運用日記

毎日の運用の中からいくつかQSOした局を紹介します。

2020年8月4日
HB9CQK スイス 17m FT8 17時16分
325Hzと低いところに出ていたが510Hzでコールを続けると応答があった。



UV1IX ロシア 17m FT8 17時145
1867HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

R2AL ロシア 20m FT8 20時255
974HzでCQ出していたが433Hzでコールを続けると応答があった。



R4PCB ロシア 20m FT4 21時10分
002HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



UX7VA ウクライナ 20m FT4 21時19分
519Hzに出ていたが447Hzでコールすると応答があった。



OG2P フィンランド 20m FT8 21時21分
2159Hzに出ていたが433Hzでコールを続けると応答があった。

OD5PY レバノン 20m FT8 22時35分
465Hzに出ていたが364Hzでコールすると応答があった。

HA9PP ハンガリー 20m FT8 22時50分
2372Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。



2020年8月3日
N6ML USA カリフォルニア州 17m FT8 14時52分
1524Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。



VU2ORQ インド 20m FT8 21時03分
706HzでCQ出していたが496Hzでコールを続けると応答があった。

VU2RC インド 20m FT8 22時28分
605HzでCQ出していたが2254Hzでコールを続けると応答があった。

OM5XX チェコ 20m FT8 22時48分
2490HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年8月2日
TA7OHM トルコ 20m FT8 22時42分
2528HzでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年8月1日
K6OK USA カリフォルニア州 20m FT8 14時40分
661HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

N6ML USA カリフォルニア州 20m FT8 14時58分
2297Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。



T88SS パラオ 20m FT8 17時24分
1122Hzに出ていたが448Hzでコールすると応答があった。

SV2DGH ギリシャ 20m FT8 17時37分
2000Hzに出ていたが448Hzで何回も空振りでもコールを続けるとやっと応答があった。



2020年7月31日
ZL3RJ ニュージランド 20m FT8 15時17分
25HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

KN7K USA オレゴン州 20m FT8 15時29分
1216HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

VK2MBK オーストラリア 20m FT8 15時41分
1344HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

K0LUZ USA フロリダ州 20m FT8 20時50分
1878Hzに出ていたが496Hzでコールすると応答があった。



VU2RCY インド 20m FT8 21時10分
939Hzに出ていたが496Hzでコールすると応答があった。

DK1AX ドイツ 20m FT8 22時28分
1896HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。

G4CUS イングランド 20m FT4 22時51分
436HzでCQ出していたが436Hzでコールを続けると応答があった。
FT4は送信時間が短いのでRレポートの送信がリトライの繰り替えしになった。
一旦送信をSTOPするとやっと「RR73」が返ってきた。



MM5DWW スコットランド 20m FT4 23時05分
1432HzでCQ出していたが436Hzでコールを続けると応答があった。

SP3AMZ ポーランド 20m FT4 23時21分
1699Hzに出ていたが332Hzでコールすると応答があった。

2020年7月30日
DL6KA ドイツ 17m FT8 21時13分
1896HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。



PA1CM オランダ 17m FT8 22時14分
2308HzでCQ出していたが2539Hzでコールすると応答があった。

R3TKM ロシア 17m FT8 22時21分
オンフレでコールすると応答があった。



DL3YCX ドイツ 17m FT8 22時28分
1896HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。



2020年7月29日
W6ASO USA オレゴン州 20m FT8 16時32分
1408Hzに出ていたが408Hzでコールすると応答があった。

OH6Z フィンランド 20m FT8 21時21分
853Hzに出てi たが448Hzでコールすると応答があった。

2020年7月28日
N6HC USA カリフォルニア州 20m FT8 14時47分
1003Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。



VU2SAA インド 20m FT8 20時30分
1702HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

W4IMD USA ジョージア州 20m FT8 20時39分
2017Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。

A61ZX アラブ首長国連邦 20m FT8 22時27分
1629Hzに出ていたが444Hzで何回も何回もコールしてやっと応答があった。

2020年7月27日
UX5XK ウクライナ 20m FT8 15時10分
1616Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。
久しぶりのウクライナだった。



VU3DJQ インド 20m FT8 20時28分
1768Hzに出てましたが433Hzでコールすると応答があった。

2020年7月26日
WA7DUH USA ワシントン州 20m FT8 15時28分
1965Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。

UA1ZFM ロシア 20m FT8 21時07分
オンフレでコールすると応答がありました。

UA1OC ロシア 20m FT8 21時07分
719Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年7月25日
N6RW USA アリゾナ州 20m FT8 15時37分
992Hzに出てましたが422Hzでコールすると応答があった。



2020年7月24日
OQ4U ベルギー 20m FT8 20時34分
2105Hzに出ていたが2546Hzでコールすると応答があった。

2020年7月22日
YE9CDL インドネシア 20m FT8 14時52分
DXをコールして空振りの最中にに向うからコールがあった。

V84SPU ブルネイ 20m FT8 18時18分
Special Event Station Celebrating His Majesty's 74th Royal Birthday.
508Hzに出ていたが342Hzでコールすると応答があった。

WT8V USA ウエストバージニア州 20m FT8 24時45分
453Hzに出ていたが2308Hzでコールを続けると応答があった。

UA4WEL ロシア 20m FT8 22時53分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年7月21日
K2SD USA ノースカロライナ州 20m FT8 21時01分
1927Hzに出ていたが433Hzでコールするとすぐに応答があった。

W9DX USA イリノイ州 20m FT8 21時22分
715Hzに出ていたが997Hzでコールすると応答があった。
30mに続いて2Band目のQSOだった。

2020年7月20日
ON5CD ベルギー 20m FT8 23時13分
1934Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

2020年7月19日
FK8HM ニューカレドニア 20m FT8 15時46分
2722Hzに出ていたが422Hzでコールすると422Hzに下りてきて応答があった。

SA2BFO スエーデン 20m FT8 21時36分
2304Hzに出ていたが430Hzでコールを続けても他局に負けてばかりなので2550Hzでコールすると応答があった。

2020年7月18日
K4ZO USA ノースカロライナ州 20m FT8 21時44分
585Hzに出ていたが439Hzで何回もコールしてやっと応答があった。

9K2HS クエート 20m FT8 22時40分
2018Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答がありった。
40mに続いて2Band目のQSOだった。。

K5ZQ USA ケンタッキー州 20m FT8 22時59分
585Hzに出いしたが439Hzで何回もコールしてやっと応答があった。

2020年7月17日
SG5Z スエーデン 17m FT8 14時44分
1003Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。
JAばかりの中にポツンとこの局が見えていたがこのアンテナファームでは飛んでくるはずだ。



