日
TA7OHM トルコ 20m FT8 22時42分
2528HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年8月1日
K6OK USA カリフォルニア州 20m FT8 14時40分
661HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

N6ML USA カリフォルニア州 20m FT8 14時58分
2297Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。



T88SS パラオ 20m FT8 17時24分
1122Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

SV2DGH ギリシャ 20m FT8 17時37分
2000Hzに出ていたが448Hzで何回も空振りでもコールを続けるとやっと応答があった。



TOPへ戻る 一番上に戻る