AI9T USA イリノイ州 20m FT8 20時30分
502Hzに出ていたが389Hzでコールすると応答があった。

2020年7月16日
IW1ARB イタリア 17m FT8 21時37分
最初452Hzでコールを続けても接近しすぎてダメなのか応答がないため2455Hzまで上がってコールするとすぐに応答があった。

F6DFL フランス 17m FT8 22時41分
894Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。

2020年7月15日
YJ40IND バヌアツ 20m FT8 15時03分
1905HzでCQ出していたが415Hzでコールを続けると応答があった。

LU6EEG アルゼンチン 20m FT8 15時03分
1831Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。



DL8LAS ドイツ 20m FT8 22時18分
93HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

2020年7月14日
VE7AV カナダ 20m FT8 11時31分
734Hzに出ていいたが336Hzでコールすると応答があった。

CX6VM ウルグアイ 40m FT8 18時39分
2568Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。

K5NZ USA テキサス州 40m FT8 18時49分
1193Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年7月13日
ZL6FTDMC ニュージーランド 20m FT8 14時53分
2366Hzに出ていたが2564Hzでコールすると応答があった。

2020年7月12日
K8GI USA オハイオ州 20m FT8 21時48分
1669Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。

K5JUC USA アラバマ州 20m FT8 22時08分
2143Hzに出ていたが2528Hzでコールすると応答があった。

W0RIC USA アリゾナ州 20m FT8 22時41分
760Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。



KC0JRW USA ネブラスカ州 20m FT8 22時51分
1226Hzに出ていたが437Hzでコールすると応答があった。



2020年7月11日
KI8JP USA オハイオ州 20m FT8 21時30分
2723Hzに出ていたが2411Hzでコールすると応答があった。

W8NU USA オハイオ州 20m FT8 22時02分
2551Hzに出ていたが2623Hzでコールを続けると応答があった。
しかし中々「RR73」がと返ってこずRレポートを送り続けてこちらの送信回数がつきて受信状態になるとやっと「RR73」が返ってきた。

K2AK USA アリゾナ州 20m FT8 22時56分
1492HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。

2020年7月10日
WB8CQV USA ウエストバージニア州 20m FT8 21時15分
2805Hzに出ていたが2938Hzで何回もコールを続けてやっと応答があった。

4Z1DZ イスラエル 20m FT8 23時41分
1778Hzに出ていたが411Hzでコールを続けると応答があった。



4X4MF イスラエル 20m FT8 23時52分
1837Hzに出ていたが411Hzでコールすると応答があった。



2020年7月9日
R7BL ロシア 20m FT8 21時14分
1144HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

UI4I ロシア 20m FT8 21時22分
208HzでCQ出しいしたが444Hzでコールすると応答があった。

RN5AA ロシア 20m FT8 21時29分
2051HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。
今夜はまだ北米が見えないのでWASハンティングはお休みでロシアハンティングになった。



N6RW USA アリゾナ州 40m FT8 22時45分
2555Hzに出ていたが375Hzでコールすると応答がありった。
久しぶりの40mでの北米とのQSOだった。



2020年7月8日
KH6FHI ハワイ 20m FT8 15時15分
2126HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。
「RR73」が返ってこないうちにCQを出し始めたのでRレポートを送り続けるとやっと「RR73」が返ってきた。



2020年7月7日
EU1FQ ベラルーシ 17m FT8 20時40分
313HzでCQ出ていたが2744Hzでコールを続けると応答があった。



KC0CF USA アイオワ州 20m FT8 21時46分
「RR73」が中々返ってこないので数回Rレポートを送るとやっと「RR73」が返ってきた。

2020年7月6日
OH6RE フィンランド 17m FT8 18時48分
2304Hzに出ていたが2740Hzでコールをすると応答があ2304Hzに出ていたが2740Hzでコールをすると応答があった。



VU3ESV インド 20m FT8 21時35分
174Hzに出ていたが441Hzでコールすると応答があった。

OH1NDA フィンランド 20m FT8 22時27分
1619Hzに出ていたが2554Hzでコールすると応答があった。



2020年7月5日
VU2HIT インド 20m FT8 21時50分
566HzでCQ出していたが448Hzでコールを続けると応答があった。

W5CIA USA ルイジアナ州 20m FT8 22時22分
2527HzでCQだしていたが411Hzでコールを続けると応答があった。
今夜は東海岸方面のコンディションが悪く中々見えなかったが中部方面まで何とか届いた。

2020年7月4日
XE1KK メキシコ 20m FT8 21時36分
882Hzに出ていたが2605Hzでコールをすると応答があった。

ZS1SC 南アフリカ 20m FT8 22時49分
2009Hzに出てまいが2496Hzでコールすると応答があっした。
ZS0RRを何回コールしても空振りだったがこの局はすぐに応答があった。

2020年7月3日
KL2R アラスカ 17m FT8 10時30分
Two Rivers Contest Club
1808Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。

AB9M USA イリノイ州 20m FT8 21時09分
600Hzに出てまいが444Hzでコールすると応答があった。

2020年7月2日
K5CKS USA アラバマ州 20m FT8 21時28分
804Hzに出ていたが2770Hzでコールを続けると応答があった。



2020年7月1日
OZ3TT デンマーク 20m FT8 15時52分
2553Hzに出ていたが2861Hzでコールすると応答があった。

9K8FTDMC クエート 20m FT8 21時32分
1758Hzに出ていたが2920Hzでコールすると応答があった。

2020年6月30日
W3FJ USA ペンシルベニア州 20m FT8 21時04分
618Hzに出ていたが2620Hzでコールすると応答があった。
ペンシルベニアはNEWだった。
残りはDE、ME、ND、RIの4州になった。

W9XB USA イリノイ州 20m FT8 22時06分
585Hzに出ていたが2854Hzでコールすると応答があった。

G0DBE イングランド 20m FT8 22時53分
1095Hzに出ていたが2561Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月29日
W2RAL USA ニューヨーク州 20m FT8 21時51分
2703Hzに出いたが2938Hzでコールすると応答があった。

AG9S USA イリノイ州 20m FT8 20時49分

2020年6月28日
KF0QR USA ミネソタ州 20m FT8 21時12分
1768Hzに出ていたが2718Hzでコールすると応答があった。

LU7HN アルゼンチン 20m FT8 21時44分
2112Hzに出てまいが2718Hzでコールすると応答があった。
40mに続いて2Band目だった。

2020年6月27日
W5VY USA アーカンソー州 20m FT8 20時30分
1298Hzに出ていたが422Hzでコールすると応答があった。

2020年6月26日
LA3BO ノルウェー 20m FT8 16時32分
514Hzに出ていたが2297Hzでコールすると応答があった。

W9DX USA イリノイ州 30m FT8 20時26分
490Hzに出ていたが400Hzでコールすると応答があった。

OH2BH フィンランド 20m FT8 21時28分
2489Hzに出ていたが2964Hzでコールを続けると応答があった。
DX界の大御所とQSOできった。

LA7WNA ノルウェー 20m FT8 22時09分
265Hzに出ていたが463Hzでコールすると応答があった。

4X1PF イスラエル 17m FT8 23時25分
2504Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年6月25日
W4UCK USA ジョージア州 20m FT8 20時20分
1981Hzに出ていたが452Hzでコールを続けても応答がないためコールを中止するとしばらくして応答があった。



KK9V USA イリノイ州 20m FT8 20時42分
2190Hzに出ていたが2854Hzでコールを続けると応答があった。

N0AT USA ミネソタ州 20m FT8 21時47分
677HZに出ていたが2583Hzでコールを続けると応答があった。

K9IO USA イリノイ州 20m FT8 21時47分
303Hzに出ていたが425Hzでコールを続けても応答がないためコール中止。
ちょっとよそ見をしていて画面を見ると応答があったのであわてて2分45秒遅れでRポートを送ると「RR73」が送られてきた。

W1YY USA ワシントン州 20m FT8 22時46分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年6月24日
DL1HDL ドイツ 17m FT8 21時47分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年6月23日
VU2CPL インド 17m FT8 10時45分
616Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

WJ2D USA ノースカロライナ州 20m FT8 20時37分
1433Hzに出ていたが430Hzでコールを続けると応答があった。



W9FFA USA テネシー州 20m FT8 20時57分
061Hzに出ていたが345Hzでコールすると応答があった。



N4ZZ USA テネシー州 20m FT8 21時11分
1120Hzに出ていたが426Hzでコールすると応答があった。

K9EL USA イリノイ州 20m FT8 21時11分
410Hzに出ていたが316Hzでコールすると応答があった。

2020年6月22日
KK7UQ USA 20m FT8 22時08分
2596HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

3B8CW モーリシャス島 20m FT8 20時14分
207Hzに出ていたが2311Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。
30m/15mに続いて3Band目のQSOった。

K0KO USA ミネソタ州 17m FT8 10時45分

2020年6月21日
KK7UQ USA ワシントン州 30m FT8 18時15分
2596HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

3B8CW モーリシャス島 20m FT8 20時14分
207Hzに出ていたが2311Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。
30m/15mに続いて3Band目のQSOった。

K0KO USA ミネソタ州 20m FT8 20時49分
1460Hzに出ていたが326Hzでコールすると応答があった。

24Z5ML イスラエル 20m FT8 22時08分
2210Hzに出ていたが2956Hzでコールすると応答があった。



OD5KU レバノン 20m FT8 22時55分
2667Hzに出ていたが3147Hzでコールすると応答があった。



2020年6月20日
N5OB USA ルイジアナ州 30m FT8 20時35分
1708HzでCQ出ていたが2435Hzでコールすると応答があった。

W6TY USA カリフォルニア州 30m FT8 20時50分
1441HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。



4S6YRW スリランカ 20m FT8 22時07分
1748HzでCQ出していたが396Hzでコールすると応答があった。

2020年6月19日
WH6EY ハワイ 17m FT8 16時27分
938Hzに出ていたが2457Hzでコールすると応答があった。



N4BP フロリダ州 17m FT8 16時27分
930HzでCQ出していたが2706Hzでコールすると応答があった。

K0XB ミネソタ州 20m FT8 21時08分
2091Hzに出ていたが2307Hzでコールすると応答があった。

A65DR アラブ首長国連邦 20m FT8 23時15分
2639Hzに出ていたが417Hzでコールを続けると応答があった。
15m/17mに続いて3回目のQSOだった。



2020年6月18日
K6EIE USA カリフォルニア州 20m FT8 15時05分
054Hzに出ていたが436Hzでコールすると応答があった。

WH6FZY ハワイ 20m FT8 15時58分
1656Hzに出ていたが2040Hzでコールを続けても応答なくコールを中止した。
しばらくすると急に応答があり、あわててRレポートを送った。
しかし「+06」のレポートをくれた割には何回Rレポートを送っても応答なし。
数回Rレポートを送ってやっと「RR73」が送られてきた。

WA7SHP USA オレゴン州 20m FT8 17時01分
オンフレでコールすると応答があった。



K0IEA USA ミネソタ州 20m FT8 18時08分
2090Hzに出ていが348Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月17日
KX7DX USA ワシントン州 30m FT8 17時58分
751Hzに出ていたが456Hzでコールすると応答があtった。

N5QS USA ワシントン州 20m FT8 21時30分
760Hzに出ていたが439Hzでコールすると応答があった。

DL1BGH ドイツ 20m FT8 22時03分
1728Hzに出ていたが2919Hzでコールすると応答があった。

2020年6月16日
V85AHV ブルネイ 20m FT8 15時16分
140Hzに出ていたが443Hzでコールすると応答があった。



OZ5XP デンマーク 20m FT8 18時48分
2166Hzに出ていたが2439Hzでコールすると応答があった。

CO2YQ キューバ 20m FT8 20時42分
1857HzでCQ出していたので439HzでGL無しでコールを続けたが応答がないので送信をSTOPすると応答がありRレポートを送ってきた。
慌ててこちらから「RR73」を送ったが相手の「73」が返ってこないうちにCQを出して他のJAとQSOを始めました。
QSOが完了したかはLoTWにUPされるまでわからない。

2020年6月15日
W6RKC USA カリフォルニア州 20m FT8 16時11分
467HzでCQ出していたが447Hzでコールすると応答があった。

N7BT USA カリフォルニア州 20m FT8 20時59分
1545HzでCQ出していたが420Hzでコールすると応答があった。



WA4MIT USA アラバマ州 20m FT8 21時40分
2618Hzに出ていたが2446Hzでコールすると応答があった。
JT65に続いて2回目のQSOだった。



NC7J USA ユタ州 20m FT8 22時40分
UTAH CONTEST CLUB
1020HzでCQ出していたが2247Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月14日
AT9SS インド 17m FT8 15時14分
1689HzでCQ出していたが450Hzでコールを続けると応答があった。

KD9V USA イリノイ州 20m FT8 21時07分
577Hzに出ていたが2468Hzでコールを続けてやっと応答があった。
その後「RR73」をもらうまでレポートを送り続けてやっと「RR73」をもらった。

N4PYI USA テネシー州 20m FT8 21時30分
339Hzに出てましたが2388Hzでコールすると応答があった。
何回かのレポートのやりとりをしてやっと「RR73」をもらった。

2020年6月13日
VU3DJQ インド 20m FT8 21時35分
267HzでCQ出していたが344Hzでコールすると応答があった。

2020年6月12日
WA6ECH USA カリフォルニア州 30m FT8 18時19分
956HzでCQ出していたが2223Hzでコールすると応答がああった。

VK1JT オーストラリア 20m FT8 20時11分
2061HzでCQ出していたが403HZでコールすると応答があった。

W0GJ USA アイオワ州 30m FT8 20時36分
10Hzに出ていたが2216Hzでコールをすると応答があった。
2019年のVP6R Ptcairn Is. DX peditionのメンバーだったらしい。
VP6Rは8BandのFT8でQSOできている

2020年6月11日
RU3FA ロシア 20m FT8 22時52分
オンフレでコールすると応答がありました。

2020年6月10日
S53EO スロベニア 20m FT8 2時07分
2364Hzに出ていたが406Hzでコールすると応答があった。

DL6ZG ドイツ 17m FT8 22時29分
1017HzでCQ出していたが2662Hzでコールすると応答があった。



2020年6月9日
5Z4/G3AB ケニア 20m FT8 20時18分
2503HzでCQ出していたが2688Hzでコールするとすぐに応答があった。
17mが混んでいたので20mへQSYしてすぐに見つけた。
15m/17mに続いて3Band目のQSOだった。

VU3TES インド 20m FT8 21時06分
2125HzでCQ出していたが2688Hzでコールすると応答があった。

VE6RST カナダ 20m FT8 22時10分
オンフレでコールすると応答があった。

KF8PD USA マサチューセッツ州 20m FT8 22時21分
1926Hzに出ていたが2673Hzでコールすると応答があった。



2020年6月8日
W5JAY USA アラバマ州 20m FT8 15時30分
2211HzにCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

AL7B USA アラスカ州 20m FT8 18時31分
897Hzに出ていたが2651Hzでコールするとこちらの周波数に合わせて応答があった。

G0DBE イングランド 17m FT8 20時41分
017Hzに出ていたが406Hzでコールを続けると応答があった。

GJ0KYZ ジャージー島 17m FT8 20時55分
944Hzに出ていたので402HzでGL無しでコールを続けると応答があったが最後の「73」が確認できなかった。
Digial Mode DXCC Newだったのに残念。
後はLoTWにUPされればラッキーだが。

LA5HX ノルウエー 17m FT8 21時15分
1452HzでCQ出していたが2662Hzでコールすると応答があった。

DG7YEO ドイツ 17m FT8 22時42分
1155HzでCQ出してi たが2540Hzでコールすると応答があった。



2020年6月7日
VK4TUX オーストラリア 20m FT8 15時32分
514HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

KL7YK アラスカ 40m FT8 20時52分
574HzでCQ出していたが200Hzでコールすると応答があった。

NC7J USA ユタ州 40m FT8 21時13分
2064HzでCQを出していたが461Hzでコールすると応答があった。



AA7EW USA アリゾナ州 40m FT8 21時28分
2156HzでCQ出していたが461Hzでコールすると応答があった。



AF6TF USA カリフォルニア州 40m FT8 22時02分
1652HzでCQ出していたが330Hzでコールすると応答があった。



VK4TUX オーストラリア 40m FT8 13時50分
1514HzでCQ出していたが450Hzでコールすると応答があった。

2020年6月6日
W5JAY USA アーカーソー州 17m FT8 14時43分
558HzでCQ出していたが439Hzでコールすると応答があった。

WH6GJU ハワイ 20m FT8 15時14分
1128HzでCQ出しいしたが447Hzでコールすると応答があった。

KU4SD USA ジョージア州 20m FT8 22時42分
1207Hzに出ていたが2775Hzでコールを続けると応答があった。



XW0LP ラオス 20m FT8 23時00分
2776Hzでコールを続けると応答があった。

2020年6月5日
OK1NP チェコ 17m FT8 21時09分
1718Hzに出ていたが2494Hzでコールすると応答があった。

F6EQZ フランス 17m FT8 23時28分
2304HzでCQ出していたが454Hzでコールすると応答があった。

2020年6月4日
W9JA USA ウイスコンシン州 20m FT8 22時16分
1134HzでCQ出していたが344Hzでコールすると応答があった。

K3QH フロリダ州 20m FT8 22時25分
2255HzでCQ出していたが388Hzでコールを続けると応答があった。

VU2EOJ インド 20m FT8 22時248
863HzでCQ出していたが388Hzでコールすると応答があった。



2020年6月3日
G0TSM イングランド 17m FT8 22時14分
150Hzに出ていたが432Hzでコールすると応答があった。

2020年6月2日
EW4A ベラルーシ 17m FT8 15時32分
1610Hzに出ていたが414Hzでコールすると応答があった。

XE1YD メキシコ 30m FT8 21時36分
1701HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。

AA4M USA アリゾナ州 30m FT8 22時44分
662HzでCQ出していたが432Hzでコールすると応答があった。

2020年6月1日
VU2TRX インド 20m FT8 21時13分
2319Hzに出ていたが470Hzでコールすると応答があった。

2020年5月30日
A61DD アラブ首長国連邦 17m FT8 18時29分
1930Hzに出ていたが414Hzでコールを続けると応答があった。

4S6NCH スリランカ 17m FT8 20時38分
1327HzでCQ出していたが2659Hzでコールすると応答があった。

IZ2KXE イタリア 17m FT8 21時08分
オンフレでコールすると応答があった。

ZS6NL 南アフリカ 20m FT8 21時38分
1071Hzに出てまいが355Hzでコールすると応答があった。



WL7CG アラスカ 40m FT8 22時30分
1947HzでCQ出していたが410Hzでコールすると応答があった。



2020年5月29日
RA3CA ロシア 20m FT8 23時57分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年5月28日
WH6HI ハワイ 30m FT8 18時14分
955Hzに出ていたが455Hzでコールすると応答があった。



VK3GL オーストラリア 30m FT8 18時56分
2035HzでCQ出していたが455Hzでコールすると応答があった。



WB5XX USA アーカンソー州 30m FT8 20時01分
オンフレでコールすると応答があった。

N0FW USA オハイオ州 30m FT8 20時15分
1526HzでCQ JA出してい」たが455Hzでコールすると応答があった。

NU1O USA マサチューセッツ州 20m FT8 20時15分
2938HzでCQ出していたが2814Hzでコールすると応答があった。



9K2OW クエート 20m FT8 22時40分
2275Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。



2020年5月27日
NK9N USA ノースカロライナ州 20m FT8 22時27分
1370HzでCQ出していたが415Hzでコールすると応答があった。
東海岸まで飛んだ。

A65DF アラブ首長国連邦 20m FT4 22時47分
734HzでCQ出していたが414Hzでコールを続けてやっと応答があった。

2020年5月26日
ZL4AS ニュージーランド 17m FT8 13時16分
オンフレでコールすると応答があった。

LZ1BJ ブルガリア 17m FT8 21時09分
1156HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

R3PLA ロシア 17m FT8 22時36分
オンフレでコールすると応答があった。

AP2FI パキスタン 17m FT8 22時44分
745HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

2020年5月25日
W5GDX USA テキサス州 17m FT8 12時58分
オンフレでコールすると応答があった。

AH6U ハワイ 20m FT8 16時56分
1792Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。
40m/17mに続いて3Band目のQSOだった。

ZM4T ニュージランド 30m FT8 18時03分
346HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

9K2HN クエート 12m FT8 20時58分
1018Hzに出ていたが470Hzで30分以上コールを続けてやっと応答があった。

9K2HM クエート 12m FT8 22時05分
2222Hzに出ていたが426Hzでコールを続けると応答があった。

2020年5月24日
K7GA USA カリフォルニア州 20m FT8 15時07分
2652HzでCQ出していいたが419Hzでコールすると応答があった。

VK4MOT オーストラリア 20m FT8 16時19分
1373HzでCQ出していたが419Hzでコールするとすぐに応答があった。

WW1WW USA ニューハンプシャー州 20m FT8 20時35分
782Hzに出ていたが448Hzでコールを続けると応答があった。
アメリカ東海岸まで飛んだ。

LU2FFD アルゼンチン 30m FT8 21時41分
2006Hzに出ていたが492Hzでコールを続けると応答があった。

F5SZY フランス 17m FT8 22時16分
957Hzに出ていたが448Hzでコールを続けると応答があった。



UA6DV ロシア 17m FT8 22時18分
F5SZYとのQSOが終わった後コールされった。



4X6YA イスラエル 17m FT8 22時43分
879Hzに出ていたが448Hzでコールを続けると応答があった。



2020年5月23日
EW8AAA ベラルーシ 20m FT8 16時01分
2508HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

KG7H USA カリフォルニア州 20m FT8 16時22分
219Hzと低いところでCQ出していたのを444HzでコールしたがYBの局に負けてしまった。
コールをSTOPして見ているとYBとのQSOを終えた後こちらに応答があった。

AH6HY ハワイ 30m FT8 18時02分
2715HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。
40m/20m/17m/15mに続いて5回目のQSOだった。



ZL3IO ニュージーランド 30m FT8 18時22分
1900HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

XE1KK メキシコ 40m FT8 21時10分
717HzでCQ出していたが463Hzでコールすると応答があった。

VK2WJ オーストラリア 40m FT8 21時19分
1830HzでCQ出してましたが422HZでコールすると応答があった。



KG6MZS USA カリフォルニア州 40m FT8 21時39分
279Hzと低いところでCQ出していたが422Hzでコールすると応答があった。

XX9ET マカオ 30m FT8 22時28分
1448HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。



2020年5月22日
VI250COOK オーストラリア 17m FT8 12時56分
CARC CAIRNS AMATEUR RADIO CLUB INC
現在のシドニーからオーストラリア東海岸を航海するジェームズクック船長の250周年記念局。
530Hzで出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

W6OAT ワシントン州 20m FT8 15時31分
2459HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

LA5LJA ノルエー 17m FT8 21時12分
2349HzでCQ出していたが393Hzでコールを続けると応答があった。

W6AER USA カリフォルニア州 30m FT8 23時24分
630HzでCQ出していたが404Hzでコールすると応答があった。

2020年5月20日
K0BBC USA ミネソタ州 30m FT8 22時12分
834Hzに出ていたが422Hzでコールを続けると応答があった。

KN6FDP USA カリフォルニア州 30m FT8 22時26分
オンフレでコールすると応答があった。

2020年5月19日
W7MWR USA 州 20m FT8 14時34分
838HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

VK3XL オーストラリア 30m FT8 20時13分
1243HzでCQを出していたが455Hzでコールすると応答があった。

HC1HC エクアドル 30m FT8 20時51分
1204Hzに出ていたが455Hzでコールを続けると応答があった。

N3SL USA インディアナ州 30m FT8 21時28分
1047Hzに出ていたが455Hzでコールを続けると応答があった。



2020年5月18日
K3JGJ USA カリフォルニア州 20m FT8 14時34分
2540HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。
東海岸まで飛んだ。

VA3DX カナダ 17m FT8 20時57分
1317Hzに出ていたが393Hzでコールすると応答があった。

WB2QJ USA テネシー州 17m FT8 21時07分
2467Hzに出ていたが399Hzでコールすると応答があった。

2020年5月17日
ZS6JHN 南アフリカ 17m FT8 22時27分
1243HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年5月16日
VK5DG オーストラリア 17m FT8 14時54分
626HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



LZ1DD ブルガリア 17m FT8 21時05分
2672HzでCQ出していたが411Hzでコールすると応答があった。



IZ5IOS イタリア 17m FT8 22時44分
1814HzでCQ JA出していたが433Hzでコールすると応答あった。



A92AA バーレーン 17m FT8 23時03分
1659HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。
いままで空振りばかりだったがやっとGETできた。
Digital Mode DXCC Newだった。

2020年5月15日
OH1STAYHOME フィンランド 17m FT8 15時26分
784HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

SV2BFN ギリシャ 17m FT8 16時17分
608Hzに出ていたが290Hzでコールすると応答があった。

HA8QZ ハンガリー 17m FT8 20時37分
979HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。

EA1KE スペイン 17m FT8 21時32分
1370HzでCQ出していたが221Hzでコールするとすぐに応答があった。

F4CTJ フランス 17m FT8 22時27分
958HzでCQ JAを出していたが432Hzでコールすると応答があった。

EA1YO スペイン 17m FT8 23時00分
「RR73」が届かなかったのでQSO完了でないとあきらめていたところeQSLがとど



II4TEA イタリア 17m FT8 23時11分
1139HzでCQ出していが400Hzでコールすると応答があった。

EA5KM スペイン 17m FT8 23時46分
1337HzでCQ出していたが474Hzでコールすると応答があった。

2020年5月14日
VU2SAA インド 17m FT8 16時41分
1399Hzに出ていたが374Hzでコールを続けると応答があった。

EB2AM スペイン 17m FT8 18時26分
1038HzでCQ出しいしたが452Hzでコールを続けると応答があった。

OH5STAYHOME フィンランド 17m FT8 18時53分
1929HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

F6ARS フランス 17m FT8 20時46分
1629HzでCQ出していたが265Hzでコールすると応答があった。



G4DBW イングランド 17m FT8 21時33分
622Hzに出ていたが430Hzでコールを続けると応答があった。



EB7DX スペイン 17m FT8 21時39分
2509HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年5月13日
I2AOX イタリア 17m FT8 16時23分
539Hzに出ていたが他局とのQSOが終わるのを待って426Hzでコールするとすぐに応答があった。

DL7BO ドイツ 17m FT8 20時27分
1208HzでCQ出していたが235Hzでコールすると応答があった。



DK3WW ドイツ 17m FT8 21時50分
2012HzでCQ出していたが257Hzでコールすると応答があった。



F1RUK フランス 17m FT8 22時01分
992HzでCQ出していたが257Hzでコールをすると応答があった。

EA3NP スペイン 17m FT8 22時15分
2314HZでCQ出していたが444Hzでコールを続けると応答があった。
早い時間からよく見えていて何回コールしても空振りだったがやっとQSOできた。



OH5KT フィンランド 17m FT8 22時28分
1540HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



2020年5月12日
5W1STAYSAFE サモア 17m FT8 15時02分
2205HzでCQ出していたが448Hzでコールを続けると応答があった。
RR73が届くまでちょっとかかりったが無事に「RR73」を確認できた。

OE3DXA オーストリア 17m FT8 18時04分
2750Hzに出てましたが251Hzでコールすると応答があった。



2020年5月11日
RU3GF ロシア 17m FT8 21時20分
1876HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

IZ1ZJS イタリア 17m FT8 22時44分
892HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

2020年5月9日
VK2VH オーストラリア 15m FT8 10時36分
1772Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。



S79VU セイシェル 17m FT8 14時34分
2489HzでCQ出してましたが419Hzをコールを続けると応答があった。
ちょっとよそ見をしていると応答がありあわてた。

TA2ANK トルコ 17m FT8 21時36分
807Hzに出ていたが442Hzで何回もコールを続けてやっと応答があった。
GL無しでコールしたら相手からRレポートを何回も送ったきたのでこちらから「RR73」を送り続けた。

2020年5月8日
AH6HY ハワイ 20m FT8 15時01分
2422HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。。
17m/15mに続いて3回目のQSOだった。

E2STAYHOME タイ 15m FT8 16時05分
909HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。

SM2W スエーデン 30m FT8 24時08分
1215Hzに出ていたが419Hzでコールすると応答があった。

2020年5月7日
A45XR オマーン 15m FT8 20時25分
2302Hzに出ていたが2605Hzでコールを続けると応答があった。
夕方にFBに入感していたので必死でコールしてもカスリもしなかった。
夕食後にまた見えたのでコールを続けるとやっと応答があった。



2020年5月6日
4S6WAS スリランカ 15m FT8 21時19分
1563Hzに出ていたが327Hzでコールを続けると応答があった。

2020年5月5日
A35JP トンガ 20m FT8 16時09分
1243Hzに出ていたが360Hzでコールを続けると応答があtった。
新聞を見ながらリラックスして見ていた。
OPはJA0RQV田村さん。

ZS1VV 南アフリカ 15m FT8 20時41分
928Hzに出ていたが455Hzでコールすると応答があった。



2020年5月4日
VK2ON オーストラリア 15m FT8 11時50分
1493HzでCQ出していたが426Hzでコールすると応答があった。



RP75TK ロシア 17m FT8 15時00分
1608HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。
戦勝75周年の記念局のようだ。

VU2ABU インド 15m FT8 20時46分
1504Hzで出ていたが430Hzでコールを続けても応答がなかった。
コールをSTOPすると1分15秒後に応答があった。
画面を見てなかったら見逃すところだった。

2020年5月3日
RP75DG ロシア 12m FT8 13時57分
Andrey Yurievich Borovskiy
1252HzでCQ出していたが433Hzでコールを続けると応答があった。

5Z4/G3AB ケニア 17m FT8 17時25分
2357Hzに出ていたが334Hzでコールをづけると応答があった。
15mに続いて2Band目のQSOだった。

A60SH アラブ首長国連邦 15m FT8 21時59分
2344HzでCQ出していたが305Hzでコールを続けると応答があった。

2020年5月2日
EA5L スペイン 17m FT8 16時30分
1049Hzに出ていたが393Hzでコールすると応答があった。



ZS5ZP 南アフリカ 17m FT8 16時30分
363Hzに出ていたが225Hzでコールするとすぐに応答があった。



SV1QEW ギリシャ 17m FT8 20時35分
2608HzでCQ出していたが225Hzでコールすると応答があった。

2020年5月1日
ZW5STAYHOME ブラジル 17m FT8 11時01分
458HzでCQ出していたが378Hzでコールすると応答があった。

B8CRA 中国 17m FT8 18時31分
Chinese Radio Amateurs Club
オンフレでコールすると応答があった。

N7BT USA ワシントン州 20m FT8 23時34分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年4月29日
8A1HOME インドネシア 15m FT8 18時02分
SPECIAL EVENT STATION - STAY HOME
2045HzでCQ出していたが444Hzで数回コールすると応答があった。

A65DR アラブ首長国連邦 15m FT8 20時35分
2416Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。
よそ見をしていたら応答があったのでちょっと慌てた。



2020年4月28日
VK2LUV オーストラリア 15m FT8 14時02分
742HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

WH6FZY ハワイ 15m FT8 14時43分
1926Hzに出ていたが452Hzでコールすると応答があった。

ZS2EZ 南アフリカ 15m FT8 21時33分
1327HzでCQ出していたが444Hzでコールを続けると応答があった。
空振りとあきらめていたら応答がありラッキーだった。



5Z4/G3AB ケニア 15m FT8 21時40分
357Hzに出ていたが444Hzでコールを続けると応答があった。
応答があったときは思わず「ヤッター!」と手を上げてしまった。

2020年4月27日
ZL2RX ニュージーランド 15m FT8 11時09分
2076HzでCQ出していたが445Hzでコールするとすぐに応答があった。

ZM1A ニュージーランド 15m FT8 13時12分
1124Hzに出ていたが445Hzでコールすると応答があった。

KH6U ハワイ 15m FT8 14時39分
1041Hzに出ていたが445Hzでコールを続けると応答があった。



XE1KK メキシコ 30m FT8 17時00分
698Hzに出ていたが445Hzでコールすると応答があった。

LU7HEO アルゼンチン 40m FT8 21時14分
1050HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。

KC7WJ USA オレゴン州 40m FT8 21時14分
519HzでCQ出していたが294Hzでコールすると応答があった。



2020年4月26日
JD1BHA 小笠原 母島 15m FT8 15時10分
570HzでCQ出していたが453Hzでコールすると応答があった。



VK5ZK オーストラリア 15m FT8 15時20分
653Hzに出ていたが453Hzでコールすると応答があった。

VK2GL オーストラリア 17m FT8 16時07分
1205HzでCQ出してましたが453Hzでコールすると応答があった。
15mに続いて2回目のQSOだった。



R3MAJ ロシア 17m FT8 16時17分
VKGLとQSO後にコールされた。
数回レポートを送ったが応答がなかったので送信をSTOPしてしばらくするとRレポートを送ってきた。

ON5GM ベルギー 17m FT8 20時13分
1692HzでCQ出していたが310Hzでコールすると応答があった。



2020年4月25日
ZM4T ニュージーランド 17m FT8 10時44
1798Hzに出ていたが431Hzでコールすると応答があった。

VK4BLE オーストラリア 17m FT8 15時19
839HzでCQ出していたが431Hzでコールすると応答があった。

AX5SFA オーストラリア 17m FT4 16時14
2311Hzに出ていたが414Hzでコールするとお応答があった。
1st 17mFT4だった。



VA7DX カナダ 80m FT8 21時37
1537HzでCQ出していたが431Hzでコールすると応答があった。

2020年4月24日
VK3FONZ オーストラリア 15m FT8 15時06分
1450HzでCQ出していたが453Hzでコールすると応答があった。



3B8CW モーリシャス島 15m FT8 15時16分
635Hzに出ていたが453Hzでコールを続けると応答があった。

RX3ASQ ロシア 17m FT8 21時35分
1299HzでCQ出していたが431Hzでコールすると応答があった。

2020年4月23日
ZL1OW オーストラリア 15m FT8 14時00分
1378HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。



VK3FPSR オーストラリア 15m FT8 15時00分
800HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。

R5DT ロシア 17m FT8 15時48分
2645HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。

RZ3DW ロシア 17m FT8 18時26分
2385HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があ った。

2020年4月22日
VK3GL ニュージランド 15m FT8 13時17分
CQにオンフレでコールすると応答があった。



4A60O メキシコ 40m FT8 21時23分
217Hzと低いところで出ていたが548Hzでコールすると応答があった。

2020年4月21日
V84SAR ブルネイ 20m FT8 18時15分
2191Hzに出ていたが447Hzでコールを続けると応答があった。

XE1UYS メキシコ 40m FT8 21時13分
279Hzと低いところに出てi たが421Hzでコールを続けると応答があった。

2020年4月20日
DX0STAYHOME フィリピン 10m FT8 17時56分
1785Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

ZL3WW ニュージーランド 10m FT8 14時20分
978HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。



FK8CE ニューカレドニア 17m FT8 14時52分
オンフレでコールすると応答があった。



4F3OM フィリピン 80m FT8 21時25分
オンフレでコールすると応答があった。

XE2CQ メキシコ 80m FT8 21時55分
2422Hzで出ていたが428Hzでコールを続けると応答があった。

N5XL USA カリフォルニア州 80m FT8 22時16分
849HzでCQ出していたが449Hzでコールすると応答があった。

2020年4月19日
R3KAB ロシア 17m FT8 21時24分
2346HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



AM2WARD スペイン 17m FT8 22時09分
957Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

2020年4月18日
3D2AG フィジー 15m FT8 10時14分
1614HzでCQ出していたが364Hzでコールすると応答があった。

DX0STAYHOME フィリピン 15m FT8 10時39分
900HzでCQ出していたが364Hzでコールすると応答があった。

ZL1MTO ニュージーランド 15m FT8 11時50分
818HzでCQ出していたが452Hzでコールすると応答があった。



AH6HY ハワイ 15m FT8 12時06分
798HzでCQ出していたが583Hzでコールすると応答があった。

ZL2UFW ニュージーランド 15m FT8 13時56分
1759HzでCQ出していたが583Hzでコールすると応答があった。

N5ZC USA テキサス州 40m FT8 20時21分
1120HzでCQ出していたが329Hzで コールすると応答があった。

N6OPR USA アリゾナ州 40m FT8 20時21分
1299HzでCQ出していたが235Hzでコールすると応答があった。

K6TGW USA 州 40m FT8 22時47分
オンフレでコールすると応答があった。



2020年4月17日
AH6HY ハワイ 17m FT8 13時16分
832Hzに出ていたが他局とのQSOが終わるのを待って437Hzでコールすると応答があった。

VK2KNC オーストラリア 17m FT8 13時39分
904HzでCQ出していたが349Hzでコールすると応答があった。

VE6RST カナダ 40m FT8 22時09分
282HzでCQ出していたが565Hzでコールすると応答があった。

N6NU USA CA 40m FT8 23時39分
1628HzでCQ出していたが375Hzでコールすると応答があった。

KC7RG USA WA 40m FT8 23時55分
044HzでCQ出していたが312Hzでコールすると応答があった。

2020年4月16日
RA3OS ロシア 17m FT8 15時50分
1096HzでCQを出していたVKを338Hzでコールして空振りを繰り返していたところをコールされた。

LW5DR アルゼンチン 40m FT8 20時17分
2008HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。
18666km飛んだ。



VE7DX カナダ 80m FT8 21時18分
2227HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。

N6HE USA CA 80m FT8 22時47分
1597HzでCQを出していたので422Hzでコールを続けたが 空振りだったのでコールを中止すると応答があった。



2020年4月15日
4G1DIF フィリピン 10m FT8 13時56分
CQにオンフレでコールすると応答があった。



R4HG ロシア 17m FT8 15時34分
858HzでCQ出していたので426Hzでコールをしたが他局に負てしまいコールを中止。
しばらくすると急に応答があったのであわててRレポートを何回も送るとやっと「RR73」が返ってきた。

AH6HY ハワイ 40m FT8 18時52分
623Hzに出ていたが338Hzでコールすると応答があった。



CE3ALY チリー 40m FT8 20時45分
2044HzでCQ出していたが433Hzでコールすると応答があった。



WH6HI ハワイ 80m FT8 21時44分
1202Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。



VE7TOM カナダ 80m FT8 22時08分
561Hzに出ていたが433Hzでコールすると応答があった。

2020年4月14日
KD0WQC カリフォルニア州 40m FT8 22時40分
2337HzでCQ出していたが620Hzでコールでコールすると応答があった。

W6PNG 州 40m FT8 22時40分
2052HzでCQ出していたが290Hzでコールすると応答があった。

2020年4月12日
KN6FDP カリフォルニア州 40m FT8 22時40分
2337HzでCQ出していたが620Hzでコールでコールすると応答があった。

2020年4月12日
R3VA ロシア 17m FT8 15時27分
2053HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

R3RZ ロシア 17m FT8 16時13分
1260HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

LY5O リトアニア 17m FT8 16時35分
876Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

SP3GHC ポーランド 20m FT8 20時50分
572Hzに出ていたが430Hzでコールすると応答があった。



2020年4月11日
UY5VA ウクライナ 17m FT8 15時32分
859HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

RA3LD ロシア 17m FT8 15時47分
1323HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

UT2IP ウクライナ 17m FT8 16時10分
オンフレでコールすると応答があった。



SP7ATA ポーランド 17m FT8 16時38分
1007HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

SP7AM ポーランド 17m FT8 17時34分
1119HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

UR5ECW ウクライナ 17m FT8 17時46分
2265HzでCQ出して「たが444Hzでコールすると応答があった。

SP7HKK ポーランド 17m FT8 17時53分
704HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

NC7L USA アリゾナ州 40m FT8 22時08分
2323HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

2020年4月10日
ZL1HD ニュージーランド 12m FT8 11時27分
オンフレでコールすると応答があった。

FK8CE ニュー カレドニア 12m FT8 11時39分
1510Hzに出ていたが444Hzでコールすると応答があった。

VK2IO オーストラリア 17m FT8 15時32分
オンフレでこーるすると応答があった。



R207RRC ロシア 30m FT8 20時33分
IOTA expedition AS-207, Kosa Dvukh Pilotov Island, Chukchi Sea Coast Centre group
1442Hzに出ていたが459Hzでコールすると応答があった。

WG7X USA ワシントン州 80m FT8 22時12分
2287HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

KG6OW USA カリフォルニア州 80m FT8 22時24分
853HzでCQ出していたが459Hzでコールすると応答があった。

VK5ZX オーストラリア 80m FT8 23時12分
1297HzでCQ出していたが419Hzでコールすると応答があった。

2020年4月9日
LZ2INP ブルガリア 17m FT8 16時39分
713HzでCQ出していたが444Hzでコールすると応答があった。

OH5STAYHOME フィンランド 20m FT8 20時49分
1889Hzに出ていたが496Hzでコールすると応答があった。
いくつかの国のプリフィイクで他のモードでもQRVしている模様。

R7IW ロシア 17m FT8 22時20分
オンフレコールすると応答がありました。



2020年4月7日
XE1KK メキシコ 17m FT8 11時09分
745Hzで出ていたが430Hzでコールすると応答があった。

UY7QN ウクライナ 17m FT8 15時42分
799HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

LA5SJA ノルウェー 17m FT8 16時49分
1549Hzに出てまいが444Hzでコールすると応答があった。



HP1RY パナマ 40m FT8 21時01分
2151Hzに出ていたが203Hzでコールすると応答があった。
Digital Mode DXCC Newdた。



2020年4月6日
RN5AA ロシア 17m FT8 07時00分
1873HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。



KG4IJS USA フロリダ州 40m FT8 21時56分
1214HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。。
カリブが目の前。

KD7WPJ USA アリゾナ州 40m FT8 22時31分
2656HzでCQ出していたが430Hzでコールすると応答があった。

2020年4月5日
EW1I ベラルーシ 17m FT8 20時10分
1581HzでCQ出していたが441Hzでコールするとすぐに応答があった。

CT1EGW ポルトガル 17m FT8 20時24分
204Hzと低いところでCQ出していたが430Hzで数回コールすると応答があった。

SM7CAD スエーデン 17m FT8 20時42分
1627HzでCQ JA出していたが430Hzでコールすると応答があった。



K8IA USA アリゾナ州 40m FT8 22時49分
2089HzでCQ出していたが338Hzでコールすると応答があった。

2020年4月4日
VK1JT オーストラリア 20m FT8 17時29分
900HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。



VK3BNR オーストラリア 40m FT8 22時16分
CQにオンフレでコールすると応答がありました。

2020年4月3日
R2EC ロシア 17m FT8 15時59分
1514HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。



YO3GTP ルーマニ 17m FT8 16時41分
2148HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

S51TA スロベニア 20m FT8 21時10分
2343HzでCQ出していたが441Hzでコールすると応答があった。

KD6WW USA カリフォルニア州 40m FT8 23時30分

2020年4月2日
IK2EGL イタリア 17m FT4 17時18分
940HzでCQ出していたが437Hzでコールしたが空振りだったのでしばく受信していたら応答があった。

DK7TX ドイツ 20m FT4 17時42分
CQにオンフレでコールすると応答があった。

RW1CW ロシア 20m FT4 20時03分
1988HzでCQ出していたが437Hzでコールすると応答があった。

RA1OD ロシア 20m FT4 20時57分
CQにオンフレでコールすると応答があった。



R8XF ロシア 20m FT4 21時16分
CQにオンフレでコールすると応答があった。

2020年4月1日
ZM1LC ニュージーランド 17m FT8 16時01分
1723HzでCQ出していたが448Hzでコールすると応答があった。



E75C ボスニア ヘルツゴビナ 17m FT8 21時51分
2095HzでCQ出していたが415Hzでコールすると応答があった。

TOPへ戻る 一番上に戻る